SCP-1059
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-1059

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1059に感染した職員が書いたと判明した文書は、感染していない研究者によって書き直されます。SCP-1059に感染したことが判明した職員は対ミーム治療が施され、感染の兆候が見られなくなるまで職務から除外されます。その後に、再発の兆候がないか監視されます。財団職員以外のSCP-1059キャリアが発見された場合は、可能であればクラスA記憶処理を施し、そうでなければ他の人物に伝染する可能性のある立場から排除されます。

説明: SCP-1059は他者とのコミュニケーションにおいて情報を隠す、検閲する、分かりにくくするようなミーム的衝動です。機密情報や公にしにくい情報を扱う人物の間で流行しやすい傾向があります。

感染した被験者は、情報を伝達する際に、明らかに関係のない情報の断片に偏った重要性を見い出します。この情報は、情報の伝達者にとってあたかも最高レベルの機密情報であるかのように取り扱われます。たとえその情報が後に無害であると示されたり、読者にとって不可欠な情報だったとしても、被験者は同じように振る舞います。

SCP-1059は感染した資料を読む、または感染した人物と話し合うことによって拡散されます。最も感染する可能性の高い人物は、機密の取扱手順を学習している最中の人物です。感染は、組織内の機密情報を統制する基準や規則の土台を強固に構築することによって容易に妨げることができます。

SCP-1059は、メリーランド州フォートミードの国家安全保障局本部に財団の工作員として潜入しているエージェントJamesonが情報の不一致に気付いたことによって発見されました。いくつかの局(office)からの文書が、実際の内容に関わらず最高機密として分類されていました。その他の想定されるケースが除外された後、さらなる調査によって、数人の人物がその当時において未知であったミーム的エージェントに感染しており、後にそれはSCP-1059として指定されました。

補遺 1059-1: 感染した資料の不適切な取り扱いによって、財団内におけるSCP-1059の発生がもたらされました。追跡はこれまでのところ困難であり、すべての財団文書と職員の検査については保留中です。現在、収容手順に関する重要な情報の抹消が直接の原因と見られる17名の死者が発生しています。

補遺 1059-2: この文書においてSCP-1059の感染の症状が見られ、財団の基準に対応するように拡張されました。以前の版を閲覧するには文書SCP-1059-Aを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。