SCP-1021-JP
評価: +22+x

アイテム番号: SCP-1021-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団はSCP-1021-JPの動向を観察するために、国内の非就労者情報を定期的に収集します。SCP-1021-JPが条件を満たした家庭に広告を送った場合、回収及び妨害を行うことでSCP-1021-JPの利用を防いでください。しかし、収容の関係上、1週間に1人の割合でランダムに選んだSCP-1021-JP-Tを参加させる必要があります。

SCP-1021-JPにSCP-1021-JP-Tが送られた場合、財団職員は接触せずに監視程度に留めておいてください。一方、SCP-1021-JP-Tの親族をEクラス職員として一時的に雇用することでSCP-1021-JPに関する情報が流出するのを防いでください。特別棟に送られたSCP-1021-JP-Tが確認された場合、財団エージェントが特別棟に侵入し、このSCP-1021-JP-Tと定期的な接触を行ってください。接触時、SCP-1021-JPに関する情報の一部及び親族の様子を伝えてください。SCP-1021-JP-TがSCP-1021-JPから帰還した場合、親族も含めて記憶処理を施した後、監視のために財団フロント企業でSCP-1021-JP-Tを雇用することになります。SCP-1021-JP-Fが選ばれた場合でも同様の手順を踏みますが、記憶処理時に発信機を体内に埋め込みます。SCP-1021-JP-Fが不審な行動をとった場合、処理も許可されます。

説明: SCP-1021-JPは『15歳から35歳までの無職かつ求職活動を行っていない人物(以下SCP-1021-JP-T)』を対象とした社会復帰支援を行う団体です。SCP-1021-JPではSCP-1021-JP-Tに対してカウンセリング、資格取得の補助、職業訓練など常識的な範囲内で社会復帰支を目的とした活動が行われています。利用中のSCP-1021-JP-TはSCP-1021-JPが所有する施設に宿泊することになります。SCP-1021-JPはSCP-1021-JP-Tの保護者にチラシやメールを用いることで自身宣伝を行います。この時、宣伝媒体には特異な点は存在しません。

SCP-1021-JPの特異性は社会復帰の意思がないと判断されたSCP-1021-JP-Tに対して発生します。この判断基準はSCP-1021-JP内の活動に参加しなかった等、明確に定義づけられており、第三者でも要望があれば閲覧することが可能です。条件を満たしたSCP-1021-JP-TはSCP-1021-JPを利用し始めてから約2か月で『特別棟』と呼ばれる██山中の施設に移されます。特別棟自体には侵入することは可能ですが、SCP-1021-JP-Tを敷地外に連れ戻すことには成功していません。SCP-1021-JP-Tの部屋は特別棟の東に割り当てられます。SCP-1021-JP-Tが自身の部屋に入った瞬間、対になる特別棟西の部屋にSCP-1021-JP-Fと指定される存在が出現します。

SCP-1021-JP-Fは特別棟に移された時点においてのSCP-1021-JP-Tと同じ姿をした存在です。財団が可能な範囲で調査した結果、遺伝子だけでなく、SCP-1021-JP-Tと同じ記憶を有していると考えられています。しかし、例外として社会復帰に関する意思だけはSCP-1021-JP-Tと対になるように変化していきます。例えば、SCP-1021-JP-Tが社会復帰に対して消極的な場合、SCP-1021-JP-Fは社会復帰に対して積極的に活動します。一方で、SCP-1021-JP-Tが社会復帰に対して積極的に活動した場合では、逆にSCP-1021-JP-Fは社会復帰に対して消極的になります。

特別棟に移されてから3か月が経過した時点でSCP-1021-JPはSCP-1021-JP-Tの保護者に対してSCP-1021-JP-T及びSCP-1021-JP-Fの様子を報告します。この時、SCP-1021-JPは両方の生活態度などを正確に報告した後、保護者に対して『どちらが自分の子供か』という旨の質問を行います。この時SCP-1021-JPは保護者の精神に対して異常な影響を与えていないことが判明しています。保護者が選択を行った後、選択された方は保護者の下に送られます。一方、選択されなかった方は瞬時に消失します。財団はGPSを用いることで追跡を試みましたが、失敗に終わっています。

SCP-1021-JPは1週間以内に新しいSCP-1021-JP-Tが参加しなかった場合、近辺に新たなSCP-1021-JPが出現します。最も古い██山中に存在するSCP-1021-JPを除いて、古い方は預かっていたSCP-1021-JP-Tがいなくなってからの消失が確認されています。新たに出現したSCP-1021-JPは人員及び施設が大幅に更新されており、これまで行われた妨害に則した変化が見受けられます。SCP-1021-JPが新たに出現する位置は過去の実験から人口が多い地点に向けて移動していることが確認されています。また、職員を捕獲する試みは全て消失という結果に終わっています。

SCP-1021-JPは██地方において確認された『絶対に社会復帰させる団体』の噂を調査した際に発見されました。発見当初、利用者は███名、内特別棟にいたのは██名でした。

補遺1: 以下は収容当初のSCP-1021-JPに関する報告を日付ごとにまとめたものです。当時の財団はSCP-1021-JPが所有する施設の周辺を買い取り、進入禁止区域に指定していました。結果、新しいSCP-1021-JPが出現したことで再調査が行われていました。当時のエージェントはそれぞれ██山中と███町のSCP-1021-JPに潜入していました。

補遺2: 特別棟に関する説明の音声記録です。

補遺3: SCP-1021-JP-T及びSCP-1021-JP-Fの選択を迫られた際の映像記録です。

補遺4: 特別棟に送られたSCP-1021-JP-Tを持つ親に対して行ったインタビュー記録です。両者ともSCP-1021-JP-T及びSCP-1021-JP-Fの選択を行いました

追記1: 財団はSCP-1021-JPから収容以前に特別棟に送られたSCP-1021-JP-Tの情報を入手しました。この情報には全ての親族がどちらを選択したかが記載されており、選択率の計算もされています。この情報と上記の記録を特別棟にいるSCP-1021-JP-Tに見せることにより、結果として現在ではSCP-1021-JP-Tを選択する親族が増加しています。

追記2: 現在までにSCP-1021-JP及びSCP-1021-JP-Fに特異性を除いて異常な点は発見されていません。現在も調査が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。