SCP-1019-RU
評価: +2+x
scp-1019-ru

感染者から採取したSCP-1019-RU実体

アイテム番号: SCP-1019

オブジェクトクラス: Euclid

[警告!この文書へのアクセスは、医学的検査に合格し、OGCH-PL-00証書を受け取った雇用者にのみ許可されています]

特別収容プロトコル: SCP-1019-RUに暴露された全ての被害者の安全が確立されるまで、すでに検出された個体は常に監視状態に無くてはなりません。感染者との直接の摂食だけでなく、財団との間で実施される実験の機密性に違反する可能性のある間接的行為も全て禁止されます。

説明: このオブジェクトは、秘密軍事施設であるチェルノブイリ█での、[データ削除済]種の寄生虫の遺伝子組み換えの実験の結果、突然変異で作成されたものです。放射線に対する安定性の調査を行った結果、空気中の寄生虫は、空間的相互作用のための一定の能力を獲得していることが判明しました。198█.04.26の原子炉の内部冷却回路に障害を加える実験が行われ、その結果、一部の試験体が上層大気に突入し、世界中に広がりました。生存している一部の個体は、明らかに生態系に定着し、少数の人々(以下SCP-1019-1)に浸透しています。

感染後、この寄生虫は脳関門を通過し、血管を通じてSCP-1019-1の脳に入り込み、目の水晶体(通常は片方のみ)に浸透します。感染した人物の人格の変化が記録され、理論では説明のつかない衝動的な行動の傾向と、近視が症状として現れます(補遺SCP-1019-a参照)。片方の目のみに感染した場合、両目の視力の差はいずれも0.4(4/10)ディオプター以上となります。注意!―これは感染の最も特徴的な兆候の1つにすぎません!この特徴をもつ親戚や知人のいる職員は、彼らのことを治安部長に報告しなくてはならず、その後心理テストを受けなくてはなりません。

さらに、感染者の視界には、常に小さな障害物があります。慎重に調べた場合(透明なものの表面を見たり、空を見たりすると)、目の中をただよう細い虫に気がつくかもしれません。虫の体は、細かく区分わけされており、その一部一部で[データ削除済]が成熟することが判明しています。成熟した虫たちは単独で活動するか、結節の一部として生活します。

SCP-1019-1が彼らの行動と意識を完全に支配していると信じ込んでいるにもかかわらず、彼らの実行する行動の多くは、自分自身や他者を傷つけることを目的としています。しかし、SCP-1019-1自体はこの行動自体を覚えていないか、明確に動機を説明することができません(補遺1019-b参照)。

これらの事実は全て、SCP-1019-1と感染した寄生虫の間のある種のコミュニケーションの存在を示すものであり、感染した全ての人物が特定されるまで、治療方法の模索は延期されます。

補遺SCP-1019-а:
定期検査中のセクション12のスタッフの一人が、HS-L-02(左目に寄生虫。脳感染度低。)と診断されました。観察に寄れば、毎週金曜日の夕方、彼は遊技場で不必要な散歩をし、彼は彼の給料のほとんどをそこで使い果たしていました。翌日、職員は記憶喪失に苦しんでおり、彼の行動理由を説明することができず、彼のしたことをひどく後悔していました。O5-██の勧告により彼はSCP-███監督の任務に移り、その現場で研究目的で後に寄生虫を「取り除かれ」ました。

補遺SCP-1019-b:
名前: ██████ ██、男性、アジア人、HL-LP-10と診断。パリの████新聞の編集者。ガソリンスタンドで大量の現金を入れた財布を忘れてしまったことがあり、歩行中に貴重品を紛失する傾向があります。SCP-1019-RU感染者(または後に感染が確認された人物)が紛失した金品は、1分以内に、貧困に苦しんでいる人々によって発見されたことが観察されています。発見者たちは、これを疑いなく「神の意思」による成功であると考えました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。