SCP-1056
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1056

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1056は実験に使用されていないとき、50×50×50cmのセーフティボックスに保管されており、使用は研究と実験に携わる人員にのみ認められています。全ての実験にはサイト管理者とレベル3以上のクリアランスを持つ研究者による事前の許可が必要です。生物を使用した実験は、変化した被験体の脱走を防ぐためにレベル2の収容ガイドラインを満たした安全な実験施設で行って下さい。SCP-1056によって変化した全てのオブジェクトは、変化後48時間以内にクラスE処分倉庫に運んで下さい。200kgを超えるオブジェクトを生成する場合はサイト管理者の許可を得て下さい。

説明: SCP-1056は新品のクロム製キッチンタイマーのように見え、0.25から4.00までのダイヤルと右側面に起動ボタンが付いています。1×1.25mのワイヤーメッシュ製のプラットフォームが、二硫化モリブデンと未発見の有機金属化合物の複合体で被覆された3mの絶縁された炭化モリブデンの電線で上記の装置と繋がっており、プラットフォームは27×35cmの長方形に折りたたむことが出来ます。ダイヤルで数値を設定して右側面のボタンを押したとき、プラットフォームと直接接触しているオブジェクトは設定された数値と一致した倍率でサイズが変化します。

SCP-1056は、ペンシルバニア州████にある████高等学校の生徒の間に妙な噂が流れていたことをSCP財団職員が報告した後に回収されました。学校関係者が教師から数人の生徒に異常が見られるとの報告を受けて調査を開始したところ、当該の生徒は重度の言語障害に加え、注意持続時間、長期記憶力、衝動制御が異常に劣っていると分かり、健康診断の結果から多数の脈管及び神経系の異常も明らかになりました。財団職員は恐らく娯楽目的で装置を使用したと考えられる、ある生徒の自宅から装置を回収しました。製造または流通の唯一の手がかりとなるのは装置の底面に刻印された"THE FACTORY"と読める4×1cmの文字だけで、全ての装置を構成する部品は一般的に製造されているものでした。

1056-2.jpg

3.00倍に拡大された5.00cmのステンレス鋼の立方体。物理的構造は完全に保持しているが、ミクロ構造では異なっている。

オブジェクトのサイズの変化には、オブジェクトの機能と複雑さが関係していると思われます。鉱物、金属、プラスチックのような単純な無生物は分子などの微細なものを除いて、正確に(有効数字4桁まで)倍率通りのサイズに変化します。例えば、5.00cmのステンレス鋼の立方体を3.00倍に設定したとき、オリジナルの立方体と分子構造上の違いはありませんでしたが、ミクロ構造的なレベルでは異なっており、15.01cmの立方体に拡大されました。2つの立方体の平均粒度は同一でしたが、小さな立方体の個々の粒子は大きな立方体と同じ倍率にはなりませんでした。

SCP-1056が複雑な機器や生物のサイズを変化させる際、SCP-1056はそのオブジェクトの機能と特性を可能な限り保持したままサイズを変化させることを試みていると思われます。例えば、電子機器のマイクロプロセッサが変化後のサイズにおいてトランジスタが機能しない、電力不足、過度の発熱といった理由で機能しない場合、その都度サイズは修正されます。縮小された電子機器はトランジスタの数が減少することがあり、浮動小数点エラーを起こす可能性があります。機械的なオブジェクトは非常に複雑な物以外は比較的倍率通りに変化しますが、電子機器は0.50未満と3.00を超える倍率ではほとんどの場合機能を損失します。

SCP-1056によってサイズを変更された生物は基本的な解剖学的構造を保持していますが、ほとんどの場合循環器、肺、神経系に著しい変化をもたらされます。細胞の大きさや構成はオリジナルの生物と同一ですが、倍率の変化に比例して細胞数が増減します。この解剖結果に対する唯一の例外は神経系で、平均的なニューロンは機能に差し支えない範囲で線形サイズに従って最大25%の増減があります(もしかするとオリジナルの容積の半分未満2倍以上が適切かもしれません)。興味深いことに、SCP-1056は単細胞生物には"中間をとる"ように見えます。細胞の平均サイズをわずかに変えて、全体の細胞数を変化させています。

人間がSCP-1056によって変化させられる場合、0.50から1.75までの倍率で機能の保持が可能です。人間を縮小する試みはほとんどの場合、大脳皮質のしわの増加(脳が折り重なることによるもの)、平均ニューロン容積の減少と灰白質の減少だけに終わっており、0.50倍まではこの状態が保たれることが分かっています。0.50未満の倍率で人間を変化させる実験をしたところ、認識機能、言語機能、短期及び長期記憶力に相当の減少が見られ、これが哺乳類の脳で人間のような知性を持つために必要とされる最小のサイズであることが判明しました。1.25を超える倍率では反応速度の低下、創造力の増加、長期記憶力の大幅な改善が見られました。1.50を超える倍率では心血管疾患、脳卒中、動脈瘤及び腎不全の危険性が大幅に増加します。3.00を超える倍率を生物で試すことは強く反対され、推奨されていません。

SCP-1056が倍率に比例してサイズを変更するメカニズムは現在判明していません。20,000fpsのハイスピードビデオカメラの映像でも変化の様子は捉えきれず、ほとんど一瞬であることが分かっています。

興味深いことに、非常に大きな容積のオブジェクトが作られる、または失われるときでも大気中の成分の置換は確認されていません。少数のケース(およそ8%)において、装置で変化させられたオブジェクトは構成要素が不安定になり、変化後36時間以内に原子核崩壊が始まります。生物とそれ以外の比較的金属をあまり含んでいないものはかなリの低確率(およそ3%)で腐敗する可能性があります。この崩壊及び腐敗はかなリの温度とエネルギーを発生させます――1kgにつきおよそ150ギガジュールと典型的な物質反物質の崩壊よりおよそ6桁小さいものの、十分に大きな熱量のため頻繁または大規模な変換は勧められません。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。