SCP-1024-JP
評価: +21+x

アイテム番号: SCP-1024-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1024-JPはサイト-81██の鳥類収容施設にて、標準生物収容プロトコルの規定に則り、自動給餌システムによる飼育を行ってください。なお、SCP-1024-JP の飼育室および運搬に用いられる容器、実験室には防音加工を施されたものを使用します。SCP-1024-JPは排泄を行わないことから、飼育室の清掃は自動給餌システムの点検時以外には必要ありません。SCP-1024-JPの実験を行う場合にはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員3名の承認が必要です。また、SCP-1024-JPの収容されているサイトの売店や食堂、職員の自室などで再生したあらゆる媒体の楽曲データおよび演奏行為をリストアップし、SCP-1024-JPの実験結果に参照してください。

(更新)実験目的のためにSCP-1024-JPの飼育室に入る場合には、必ず前回に入室した職員が着ていた衣服と違う色の服を身に着けた状態で入室してください。また、財団職員がDクラス職員の標準制服やそれに近い配色の衣服を着た状態でSCP-1024-JPに接触することは許可されません。

説明: SCP-1024-JPは、一般に金管楽器の部品として用いられるものと組成が酷似した、真鍮製の管により構成される実体です。SCP-1024-JPは文鳥に似た姿をもちます。SCP-1024-JPは文鳥の生態に酷似した捕食・睡眠・求愛行動を行いますが、排泄および産卵は現在のところ確認されていません。SCP-1024-JPは外見上は鼻や目、耳などの器官が確認できないにもかかわらず、五感を有していると考えられ、周囲の環境を一般的な鳥類のように知覚しています。SCP-1024-JPは鳥類の消化器や循環器に呼応した位置の管に大きな膨らみが確認されており、これはSCP-1024-JPは内部器官においても鳥類に近しい性質を持つと推測されています。SCP-1024-JPは人懐っこく、特に若い男性に対し愛着を形成しやすい傾向にあります。現在SCP-1024-JPは男性、特にDクラス職員に対し警戒心を持っていると考えられています。

SCP-1024-JPは自身を構成する管が破損すると、破損個所より60dBから110dBほどの音量で音楽を再生します。なお、この音量域は単に指標であり、SCP-1024-JPはこの範囲を大きく逸脱する音量での再生も可能です。SCP-1024-JPは自身を構成する金属組織に損傷がある場合にそれを治療し復元でき、SCP-1024-JPはこの能力により破損した傷口を塞ぎます。SCP-1024-JPが破損した際の音楽再生の特性は、このSCP-1024-JPの自然治癒により停止します。破損個所が塞がるまでに必要とする時間と楽曲の演奏時間は一致しており、SCP-1024-JPから再生される音楽が停止した瞬間にSCP-1024-JPの破損は完全に修復されます。SCP-1024-JPに複数の破損個所がある場合、破損個所の個数に応じた数の楽曲を再生し、破損個所を古い順に修復させます。外科手術などの医療的処理によるSCP-1024-JPから発せられる音楽の停止を促す、または達成する試みは、これまでのところ全て失敗しています。

SCP-1024-JPは周囲の空間で再生された楽曲を感知し記憶する未知の感覚を有しています。そのため、SCP-1024-JPの破損個所から再生される音楽は常に何らかの形でSCP-1024-JPの周囲の半径█km圏内で再生されたことのある既存の楽曲に限定されています。なお、SCP-1024-JPが再生する楽曲に異常性は確認されませんでした。SCP-1024-JPの再生する音楽は実験により、概念的にSCP-1024-JPの血流に対応しているとの仮説がたてられています。

SCP-1024-JPは201█/8/█に静岡県██市の住民による、空き地から騒音がするという内容の警察への通報から財団の注意を引きました。この通報に際し、潜入していたエージェントが通報内容に違和感を覚えて現場に向かい、SCP-1024-JPを発見、回収しました。発見当時SCP-1024-JPは腿の付け根部分を損傷し、ヘドバンギャー!! / BABYMETALを100dBで再生していました。後の調査でこの傷はSCP-1024-JPが野良猫に襲撃されたことにより負ったものだと判明しています。収容後、付近にはカバーストーリー『暴走族』が適応されました。

補遺1: 実験記録

補遺2: 事案SCP-1024-JP-1および事案SCP-1024-JP-2

補遺3: 事案SCP-1024-JP-3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。