SCP-1078
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-1078

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1078は厚さが5 cm以上の高密度ポリエチレン製の立方体型の箱に保管します。この箱は常時、網目が0.05 mm以下かつ寸法が1m × 1m × 1m以下のファラデーケージ内に吊り下げなければなりません。SCP-1078に関するあらゆる試験のために、同じ大きさの網目のファラデーケージに完全に内包されている、孤立した部屋が用意されます。オブジェクトの箱を入れたファラデーケージは、この部屋の中にあり、扉が閉じられていない限り開いてはなりません。

SCP-1078に関する実験には少なくとも1名のレベル4研究員の書面による同意が必要です。SCP-1078に関する実験に関わる全てのDクラス職員は月例解雇を免除されますが、自死の可能性およびSCP-1078そのものの喪失の可能性が増大するため、被験者に1年を超えてSCP-1078を保持させることは推奨されていません。実験の間、被験者は常時自死の傾向を監視されなければなりません。収容室内には自死の試みに用いることができるものは持ち込まないでください。被験者を終了したまたは自死が発生した際は、直ちに入室してSCP-1078を直接観察してください。医療部門の職員1名は常に同席し、SCP-1078を保持者から取り出す用意をしていなければなりません。また、被験者の死亡が確認され次第ただちに招集されます。

説明: SCP-1078は19世紀後半のドイツの吹きガラス技法に一致する形状を有する、小さな球状のガラス製の眼球です。素材は高品質な吹きガラスであることが削りかすから明らかになったものの、█.██mm以上の深さからはサンプルは回収されていません。引き抜きが不十分だったため、オブジェクトの瞳部分の反対側の0.25cm2の範囲から主に銅からなる棘が突出しています1。オブジェクトの虹彩は、被験者が身に付けた際、その眼窩にもともとあった眼に合うように色が変化します。この変化は被験者が虹彩異色症を発症していても、もともとの眼が完全に除去されていても正確に起こります。(実験1078-2を参照してください。)また、身に付けた際、虹彩は外界の光の条件によって収縮または拡大し、被験者の眼筋がすでに機能していなくても通常の眼と同様に動きます。

片方または両方の眼を失った人物の眼窩に挿入することで、上述の棘が伸長し、視神経と結合します。被験者の死体解剖により、これは棘から伸びる純銀製の鈎によって行われていることが判明しています。このプロセスにはおよそ2時間を要し、この間被験者は掻痒感を報告するものの、実験1078-8の被験者を除き痛みは報告していません。実験1078-8については、実験が[データ削除済]至ったためであると考えられています。12時間ないし数日の期間を経て神経突起との一体化が完了し、被験者はオブジェクトを通じた視力が継続的に向上していると報告します。いずれの場合でも、視覚は1箇月以内に完全に回復することが確認されています。また視力検査により、その後数週間にわたり被験者の視力はさらに鋭敏化してゆくことが明らかになっています。より主観に基いて述べるなら、この期間において被験者の聴覚及び触覚も同様に鋭敏化していることが、他の実験により示されています。

3から7箇月の期間の後、被験者の知覚機能は最大になります。この時点から、SCP-1078は被験者の聴覚および視覚の感覚入力を選択的に遮断し始めます。この段階においては、選択対象となった人物の像が滲むようになります。また選択対象となった人物の声が不鮮明になり、これを被験者は「ラジオを2つのチャンネルの間にあわせたようだ」と述べています。長い時間をかけて、選択対象者は被験者の視覚及び聴覚から完全に遮断されるようになります。これはすべてのビデオ映像、写真および音声記録においても同様です。触覚はこの段階においては不明な理由により影響を受けません。また、選択対象者が周囲に及ぼす影響は見聞きが可能です。例えば、扉が開くのは見ることができ、拍手などの声以外の音は聞くことができます。これにより、段階が進んだ被験者とも筆話法を用いることで意思疎通が可能です。

遮断プロセスは少ない人数から始まり、初期においては5人を超えません。すべての選択対象者に対する完全な遮断は同時に発生することが実験により確認されています。また、各段階における選択対象者の数は指数関数的に増えてゆきます。段階が進行すれば被験者は自身を除くすべての人間を知覚できなくなることが実験により示されています。また動物からの感覚入力も失い始めた例が一件あります。

遮断プロセスは被験者に偏執症および精神疾患を徐々にもたらします。これは孤立感からくるものであることが示されており、SCP-1078の直接の影響ではありません。ただし、被験者D-1078-8は鮮明な幻視および幻聴を報告しており、SCP-1078との一体化から段階が進行すると、人間からの刺激が遮断されるだけではなく、SCP-1078を保持する者の精神に虚偽の刺激が作り出されると考えられています。終了されなかった被験者は、絶望感のあまり直接的に、あるいはSCP-1078を眼窩から抉り出そうとして脳出血を起こし結果的に自死に至ります。被験者D-1078-8は自死を阻止されましたが、15年の期間の後[削除済]より任期を終えました。

死亡後ほどなくして、財団研究員にとって未知のプロセスにより、SCP-1078は保持者の身体から消失しいずれかの地点に再出現します。█箇月後にもとの収容場所からおよそ████km離れた██████町に出現した例が一件あります。被験者が死亡するとSCP-1078は突起を引き込みますが、このとき即座に摘出すると消失しません。ただし、SCP-1078は現行の収容プロトコル策定以前に█回にわたり収容下から消失しています。

どの段階であるかにかかわらず、視神経が融合してからSCP-1078を取り出すことは、被験者に対して深刻かつ致死的な脳出血を引き起こします。これは取り出しを試みるのが被験者であるか第三者であるかにかかわらず発生します。

終わりに、SCP-1078は適切に人間に組み込まれている間わずかに電磁波を放射していることが実験1078-6から見出されていることに留意してください。この電磁波がコヒーレント信号を構成しているかは現時点では不明ですが、収容プロトコルが更新され、何者かとの交信を行っている可能性を排除しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。