SCP-1007
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-1007

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 活性化が行われていない場合、SCP-1007はSCP-1007-1と共に標準的な棺の中に格納されています。対象を活性化させることは、定期的に定められた試験を行う場合にのみ許可されます。現在の「ミスターズ」に関する規定により、SCP-1007はサイト13のホール8に収容されています。

説明: SCP-1007は民族的な帰属がはっきりとしない男性のように見えます。また、SCP-1007は75分の時間枠の中で人間のライフサイクルをすべて経験することが示されています。

SCP-1007は1分間におよそ1年の割合で加齢を行います。75分が経過するとすぐに代謝活動が自然に停止し、対象は常に明確な理由なく死亡します。最初の16分で骨格と筋肉が急速に成長するため、変形している間は耐え難い痛みを感じていることが報告されています。このプロセスは本来であれば大量の細胞増殖の為の燃料が要求されるにも関わらず、対象がいかなるエネルギーの供給も必要としていないため、熱力学の第一法則に違反しているものと推測されます。

SCP-1007-1は鍵のような形をしており、対象の肩甲骨の間にある小さな金属製の鍵穴に適合します。X線検査の結果、鍵穴はただの空のソケットであり、いかなる内部機構も持たない事が判明しています。また、対象は鍵穴以外に人工的な構成要素を何も持っていないことも判明しています。SCP-1007-1を鍵穴で回すと、1回転毎に1歳の割合で対象が物理的に若返ります。対象が新生児の形まで若返るとSCP-1007-1はそれ以上回らなくなります。対象の体が縮む際に取り除かれる多量の物質がどこに消えるのかは解明されていません。75分の寿命が尽き、対象が死んでいる状態でその作業を行うと対象は"再活性化"します。対象が腐敗するほど十分に"死んで"いた場合でも、(その程度に関わらず)腐敗の進行も含めて逆行が行われます。

対象が着用している衣類は、常に体にフィットするよう成長に合わせて変化します。この現象は、対象がどのような衣類を着用していたとしても発生するため、対象の異常特性の延長であると推測されます。

SCP-1007は機動部隊タウ-6によって、SCP-████、SCP-████、SCP-████と共に、マーシャル・カーター&ダーク株式会社の顧客として知られる[編集済]のカリフォルニアの邸宅から回収されました。[編集済]はSCP-1007をMC&D社主催のオークションで購入したことを認めました。また、少なくとも4体の別の「ミスターズ」が売りに出されていたが、誰が出品していたのかは思い出すことができないと主張しています。

補遺-1: 「リトル・ミスターズ®の一員、ミスター・いのち と ミスター・し by ワンダーテインメント博士」という言葉がSCP-1007の右ふくらはぎに刺青されています。この名称は文書SCP-909-aの「11」の項にも見られます。

補遺-2: その名称がおそらく1組を指している事実は、まだ回収されていないSCP-1007の相似物の存在を意味しています。SCP-1007はそのような複製物の存在を知らないと述べ、その名称は生と死を行き来するという事実を指していると信じています。しかしながら、財団に知られている別の「ミスターズ」の存在もまた知らなかったことから、仮定上の複製物の存在可能性は残り、現在その行方を特定する作業が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。