SCP-1040-JP
評価: +86+x
hako1.jpg

調査、回収時の██製作所

アイテム番号: SCP-1040-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全てのSCP-1040-JPはサイト-81██の低脅威度物品保管コンテナに収容されます。回収された物品はコンテナに併設された保管ロッカーに収容します。誤認を防ぐためにコンテナ周辺の半径1km以内には如何なる大きさであっても発泡スチロール製の箱を持ち込むことは禁止されます。SCP-1040-JPの内部に物を投入することは許可されません。製作所関係者にはクラスB記憶処理が施され、随時適切なカバーストーリーが適用されます。

説明: SCP-1040-JPは様々な大きさ1の発泡スチロール製の箱です。SCP-1040-JPの内部は完全に空である様に見えますが、不可視の物体(以下SCP-1040-JP-1と表記)が存在しています。箱を構成している物質は一般的に流通しているビーズ法発泡スチロール(EPS)梱包材と完全に一致しています。SCP-1040-JPは現在157個が存在しています。

hako3.JPG

SCP-1040-JPの内1つ

SCP-1040-JP-1は冷たく、弱い弾性を示す固形の物質であることが確認されています。SCP-1040-JP-1の温度は概ね21.0±0.7℃の範囲で推移しています。この温度は周囲の環境によって殆ど変化しません。SCP-1040-JP-1は未知の手段によって内部に隙間無く固定されており、取り出そうとする試み及びサンプルの採取を含む部分的な摘出の試みは何れも失敗しています。

SCP-1040-JPが発見されたのは██県██市にある██製作所です。20██/██/██、常駐警備員である███氏による通報があり、その内容に不審な点が幾つもあることから財団の注意を惹き調査、回収に至りました。██製作所は通報直前まで通常通りの操業を行っていた事が███氏へのインタビューにより判明しています。製作所内部に人影は無く、本来使用されているであろう機械類の一切が存在しませんでした。代わりにSCP-1040-JPを含む███個の発泡スチロール製の箱が堆く積み上げられていました2。以下のリストは調査時に発見された物品の一部です。

huruihasami.jpg

発見された鋏

物品 特筆事項
コーヒー2杯 従業員の休憩室で発見、湯気が立っていた
食事4人分 同上、手を付けた痕跡がある
作業靴15足 製作所で使用されているもの
煙草2箱 喫煙所から発見。灰皿には火の付いた煙草が置いてあった
作業報告書2枚 事務室のデスクから発見。記入していた途中だったとみられる
[編集済]社製のスマートフォン1台 ゲームアプリケーションが起動されたままだった
上着67着 ロッカールームで発見。従業員が着用して来たものと思われる
古びた鋏136挺 製作所全域で発見。未知の指紋が付着
未知の言語で構成された書類12枚 工場長室のデスクから発見。解読には成功していない
未知の言語が印刷された紙片1枚 同上。サイズは91×55mmで、上記の鋏が突き立てられていた
工場長██ ██氏の遺体 補遺を参照

補遺: 工場長室にて発見された遺体は██氏であると特定されました。遺体は死後硬直した状態で見つかっています。目立った外傷は見受けられませんでしたが、右手には発見されたものと同様の鋏を握りしめていて若干の出血がありました。検死の結果直接の死因は従業員██名分の社員証を飲みこんだ事による窒息死であるとわかりました。工場長室内には来客用テーブルに温かいコーヒー2杯が残されており、██氏が直前まで何者かと面会していた可能性を示唆しています。

インタビュー記録:1040-A

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。