SCP-1045-JP
評価: +351+x

注意
以下の報告書は田中先生によって大幅に添削されています。報告書の修正箇所を確認する為にも、改訂前報告書も必ず参照して下さい。

Mrs.Glasses

就任前の田中先生

ID: 1045

担当クラス: S組 E組

普段の先生: 田中先生は授業の時以外は8104棟の職員室にいます。先生や添削された文章から半径9m16m25mの範囲(以下、範囲)には、どんな文章も近づけないで下さい。田中先生添削事件のようなことを防ぐために、添削された文章は早めに再提出して下さい。

説明: 先生は度数1.7のフレームが黒い眼鏡を掛けた女性です。日本語及び初歩的な英語の文章が範囲内に入ると、瞬時に赤ペンで校閲と添削が、青ペンで称賛のコメントがされます。また赤文字・青文字が書かれている文章(添削された文章)の範囲内の文章も先生が見つけて添削します。添削内容は現実に合っているかを重視したもので、当然ながらたとえフィクションや比喩表現だとしても現実的なあるいは現実に即した内容に訂正します。しかし自身については現実より少々盛った内容に訂正することがあります。添削された文章が32時間16時間8時間以内に添削通りに修正されなかった場合、おしおきとして強制的に修正され範囲の半径の拡張や次回の修正期限の短縮がされます。その修正を削除することはいけないことであり、添削された文章の物理的破壊によってのみ強制的な修正や範囲拡張、期限短縮を防ぐことが可能ですがしないで下さい。

追記1: 田中先生はとあるアパートの一室にいました。当時室内の全ての文書と隣接する部屋のいくつかの文書に強制的な修正がされており、通報が入り発見され無事就任しました。

追記2: ある日の早朝に8104棟にて大規模な添削が行われ(田中先生添削事件)、1000枚以上の添削された文章が作成されました。この事件から丁度16時間前にこの報告書が添削されていましたが、学級委員は添削された文章を折り畳んで放置していました。このことが範囲の拡大に繋がり、結果として添削事件を許すことになり、先生もE組に異動しました。また、学級委員は辞退しました。


[[span class="Dame"]]
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。