SCP-108
評価: +2+x
SCP-108.jpg
SCP-108の内部の様子

アイテム番号: SCP-108

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-108は対象108-1によって完全に収容されています。対象108-1から要求されるどんな物品も当該品がセキュリティ上問題ない限り用意し、3m四方の標準収容室に収容されなければなりません。対象108-1は部屋を出て自由に散歩しメイン食堂で食事することが許されています。毎日対象108-1の診療は実行され、必要に応じてフィルタは変えなくてはなりません。

説明: SCP-108は対象108-1鼻の穴を通して到達可能です。対象はアフリカ系アメリカ人の女性、51才(付記108-1参照)は以前、ケンタッキー州████████████の小さな町の金物屋██████████████████のレジ係として雇われていました。████年███月█日から以後SCP-108はサイト17に収容されています。

SCP-108の内視鏡検査は、対象の鼻の穴を介してアクセス可能な場所が人間の鼻腔(鼻の奥、気道のはじまりの部分)ではなく、WW2時代のメッサーシュミットMe262戦闘機の生産と保守に特化した、ナチスドイツが建設した格納庫だという事を明らかにしました。ロボット内視鏡による探査で格納庫のメインの出入り口を長軸に、平行して約2km×4kmの内部寸法を有していることがわかります。調査がまだ完全に終了していない段階ですが、SCP-108は組立ラインに作成中の何百もの機体ならびに3機の完成された機体を収容されていると思われます。そこには大量の死骸が堆積し、ナチス高官、軍人、ヒトラーユーゲント、民間人(おそらくウクライナの奴隷労働者)の死体は特に出入り口周辺に集中しており腐敗が進行していました。出入り口付近の銃撃戦の証拠はドイツ軍人が民間人に群がれ、続いて起きた反乱において殺されたという仮説を裏付けています。いくつかの死体は共食いの兆候を示しています。

ロボット内視鏡調査は継続し、ハイディスチャージLEDランプ("ボトルシップ組み立て"の技法を用いて制作)を設置しました。内視鏡検査によってSCP-108内部は二機の戦闘機を収納するには十分大きな対爆二重エアロックの一種、大規模な "ハンガードア"を持つ場所と明らかになりした。損害を受けた戦闘機がハンガードアの一方から運ばれてくるのと、完成した戦闘機が生産ラインから搬出されるドアが存在します。内視鏡ヘッドを180度回すと、2つの鼻腔は真っ黒な領域を持つ開口部である事が明らかとなります。メイン扉に鼻の形の穴が貫き、どちらの鼻の穴にも繋がっているのが内視鏡で確認され、他は鼻腔に繋がっています。DNA検査で鼻腔は対象の物と分かりました。黒い地域は入り込めず内視鏡が運ぶ光のすべての波長を吸収します。徹底して調査すると、黒の範囲は弾力性があって柔軟です。

見たところ出入り口は三方向のみに配置されています。外界がAと称されるならば、Me262工場内部をB、対象の鼻腔がCとし、通行方向は次のとおりです。

  • どんなものでも(空気や光を含め)AからBへ
  • BからCへ。
  • CからAへ。

おそらくCからAへのハンガードアの基礎構造から判断すると、1994年のペテンホーフの二重格納庫の内側と外側の部分であると思われます。

付録 108-1: 彼女が子供たちの誕生パーティーにピエロ役となるため「ヒューマンブロックヘッド(鼻の穴に釘を打つ芸)」マジックの練習していたと対象は主張しています。彼女の鼻腔内に長さ4cmのトタン釘を打った後、彼女はグリップを失い鼻の中に釘を落としました。すぐに彼女は「とてもひどいカビ臭い悪臭」に気づきめまいと吐き気に襲われます。鼻をかんでも感覚は去らず、ティッシュの上にも何もありませんでした。彼女は鼻で普通に呼吸することができます。およそ3日後に対象は『くそったれな地獄のような匂い』に慣れて子供たちのパーティーで甥を喜ばせました。

およそ1週後、彼女の息のにおいに不快感を示す人たちを無視したのちに、対象は肺炎と診断されロキシスロマイシン(抗生物質)で経過観察となります。肺炎は抗生物質に反応しますが1週間後に再発しました。彼女の医者はオトスコープでの鼻の検査で、鼻の内部よりもむしろ単に"黒い"という点を指摘しました。慢性肺炎にかかり入院の後、1mの光ファイバー内視鏡試験では内視鏡を全て入れることができました。担当耳鼻咽喉科医は内視鏡検査によって「ナチスのイーグルバッジ」が見える点に注目します。専門医の検査記録は財団の定期業務 ██████-████-██████-███-█████処理により患者管理システムから傍受し取得されました。

対象は19██年6月に夜明け前、High Risk Warrant Team(SWATの一種)に偽装した機動部隊エプシロン9の奇襲によって無事回収されました。掃討作戦終了までに、医師、耳鼻咽喉科医、11人の病院職員と2人の民間人は排除されました。対象は財団スタッフが調査し、少しずつ彼女の鼻の穴を通して"ボトルシップ組み立て"のように組み立てた空気濾過装置を彼女を提供しました。フィルタカートリッジは定期的に換えます(1週に1度程度)。対象は密封されたナチ戦没者達の墓の空気を吸う事を余儀なくされています。

財団に最初は敵意をもってた対象は、強度の心理条件付けプロトコルを受け今では状況に順応しています。SCP-108にサイト62のすべての財団の重要なデータを「バックアップする」ことに則した計画が提案されています:データはMicroSDカードや類似の小型不揮発性媒体へ書き込まれ、対象の鼻の穴に挿入されます。XKクラスのシナリオが発生した場合、対象を安全な場所に収容するいくつかの方法が保証されています。対象の鼻の穴から別の場所へ次元の出入り口を動かす方法を見つけ、他から進入の可能性がある格納庫の物理的な位置を発見する方法を研究しています。

最初のトタン釘はまだ見つかっていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。