SCP-1006-RU
評価: +2+x
scp-1006-ru

SCP-1006-RU

アイテム番号: SCP-1006-RU

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 対象は、波形板金で作られた倉庫内の密閉容器に収容する必要があります。密閉の完全性は、標準的な手順に従い、少なくとも月1回の頻度で損傷がないかチェックする必要があります。

説明: このオブジェクトは、196█年にソ連で製造された朽ち果てた電話ボックスです。電話ボックスはさび付いていて、ガラスは割れています。現時点では、SCP-1006は本来の用途に使うことはできません。

ロシアのボルゴグラード地域の███████市の地元住民の間でこの物品について不審な噂が広がった結果、財団の目にとまりました。彼らは町の公園の一つにある何の変哲もない電話ボックスのいくつかの "奇跡的な"特性を話しました。オブジェクトの影響を受けた人々に詳細な質問が行われた結果、公衆電話の電話機に自身の失敗や問題点を話した後、彼らは比較的短期間の間に悩みが解決されたことに気付き、人生をポジティブに考えられるようになったと供述しました。

施設の回収とさらなる調査の後、回収後には噂が消滅していることが明らかになりました。SCP-1006-RUは活性化すると、赤外線を放射して発光します。これによって、被験者の体内では、下垂体の異常な作用が引き起こされ、エンドルフィンの分泌量の上昇によって多幸感が現れます。さらに、バソプレシンの分泌に関連する血管の狭窄によって引き起こされる血圧の増加も確認されます。この効果は、観察された全ての場合で発現し、オブジェクトを離れた後数時間から数日間持続しました。

電話ボックスが被験者に報告された、悩みの解決にどのように関与したのかを明確に判断することはできませんでした。しかし、状況や事実に基づいて判断すると、オブジェクトが主観的な社会的要因や便益、特に「幸福感」を周囲の人間と再分配させる可能性があります。以下は、この疑問に対する協議の記録からの抜粋です。

#. おそらく、この電話ボックスは、被験者だけでなく、被験者に接触した人々にも影響を与えるのではないでしょうか?

#. その根拠は?

#. あくまで私の主観的な意見ですが、私たちが集めた非公式な情報には、ふだんかなり幸福で、満足している人々の突然の「失敗」の事例について、目撃したとの報告もありました。

#. つまりはそれは«不幸があるからこそ、幸福がある»、とでも?

#. そのとおり、続けますよ。私は、その後の情報の検証において、これらの人々は、親戚、友人、または知り合いなど、被験者と常に接触している人々であった事実に気づきました。運命に関する不公平な性質には、一定の関連性もあります。

#. 相互作用ということですか?詳しい説明を求めます。

#. 被験者が彼の仕事に関して、将来性のなさ、上司とのいさかいなどについて不平を言うとしましょう。電話ボックスを訪れた後、しばらくすると、彼と近しい同僚が同じ悩みを経験し始め、被験者の悩みは改善し始めます。そしてこれに類似するものは、直接的にではありませんが、私たちの結論を裏付けるほど十分に多く発生しています。

#. しかし、少しまってください。どの程度の話ですか?すべての空想や偶然の一致が意味を持つならば、あなたは星占いや風水に基づいて原子炉を建てることができますよ。

#. あなたの懸念については十分理解しています。科学者であるならば、このような証拠による根拠は、軽く見るべきです。しかし、このようなオブジェクトの研究においてはそうではないでしょう。皆様が許可をくださるなら、私はこの問題に関する私の意見のいくつかを発表したいと思います。

[データ削除済み]

#. あらゆる資源が有限であることは明らかであり、それらのための争いはあらゆる進化の発展のための重要な刺激の1つです。もちろん、そのような資源は重要なですが、文明社会の出現と発展に伴い快適さを感じるためには、満腹感と安全性に加えて、人々は他の価値基準を必要とします。そして、幸福が同じ限られた資源であるならば、それは主に社会的関係の性質によって決定されるのではないでしょうか?結局のところ、私たちが好ましいと感じるか否かにかかわらず、自然な競争を含むこれらの関係によって、自分たちがどれくらい幸せで成功したかなどを判断することができます。このような理由から、私たちの現在の立場を周囲の社会的現実と関連づけることができます。

#. つまり、これらの2つの概念を関連付けたとしても、あなた方は、幸福を、くだらない社会的なステレオタイプにあるように、学校で習う4つの菓子と2人の男の問題のように共有できるとお考えですか?一般的な数学の観点からはこれは仲良く分けることができますが、われわれは同じように分けるわけには行かない幸福について話しているのです。それは絶対的な概念です。一般的に、最高に自己肯定的な人々は、自身のためにすべてを確保し、弱者のプライドを傷つけることがわかります。そして、このオブジェクトは奇妙なことに、勝利の甘味を味あわせることで、敗者に「進化の正義」の法則を回避させ、幸福という資源を取り上げ、再配布することで、少なくともすばらしいお菓子をなめることができるようにしてくれます。とてもこっけいですが、どういうわけか、これはまるで…あぁわかりました…これは真のマルクス・レーニン主義です。電話ボックスはソ連の時代から実直だったのです…

#. あなたは、ソ連の科学は階級闘争の流れの中で一律に認識されたという事実に照らして、私たちが単に異常存在を扱うのではなく、 "プロレタリアート"の未知の技術の一つを扱っている可能性があることは、何も驚くことではありません。

[データ削除済み]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。