SCP-1011-JP
評価: +21+x
CPU.jpg
SCP-1011-JP-1

アイテム番号: SCP-1011-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1011-JP-1はその普及率の高さから、未だ完全な収容が成されていません。
サイト-1024の特別収容室にSCP-1011-JP-1を内包した端末がサンプルとして1台設置されています。端末を使用する場合は、事前にサイト管理者の許可を得た上で担当警備員を同室させた状態で操作して下さい。
財団が業務上使用・貸与しているPC, スマートフォン端末へのSCP-1011-JP-1の混入を防ぐ目的で、年に一度、端末の動作確認テストを行います。SCP-1011-JP-1の混入が確認された場合は、所持者への事情聴取と混入経路の調査が実施されます。
現在、SCP-1011-JP-1の根絶、及びSCP-1011-JP-2の無力化を目的とした 『悪魔払い』 と 『銀の弾丸』の2種類のプロトコルが随時実施されています。

無力化プロトコル『悪魔払い』
機動部隊し-1("クラッカー")により、国内のCPU生産工場へ定期的に立ち入り調査を実施し、SCP-1011-JP-1が生産されていた場合にSCP-1011-JP-1の接収と生産者の捕縛・掃討を行います。

無力化プロトコル『銀の弾丸』
SCP-1011-JP-2の異常性を無力化可能な、新型・新バージョンOS1の開発支援。また、それら新型・新バージョンOSの民間人・企業向けのアップグレード促進活動を行います。

説明:SCP-1011-JPは三種類の要素からなるオブジェクトです。
SCP-1011-JP-1は███████社製のCPU2です。SCP-1011-JP-1の異常性はSCP-1011-JP-1を搭載したPC, スマートフォンの端末の電源を入れた際に発現します。端末の電源がON、且つインターネットへの接続がオンライン状態の時にSCP-1011-JP-2を自動で実行します。
SCP-1011-JP-1の生産時は通常のCPUの生産工程に加えて、原料であるシリコンウエハーを[削除済]に浸す工程と未知の記号群を回路へ打ち込む工程があります。現在国内で流通・使用されているCPUの約11%がSCP-1011-JP-1であると見られています。

SCP-1011-JP-2はSCP-1011-JP-1を搭載したPC・スマートフォン端末で実行されるバックグラウンドプロセス3です。このプロセスは一般に流通しているタスクマネージャー等のプロセス確認機能によっては検出されず、検出するためには専用のプロセス確認ツールが必要です。SCP-1011-JP-2は端末の演算機能を使い、SCP-1011-JP-3の構築を行います。構築作業を行うSCP-1011-JP-2同士は同期状態にあり、より効率的に作業を行うことが可能です。また、後述のインタビュー記録よりSCP-1011-JP-2にはSCP-1011-JP-2を実行している端末の周囲100mの人間を未知の手段で分解し、身体構成情報をSCP-1011-JP-3へ転送させる機能が備わっている、又は今後付与される可能性があります。

SCP-1011-JP-3は未知のコンピュータネットワークです。後述のインタビュー記録より、SCP-1011-JP-3にはSCP-1011-JP-2が分解・転送した人体の構成情報を保存し内部で再現させる機能があると推測されています。現在、SCP-1011-JP-3は未完成の状態であり、全国に分布しているSCP-1011-JP-2によって構築が進められています。SCP-1011-JP-3が完成した場合、国内に住む66%以上の人間が現実世界から消失する恐れがあります。

SCP-1011-JP-1は███████社のCPU生産工場に勤務する非正規雇用の従業員による、内部告発から存在が発覚しました。この従業員はSCP-1011-JP-1の生産工程の内、[削除済]にシリコンウエハーを浸す工程の詳細を偶然知り、知人であった財団のエージェントに相談したところ、エージェントはその工程の異常性から、未知のSCPオブジェクト関与の可能性を疑い財団へ報告しました。財団は生産工場への立ち入り調査を実施しようとしましたが、███████社より、社内の機密情報漏えい防止の為という名目で調査を拒否されたため、潜入調査員を派遣して生産工場の調査を行うこととなりました。しかし、派遣した調査員からの報告が一週間後に途絶えたため、機動部隊による事前予告なしの生産工場強制立ち入り調査が行われました。その結果、事案-1011が引き起こされ生産工場は倒壊しました。その後、立ち入り調査時に捕縛した███████社の上級従業員へインタビューを行った結果、SCP-1011-JP-2 と SCP-1011-JP-3の存在が明らかになりました。

_

_

_

補遺
201█年、無力化プロトコル『銀の弾丸』により、SCP-1011-JP-2の特性を無力化する新バージョンOSの開発に成功しました。現在は民間人・企業向けのアップグレード促進活動が行われています。また、新バージョンOSの開発成功によりオブジェクトの脅威度が下がったとみなされたため、SCP-1011-JPのオブジェクトクラスは「Euclid」に再分類されました。

_

_

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。