SCP-1021
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-1021

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1021は特別な収容プロトコルを必要としていません。SCP-1021のすべての実例は現在個々のサイトや施設で利用されています。完全なリストは補遺を参照してください。

説明: SCP-1021は1940年代の様式でデザインされた7個のエグジット・サインです。SCP-1021の変則的な性質は堅い木でできた扉の真上に設置されたときのみ明らかになります。扉のタイプやデザインは多様ですが、窓などの装飾のない堅固なものでなければなりません。SCP-1021の設置された扉をくぐるとミシガン州██████の███████ シネマの出口から出たときと一致する場所にでます。いずれのSCP-1021も、他にSCP-1021と接触を持たないメインの入口を持つ特定の映画館の扉に属しています。

SCP-1021は取り壊し前の███████ シネマを建築様式の研究のため訪れた建築物の大ファンを自称する人物により発見されました。目撃者によると、メインホールに「ガラクタ」とラベルを張られたエグジット・サインの入った一つの箱だけが残されていたそうです。彼はその古めかしいデザインに惹かれ、そのうちの一つを記念品として持ち帰りジョークで自宅のバスルームの扉の上に飾りました。そしてバスルームの扉をくぐると、彼は自分が███████ シネマを背にして搬入口の外に立っていることに気が付きました。その後のインターネットへの投稿が財団のコンピューターサーチアルゴリズムにより発見され、一人のエージェントが調査のため派遣されました。エージェントは経緯を聞き、その特異な性質を自身で確認すると映画館に対するバックアップを要請しました。映画館は古い特殊な建物を買い、復興するため設立されたScenic Cultural Places Associationにより購入されました。目撃者にクラスBの記憶処置を施したのちに、全てのエグジット・サインは持ち出され、研究を経て███████ シネマ内部のドアとの一致が判明しました。その映画館自体に異常な出来事が起きたことはありませんが、小規模な防衛部隊が一月の間保護のため残されました。

Safeクラスであるという性質とその有用性から、SCP-1021のすべての実例は財団のそれぞれのサイトに緊急脱出のため設置され、███████ シネマは財団職員が保護を求めて避難する指定退避エリアとして改修されました。特性を悪用した他のSCPの保管サイトからの持ち出しを防ぐため、全てのサイトの退避ポイントはレベル3のセキュリティスタッフにより護衛された開けた場所になければなりません。

補遺:SCP-1021の割り当てられた所在地と対応する扉のリスト

1021-1 サイト 19 シアター2の屋外への出口
1021-2 サイト 4 シアター3の屋外への出口
1021-3 サイト 11 シアター1の屋外への出口
1021-4 SCPS ガーディアン 搬入口
1021-5 SCPS ディフェンダー ロビーの非常口
1021-6 ブライト博士のクローゼット 現在割り当てられていない、利用申請はカウリ博士(Dr.Khouri)を通して申し込むように 従業員用裏口
1021-7 アクセス拒否 アクセス拒否
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。