SCP-1033-JP
rating: +134+x
SCP-1033-JP.jpg

初確認時のSCP-1033-JP

アイテム番号: SCP-1033-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1033-JPはサイト-8102内の低危険度中型生物用ケージ機械給餌/清掃システムおよび麻酔ガス噴射機構を備えた大型生物用チャンバー内に収容されます。チャンバーの外周および上下階に簡易型Dクラス居住ユニット3室を配置し、メルツ=ルフレット顕潜両極イメージ投射試験/1033-JPにより「ウサギについて収容違反リスクの高い知識を持たない」と判定されたDクラス職員各1名を生活させてください。それ以外の人員による各居住ユニットおよびチャンバーの出入り口に続く通路への立ち入りには、SCP-1033-JPの担当職員またはサイト管理者の認可が必要です。監視・研究はカメラおよび無人機を通して行われ、Cクラス以上の職員による直接接触は許可されません。

説明: SCP-1033-JPは「ウサギ」として認知される実体です。2018/03/03現在、体長47cmのヨーロッパノウサギ(Lepus europaeus)の姿をしています。SCP-1033-JPは不定期に、最も近くに存在する人間が持つ「ウサギ」のイメージのいずれかに合致する形態に変異します。このプロセスはSCP-1033-JP実体の視覚的な揺らぎとして観測され、いずれも数秒のうちに完了します。変異を妨害する試みは今のところ成功しておらず、死亡を含む損傷は変異時に完全に回復します。複数回の変異を通して共通した身体的特徴は右耳介内側に記された刻印のみです。刻印の内容は以下の一行です。

日本生類創研 う-033-Prototype / 技術参考: Imaginanimal1

変異後のSCP-1033-JPは、その姿の原形となったイメージに対応する能力および自我を持ちます。形態によっては対話も可能ですが、SCP-1033-JP自体としての一貫した自我は確認できておらず、今のところ有益な情報は得られていません。主立った変異の記録は以下に示します。

記録番号: 1033-JP-001
発生日時: 20██/04/21
説明: 体長36cm・白色のエゾユキウサギ(Lepus timidus ainu)。
備考: エージェント・███が異常現象の疑いとして「服を着たウサギを追いかけて行った子供が失踪した」との情報を調査中、体長30cm程度の茶色のアナウサギ(Oryctolagus cuniculus)と思われる形態から変異する瞬間を目視。その他の異常行動が見られないことを確認後、確保に至った。

記録番号: 1033-JP-002
発生日時: 20██/04/22
説明: 体長22cm・ベージュ色のホーランドロップ品種のアナウサギ(Oryctolagus cuniculus)。
備考: 後に担当の██博士から「幼少期に飼っていたウサギが同品種・同色だった記憶がおぼろげにある」との追加報告がなされた。

記録番号: 1033-JP-006
発生日時: 20██/05/03
説明: 大きさ24cm・白黒の斑模様のウサギを模したぬいぐるみ。
備考: 非生物の形態へと変異した最初の記録。次回の変異までの間、SCP-1033-JPが自律的に動くことはなかった。

記録番号: 1033-JP-021
発生日時: 20██/06/08
説明: 体高15cm程度・ピンク色のデフォルメされたウサギ型実体。青色のリボンと首飾りを身に着けており、二足歩行および発声を行う2
備考: 次回の変異までの期間が短かったため、非接触中の映像記録のみ。日本語で「ここはどこなのか」「誰もいなくて淋しい」と言った趣旨の独言が見られた。非実在キャラクターと思われる形態へと変異した最初の記録。知性の存在およびコミュニケーション可能性を踏まえ、特別収容プロトコルが改定。

記録番号: 1033-JP-045
発生日時: 20██/07/16
説明: 所謂バニーガールの衣装を着用した人間女性型実体。西ヨーロッパ系人種の特徴を有するが、日本語でのみ会話が可能であった。
備考: 変異記録1033-JP-021を踏まえた観察体制の強化により臨時インタビューが実現。SCP-1033-JPは変異によって記憶および自我を共有しないことが示唆されている。

インタビュー記録1033-JP-045/抜粋

SCP-1033-JPは状況に混乱している。重要性の低い音声は編集済。

██博士: では、あなたはここに来た時の記憶は持っていないのですね?

SCP-1033-JP: そうよ。ここは何の施設なの? 病院ではなさそうだけど。

██博士: その質問にはお答えできませんが、危害を加えないことはお約束しますよ。

SCP-1033-JP: マンハッタン・グランド・カジノ3へ帰してくれない?

██博士: そうですね……担当者へ伝えておきます。

SCP-1033-JP: ううん。早く仕事に戻りたいんだけど……

[以下編集済]

記録番号: 1033-JP-058
発生日時: 20██/08/11
説明: 体長20cm程度・白色の不明な種のウサギ型実体。門歯が大きく発達しており、異常な筋力および瞬発力を見せる。
備考: 収容チャンバー内での身体測定中にSCP-1033-JPは想定外の攻撃行動に移り、███補助員が門歯により頸部を切断され死亡。██博士は左腕を負傷するもチャンバーから脱出し扉を封鎖、収容は保たれる。直接接触の危険性を踏まえ、特別収容プロトコルが改定。

追記: 20██/10/06、SCP-1033-JPの収容違反が発生しました。

記録番号: 1033-JP-077
発生日時: 20██/10/06
説明: 体高130cm程度・水色および白色のデフォルメされたウサギ型実体。二足歩行およびジェスチャーによる感情表現を確認4
備考: 事案1033-JP-077が発生。

事案1033-JP-077の記録後、██████補助員からSCP-1033-JPの変異が近傍の人間のイメージに依存する可能性が指摘されました。██博士による変異記録1033-JP-002についての追加報告も合わせて検証に値する仮説と判断され、██████補助員はSCP-1033-JPの担当から離任。ウサギをモチーフにした伝承・フィクション類のうち、収容違反リスクの高いものについての知識を持たないことが試験により確認されたDクラス職員を選抜・移送して検証実験が行われ、現在の特別収容プロトコルが制定されました13。以後、収容違反に繋がる変異は観察されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。