SCP-101-PT
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-101-PT

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:「進入禁止」の標識、有刺鉄線柵、監視カメラがSCP-101-PTの周囲に設置されます。2名の武装した警備員が邸宅の玄関に駐在し、柵で囲まれた領域に侵入するいかなる動物や個人も終了される必要があります。該当領域の衛星写真は検閲されなければなりません。

説明: SCP-101-PTはブラジルのMinas Gerais州とBahia州の間にある無人の█████地域に位置する、木製の二階建ての邸宅です。この邸宅は木材の腐朽と割れた窓ガラスによって居住不可の状態にあります。未知の原因により、SCP-101-PT内ではインターネット、電子機器、電気製品が誤作動を起こします。邸宅内部は以前のように綺麗なままであり、邸宅の外見と一致しません。邸宅内には6つの異常があり、SCP-101-PT-1からSCP-101-PT-6と指定されています。

発見と歴史: 歴史記録によると、ブラジル植民地時代の該当地域には、そこから20km離れたサンタ・ルシアのEngenhoからの逃亡奴隷により形成された「光のキロンボ」と呼ばれるキロンボ2が存在していました。Engenhoの領主カルロス・オリベイラが、バンディライテ・マノエル・ゴンサルベスと共にキロンボに火を放ち、約150人の奴隷が炭化し、生存者は悪条件の下で再奴隷化されました。1888年のLei Áurea3による奴隷解放により、カルロス・オリベイラは死刑判決を受けました。邸宅がキロンボと同じ地域にいつ建てられたかは不明であり、建築者や居住者に関する記録は存在しませんが、研究では邸宅が第一次大戦中に建てられたことが明らかにされています。
SCP-101-PTは1996年5月に、邸宅に侵入したホームレスの集団が消失した事件により発見されました。近辺に広まっていたこの場所に関する噂が事件を調査していた財団ポルトガル支部エージェントの注意を引き、収容に至りました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。