SCP-1074
評価: +2+x
gray.jpg

発見時のSCP-1074

アイテム番号: SCP-1074

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1074はサイト342の鍵をかけた保管室に、不透明なカバーを付けたフレームに収められています。テストを受けているクラスDを除いては職員はあらゆる状況下でもSCP-1074を見ることはできません。SCP-1074の写真撮影または映像録画は遠隔操作ドローンによって行われます。

SCP-1074を視認してしまった場合、対象者はクラスAの記憶処理を施しSCP-1074の保管およびテストエリアから配置替えさせます。兆候が確認されていない場合、対象者は精神分析のために2日おきに報告、必要に応じてさらなる記憶処理を施します。

説明: SCP-1074は正体不明のアーティストによってキャンパスに描かれた肖像画サイズの油絵です。写真もしくは録画で確認された場合、SCP-1074の全体ははっきりと目に見える筆使いで、灰色の均一な陰影を描いているように見えます。遠隔操作ドローンによってSCP-1074から採取したサンプルは、米国で画材店で一般的に利用可能なタイプのオイルベースのグレー塗料だと確認されました。

人間がSCP-1074を視認した時、観測者はすぐに心拍数が増加、発汗とめまいを含むスタンダール・シンドローム1の始まりに類似した生理的徴候を示し始めます。SCP-1074を見て人々は、いかにこれまでに見た中で素晴らしく感動的な芸術作品であるかを、誰彼構わず何度でも言葉で説明しようとします。影響を受けた人々の説明では、白紙の灰色のキャンバスではなく、非常に詳細な絵の評価をしますが、それには一貫性がありません。SCP-1074を視認した2人は同じ絵を説明しませんでした。繰り返し語られるテーマは、人間の死亡率、個々の無意味、法とモラルの分別、宗教的な終末論を喚起するイメージと述べています、そして[編集済み]。

いったんSCP-1074を見ると、被験者は物理的に拘束されない限りそれから視線を外す事はありません、それだけではなく誰彼構わずに対象を見せるため説得しようとします。被験者は観測が続くと、ますます絵画から提起する難解な哲学的な質問を議論しようとし、急速に混乱を引き起こし始めます。観測が始まってから3-5分以内に緊張病性の状態となり、被験者は外側の刺激に反応するのをやめます。緊張病性の状態を逆転する手段が発見されておらず、被験者は外部からの支援が無い限り、数日以内に静止したままの状態で死亡します。SCP-1074関連の緊張病にかかっている個人の脳波は、目を覚ましその周囲を完全に認識している人と同様の兆候が見られ、被験者の脳活動は高いレベルを続けていることを示しています。

被験者が緊張病を発症する前にSCP-1074の付近から退避させた場合、観測の際の身体的な症状は30秒以内に和らぎます。しかし遅いペースではありますが、心理的影響は発達し続けています。そのようになった被験者は頻繁に絵の細部を解説し、目を閉じる時やまばたきの際にも、夢の中やその周辺視野で絵を見ると報告します。混乱、解離、及び緊張病は平均して最初の観測から5-8日以内に起きます。SCP-1074の観測がより長いほど、緊張病の発症するタイミングが早くなります。

クラスAの記憶処理により、対象者を通常の精神状態に戻すことができると実証されています。観察された全てのケースではこれは一時的です。記憶処理を受けた7日以内に被験者は絵の記憶を報告し、同様に精神障害も起こし始めます。記憶処理後は影響力を徐々に減少させる効果がありますが、観察から緊張病の期間の最も長い記録は最長6週間と4日です。

SCP-1074は20██年██月██日、[編集済み]の█████████ギャラリーの集団ヒステリー事件の報告により、財団の注目を引きました。初期の清掃チームにより直接SCP-1074の効果を経験した後、無人機によって回収されました。 "スタンダール・ナイトメア"と題された絵画の展示は、アーティストのエージェントによって間接的に手配され届けられ彼の指示の下スタッフによって前の晩配置されました。展覧会のオープニングに披露されるまでベールに覆われていたとギャラリー管理人は述べています。ギャラリーによって提供された連絡先情報は全て不正であることが判明しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。