SCP-1082-JP
評価: +31+x
1082.jpg

SCP-1082-JPをスキャナーにて撮影したもの。SCP-1082-JP-1の図が描かれている。

アイテム番号: SCP-1082-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1082-JPはサイト-81██の鍵をかけたロッカーに、回収した全てのSCP-1082-JP-1とともに保管されます。また、SCP-1082-JP-Aは標準人型生物収容プロトコルの規定に則り、自動給餌システムによって飼育されます。なお、SCP-1082-JP-Aには必ず流動食を与えてください。SCP-1082-JPまたはSCP-1082-JP-Aが収容されている収容室は、担当研究員が実験を申請した場合を除き必ず犬が存在しないように管理されます。SCP-1082-JPを実験目的で持ち出す際には、必ず施錠することができる容器にSCP-1082-JPを移し替えた状態で運搬してください。また、SCP-1082-JPの報告書を閲覧済みであるセキュリティクリアランスレベル4以上の職員2名と、現在の担当主任研究員の西根博士の許可なしに、SCP-1082-JPに接触することがないよう徹底してください。SCP-1082-JPの実験には、必ず担当研究員の立ち会いが必要です。SCP-1082-JP-Aが死亡した場合には、SCP-1082-JP-Aの遺体からSCP-1082-JP-1を取り出し、SCP-1082-JPとともに保管します。

(更新)身元不明の女性の遺体が発見されたという通報があった場合にはただちに機動部隊う-10("貞操隊")が派遣され、SCP-1082-JP-1が発見された場合には直ちにこの遺体をSCP-1082-JP-Aと指定しSCP-1082-JP-1とともに回収します。また、SCP-1082-JP-Aの目撃者に対してはBクラス記憶処理を行います。その後SCP-1082-JP-Aは発見地域の文化に則った儀礼に基づく葬儀が執り行われ、サイト内の墓地に埋葬されます。

説明: SCP-1082-JPは、使用することで異常性を持つ物体SCP-1082-JP-1を出現させるとともに、一定の異常現象を発生させるA4コピー用紙です。SCP-1082-JPの片面にはハーネスギャグ1の図が描かれていますが、これは一般に販売されているどの同型の商品とも合致しない形状をしています。この図が描かれた反対側の面には、「母犬のために」という表題らしき筆記があります。SCP-1082-JPは変色などの経年劣化を推測させる見た目に反し、新品の上質紙と同等の強度を持ちますが、そのほかに物理的な異常性は確認されていません。SCP-1082-JP-1は、SCP-1082-JPに描かれているものと同一とみられるハーネスギャグであり、外見は異常性が確認できない黒色の牛革ベルトとステンレスの金具で構成されています。SCP-1082-JP-1は強固な物理的破壊耐性をもち、切断および折損することは困難です。しかし、化学的耐性はおおよそ見た目に応じた性質をもち、高温によって焼失もしくは融解を起こすことが確認されています。

SCP-1082-JPの異常特性は、SCP-1082-JPの図の描かれた面を、張り付けるように人の顔または頭に押し当てることで発現します。SCP-1082-JPを押し当てられた人物(以下SCP-1082-JP-A)には、一定の段階を踏む異常現象が生じます。この一連の現象は、活性化したSCP-1082-JP-1の認識改変能力により、SCP-1082-JPの使用者(以下SCP-1082-JP-B)を除く全ての人物にはいかなる方法を用いても観測することはできません。この現象は通常30分以内に完全に終了しますが、SCP-1082-JP-Aの性別、身長と体重、筋肉量などの体格の大きさや肉体の逞しさに応じて、完了までの時間が長くなることが観測されています。

第1段階: SCP-1082-JP-1が出現し、瞬間的にSCP-1082-JP-Aに装着されます。SCP-1082-JP-1はその形状のためSCP-1082-JP-Aの発話や呼吸に抵抗を生み、これを困惑させます。このプロセスが1分以上持続した事例は報告されておらず、多くは10秒以内に続く段階へ進みます。なお、SCP-1082-JP-1の装着プロセスを確認する行為は現在全て失敗しています。

第2段階: SCP-1082-JP-Aは直ちに前腕部と手首に指、膝や脛さらに足首の腱を未知の手段にて損傷されます。これにより指を用いて道具を扱うことや立ち上がり歩行することが困難になります。この現象は多くの場合椅子からの転落、立位または座位からの転倒を招き、ときに頭部への打撲による死亡という結果が生じる場合があります。このプロセスは約6秒持続します。

第3段階: SCP-1082-JP-Aは4█℃の高熱を発症しながら女性ならば下腹部、男性ならば全身に及ぶ苦痛を呈し、手足を振り乱して暴れる行為を誘発します。さらに、SCP-1082-JP-Aの体格は急速に収縮しつつ、乳房や臀部が膨らみ若い女性のような体つきに変化します。このとき男性には新たに女性器が形成され外見は両性具有の姿になりますが、高熱のため男性器は組織の死滅により性的不能となり事実上の性転換が完了します。この段階の変異でSCP-1082-JP-Aは人間の骨格を保ちつつも全身の筋肉組成が変質し、肘と膝で四つ這いを行うことに適正化されSCP-1082-JP-Aは直立姿勢および膝立ちがより困難になります。このプロセスはSCP-1082-JP-Aが女性である場合2分で終了しますが、SCP-1082-JP-Aが男性である場合は最低でも5分以上は持続します。

第4段階: SCP-1082-JP-Aの体温はさらに高まり、最大で██℃に達する高熱とともに大脳、特に前頭葉と後頭葉に深刻な損傷が与えられます。これによりSCP-1082-JP-Aは論理的演算能力や言語表現能力、視覚処理能力に深刻な欠落を引き起こします。多くのSCP-1082-JP-Aはこの段階で苦痛に耐えきれず気絶する、またはショック死するなどして沈静化しますが、まれに苦痛による錯乱状態を継続したまま暴れ続けることがあります。このプロセスは約4分間持続し、これらの一連の段階が完了した後にSCP-1082-JP-Aの高熱は5分から8分ほどかけて徐々に治まります。

第一段階で出現したSCP-1082-JP-1はすぐさま活性化し、異常特性を示します。SCP-1082-JP-1はSCP-1082-JP-Bを除く全ての存在に対し、SCP-1082-JP-Aを何らかの種類のメスの大型犬であると知覚させる、という認識改変能力を有しています。この作用は映像や写真、絵画を通じても例外なく発生します。そのため、SCP-1082-JP-Aは一頭の犬であり、以前からそのような存在であったと周囲に理解させます。なお、その認識にいかなる矛盾があろうともこれを事実として納得します。SCP-1082-JP-Aに関する認識改変は、SCP-1082-JPが何らかの異常特性を有しているとSCP-1082-JP-A発生前に理解することで緩和される場合がありますが、SCP-1082-JP-Aの姿を犬のように知覚する効果は防ぐことができません。そのため、SCP-1082-JP-Aが発生する現場に立ち会ったSCP-1082-JP-B以外の全ての人物は、突如人間が犬に置き換わる光景を目撃したと報告します。

SCP-1082-JP-1の異常特性はSCP-1082-JP-A個体からSCP-1082-JP-1が取り除かれることで非活性化します。しかし、この試みはSCP-1082-JP-1の留め金部分が未知の力により完全に固定され取り外しできないこと、SCP-1082-JP-1が破壊に対して強い耐性を示していることから非常に困難です。現在SCP-1082-JP-1はSCP-1082-JP-Aの頭部を破壊しSCP-1082-JP-1を除去するか、SCP-1082-JP-Aが死亡しSCP-1082-JP-1が頭部から脱落することによって非活性化することが確認されています。しかし、SCP-1082-JP-1が改変したSCP-1082-JP-Aについての過去の記憶はいかなる記憶処理を用いても復元するには至らず、SCP-1082-JP-Aの以前の知り合いや家族はSCP-1082-JP-1の非活性化後ではSCP-1082-JP-Aを何者であるか理解できなくなります。

SCP-1082-JP-AはSCP-1082-JP-1の装着や大脳の損傷により理解不能な不明瞭な鳴き声のみを発するようになりますが、これはほとんどが発情した雌犬の鳴き声であると認識され、このような発声は時としてSCP-1082-JP-Aが雄犬との交尾に発展するという結果に結びつきます。この行為が観察された6か月後、SCP-1082-JP-A は[編集済]なお、SCP-1082-JP-BがSCP-1082-JP-Aの交尾を観察した場合には[編集済]

SCP-1082-JP-Aの多くはしだいにSCP-1082-JP-Bに対し強い愛着と依存を示します。なお、この現象はSCP-1082-JPの異常性に由来するものではなく、SCP-1082-JP-1の認識改変能力によりSCP-1082-JP-Aが人間不信に陥ることが直接的な原因であると推測されています。同様にSCP-1082-JP-Aの多くはPTSDを発症し、さらに手足の不随意化に起因した身体完全同一性障害を併発することで強いストレス障害の兆候を示します。SCP-1082-JP-Aに適切な治療が施されなかった場合、その後SCP-1082-JP-Aの前腕および大腿の切断を余儀なくされる重大な自傷行為を誘発します。しかし、SCP-1082-JP-Aが自ら苦痛を訴えることができない点、SCP-1082-JP-B以外の人間はSCP-1082-JP-Aを正しく観察することができない点からこれらの兆候を発見することは困難です。

SCP-1082-JPは██県███市にて、犬の鳴き声がうるさいという隣人トラブルの相談が自治体に寄せられたことで財団の注意を引きました。当時███市では原因不明のペットの失踪が相次ぎ、SCPオブジェクトの関連の可能性があるとして保健所や自治体に財団エージェントが潜入していました。財団エージェントは表向きの業務の一環としてこのトラブルの和解のために犬の飼い主であるシグヴィルア・███████氏の自宅を訪問し、SCP-1082-JPを発見、回収しました。███████氏宅を訪れた財団エージェントは、家中にて縄で四肢を椅子に固定され座らせられた状態のグレイハウンドを発見しました。不審に思った財団エージェントがこれを███████氏に質問したところ、███████氏はSCP-1082-JPを取り出すとともに、使用手順やこのグレイハウンドがSCP-1082-JPの異常特性により発生したSCP-1082-JP-Aであることを嬉々として解説しました。これを受け財団エージェントはすぐさま███████氏を拘束し、財団にSCPオブジェクト発見の報告を行いました。███████氏の飼育している全ての犬は回収され、サイト-81██の標準生物収容施設に移送されましたが、███████氏への聴取からこのうちのメスの個体は全てSCP-1082-JP-Aであると断定されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。