SCP-1028-JP
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-1028-JP

オブジェクトクラス: Euclid

david.jpg

収容当時のSCP-1028-JPの形状

特別収容プロトコル: SCP-1028-JPはサイト-81██の中型サイズ収容コンテナに収容されます。収容コンテナ内には最低一名のDクラス職員を交代勤務で常駐させるとともに、SCP-1028-JPの半径1m以内に遠隔電子ロック式の武器格納ロッカーを設置し、SCP-1028-JPの総体積の80%を破壊するに足る道具を格納してください。

Dクラス職員がSCP-1028-JPに対する破壊的衝動に囚われた場合、速やかに武器格納ロッカーの電子ロックを解除し、格納された道具によるSCP-1028-JPの破壊を指示します。破壊完了後はDクラス職員を交代させ、武器格納ロッカーの道具を交換してください。新しい道具は過去五回分の破壊に用いたものと同系統、もしくは類似する物品であってはいけません。

説明: SCP-1028-JPは裸体の西ユーラシア人男性1を模した大理石製の石像です。二度に渡る破壊検査の結果、SCP-1028-JPは単純な大理石の塊ではなく複雑な内部構造を持つことが確認されました。厚さ0.█~█mmの大理石の表皮の内側に、筋肉、骨格、血管、内臓など、人体の器官を模した大理石製の精巧な石細工が収められています。体液および消化器官の内容物は存在しません。

SCP-1028-JPは総体積の80%以上が破壊された時点でゆるやかな自己修復を開始し、およそ24時間で再構成を完了します。自己修復は、SCP-1028-JPの脳髄に相当する部位から半径50m以内に存在する破片が集合することで行われます。範囲外に飛散した破片や化学反応で変質した構成物質は再利用されずに破棄され、欠損部分は範囲内に出現する粉末状の大理石によって補われます。飛散して破棄された破片や出現した粉末は、科学的に通常の大理石であることが確かめられており、異常性を有しません。修復時に形状が変化する場合がありますが、総体積および総質量は変化せず、また裸体の西ユーラシア人男性の像であるという基本的特徴は常に維持されます。

SCP-1028-JPは特定の条件を満たした破壊的干渉に極めて強い耐性を有します。現時点で確認されている条件は「人間および知性体が直接的に関わらない破壊行為」「過去100時間以内に使用された破壊手段」「SCP-1028-JPの脳髄様構造体に対する破壊的干渉」の三点です。該当する干渉を行ったとしても、損傷を与えられないだけで正常な収容に影響はありません。

SCP-1028-JPは周辺の人間および知性体に「SCP-1028-JPを破壊しなければならない」という衝動を付与する強制力を発揮します。この特性によって発生した重大インシデントについては補遺を参照してください。強制力の及ぶ範囲は時間経過に従って範囲を広げ、初期状態では半径5m、24時間後には半径400mにまで拡大したことが確認されています。拡大の限界値は不明です。この強制力はSCP-1028-JPが自己修復を開始すると一時的に消失します。強制力の喪失中に人為的な破壊が加えられるか、再生完了からある程度の時間が経過することで強制力が再発生し、再び総体積の80%以上が破壊されるまで継続します。強制力が復活するまでの所要時間に法則性は見受けられません。

強制力の影響を受けた人間および知性体は五感に異常を来たします。██秒以上の曝露でSCP-1028-JPの破壊を要求する幻聴が発生し、███秒以上の曝露でSCP-1028-JPの内部構造体を生身の人間の血肉であると認識するようになります。この認識障害は五感全てに及び、口腔内に入った大理石の粉末を血液の味であると知覚した報告も存在します。しかしそれによって破壊行動が抑制されることはなく、興奮状態に陥って更に過激な破壊行為を実行しようとします。破壊衝動および認識異常は強制力の効果範囲から離れるか強制力が消失することで失われますが、記憶はそのまま保持されるため、グロテスクな幻覚の記憶によって異常性を伴わない心的外傷を負う恐れがあります。

収容経緯: SCP-1028-JPは██県██山中の廃屋で発見されました。発見のきっかけは現地の駐在所に「工事用の重機が盗まれた」との通報が入ったことで、駐在所勤務の██巡査が捜査のため山中に赴いたところ、地元不良グループの少年が重機でSCP-1028-JPを廃屋ごと破壊している現場を目撃しました。██巡査は少年を含む二名の生存者を保護し、三名の死者を確認しました。死者および重軽傷者の一覧は以下の通りです。

その後、事件捜査は警視庁公安部特事課に引き継がれ、異常存在の引き起こした事件であると断定。捜査の主軸は該当異常存在の製造および設置に犯罪的な意図が介在しているか否かに移り、オブジェクトそのものはPEJEOPAT(既存日本超常組織平和友好条約)2に則って管理所有権が財団に移譲され、捜査上の必要に応じて財団が情報を提供する形になりました。

補遺: 収容違反誘発インシデント
収容直後、強制力の発生条件および特性を調査するため、サイト-81██においてDクラス職員を使用した基礎実験が行われました。その時点では効果範囲の拡大が判明しておらず、対象も人間に限られると誤認されていました。このため、同サイトに収容されていた生物学的に人間であるオブジェクトからは充分に距離を取って実験を行いましたが、生物学的に人間でなくKeterクラスでもないオブジェクトには特別の配慮が為されませんでした。

その結果、強制力の範囲拡大によってサイト-81██に収容されていた非人間的かつ知性を有する複数のEuclidクラスオブジェクトが収容違反を起こし、SCP-1028-JPの実験場に殺到。同実体を破壊すると同時に、2名のDクラス職員を巻き添えとして殺害しました。

このインシデントによって、ある程度の知性を有する実体であれば人間でなくとも強制力の影響を受けることが判明しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。