SCP-1035-JP
評価: +29+x

アイテム番号: SCP-1035-JP
s_20171225_145014.jpg

発見時のSCP-1035-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1035-JPの扉は財団が家屋内に設置した3台の投光器によって24時間照らされます。SCP-1035-JPの周囲環境は300lx以上の状態を維持してください。家屋内部には停電などを考慮し予備電源が併設されます。電球の交換の際は予備の投光器でSCP-1035-JPを照らしながら行ってください。

家屋内部にはセキュリティ担当者を3名常住させ、非常時は機動部隊こ-111が出動します。

SCP-1035-JPが設置されている家屋や土地は法的にはエージェント・ポーラが所有しており、家主に扮した上での近隣住人に対する偽装工作や一般人の購入防止を行っています。担当の不動産業者も財団のフロント企業に置き換えられており、ここを拠点にプロトコル1035-JPに則った地域調査を実施してください。

実験を行う際は、主任研究員である岩場博士の許可を得たうえで行ってください。

説明: SCP-1035-JPは茨城県 ██市 ██町 ██にある日本家屋内の一室です。SCP-1035-JPは非活性時では個室トイレの様相を呈しており、通常の物品同様に使用出来ます。

SCP-1035-JPの異常性は対象の周辺が0.01lx以下の環境に変化した際に発生します。(壁などを隔てた空間の状態はこれに影響を与えません。)

SCP-1035-JP周辺を上記の環境へと変えた場合、未知の原理でSCP-1035-JPの扉が即座に解放されます。そして、その瞬間に内部が非活性時とは異なる、最低でも奥行500m以上、幅600m以上であると予想される異空間へと変化します。現在、内部が完全な暗所であることから正確な形状は把握できてはいません。扉が最初から解放されていた場合や扉を封鎖していた場合1でもこの異常は発生します。なお、ドローンで内部を観測した際、非活性化時と同じ内部しか映し出されないという現象が発生し、よって、この空間は人間が侵入した時のみ観測できるようになると思われます。

SCP-1035-JPの異常性はSCP-1035-JPを直接照らす範囲で光を発生させると消失します。外部から光を当てる場合はSCP-1035-JPの扉を照らす範囲で、内部で光を発生させる場合は照らす場所などは指定されず発生させた瞬間に適用されます。このプロセスは異常発生中の内部に人間がいたとしても進行し、その際、侵入していた人間は生死を問わずSCP-1035-JP内に設置されている洋式トイレの上に立っている状態で発見されます。

2008年現在、異常発生中のSCP-1035-JP内には一体の実体が確認されています。実体の正確な形状は把握できていません。また、対象は侵入した人間に対して敵対的であると思われ、実験により3名のDクラス職員が死亡しました。

これらの異常性の他に昼夜問わず「赤ん坊の泣き声」のような音が聞こえるという報告が上がっています。

補遺: SCP-1035-JPは2008年 7月11日に発覚した池田一家惨殺事件を切っ掛けに発見されました。当時、SCP-1035-JPがある家屋には池田 ██氏を含む4人の家族が生活しており、上記日時に「何日も家人が家から出てこない。」という通報を受けた警察官がSCP-1035-JP内で死亡している一家全員を発見しました。死体の状態などから事件発生は発見時からおよそ3日前であると思われ、警察はその期間に絞った捜査をしましたが犯人の特定には至りませんでした。

遺体は全て劣悪な状態であり、特に2名の子供に関しては頭部の変形や手足の複雑骨折などが見られました。なお、池田 ██氏の手元には点灯状態を維持された懐中電灯が握られており、これによりSCP-1035-JPの異常から一時的に離脱したのではないかと思われます。

2008年 7月現在、家屋周辺や地下、その他異常の起点となったと思われる物品や事象に関する調査を実施しましたが明確な原因の特定には至っていません。また、池田氏より以前の事件や住人についての調査も実施しましたが、異常団体の存在や前入居者の不審死なども確認されなかったため、この異常性の発生は事件発覚の数日前であると思われます。

以下はDクラス職員を起用したSCP-1035-JP内への侵入調査の記録です。

概要: 本調査記録はDクラス職員を異常発生中のSCP-1035-JP内に侵入させた際の映像記録です。実験に参加させたDクラス職員には録画機能付き赤外線ゴーグルと緊急用の懐中電灯を配布し、ベルト式のGPSを装着させています。

追記1: 3回目の侵入調査を行った後、財団はD-912の捜索を目的とした調査隊を編成しました。調査開始からおよそ4日後、長野県 ██市の山奥にある███下水道にてD-912の死体を発見しました。

███下水道は1989年 6月17日に廃棄処分され既に下水道として機能していませんでした。出入口等も厳重に封鎖されており、外部からの侵入は極めて困難な状態であったと思われます。その為、どのようにしてD-912が下水道内部へ侵入したのかは明らかとなっていません。また、D-912の遺体の状態も生殖器を切り取られた状態で発見されました。

以下は内部調査の際に発見された物のまとめです。

・528体の腐乱した胎児や新生児の白骨体または腐乱死体(年代調査の結果、比較的最近の物から最高で40年以上前の遺体も確認された)
・台座部分が円形にくり抜かれかつ血液で濡れた木製の椅子
・天井からロープで吊るされた錆の激しい断ち切りばさみ
・プラスチック製の櫛

発見された死体全てに酷い損傷が確認され、下水道内の壁の状況から複数回何者かによって壁に叩きつけられていたことが判明しました。これらの行為は損傷個所の状態などから死亡後に行われたと思われます。

遺体回収後、まだ体組織のある遺体のDNA検査を行いそれらの肉親を特定しました。しかし、特定した人間全員を調査した結果、出産前の胎児を遺棄もしくは新生児を殺害、遺棄した経緯があることが明らかとなりました。

さらに遺体の共通点として殆どがトイレや水辺に遺棄された経緯がある事や死因が溺死であることが判明し、これらの犯行は███下水道から最高で2000km以上離れた地点で行われた物もあり日本全国で遺棄された胎児、新生児の遺体が███下水道に転移していた事が発覚しました。なお、遺体の殆どは警察や葬儀業者が回収したと記録されていますがそれら全てが既に消失しており、どういった経緯で遺体が移動したのかは未だ明らかとなっていません。

調査隊の報告から内部では幾つもの生活跡が確認されており、残されていた長さ1m前後の毛髪や女性の物と思われる衣服の切れ端などからD-912以外の何者かが内部にいたことが判明しています。これらの痕跡は全てD-912発見の一日前までに残された物であり、最近まで内部に何者かがいたと思われます。

全ての死体の回収が行われましたが異常は継続しています。

以下はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員のみが閲覧可能です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。