SCP-1083-RU
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1083-RU

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1083-RUの全周囲に渡って、その範囲の境界から50m、お互い10m離れた位置に、少なくとも800Wの超低周波発信機を配置する必要があります。それらは常に稼動し続けなくてはなりません。ジェネレーターの修理と交換はロボットを使用し、迅速に行う必要があります。全ての人員は、SCP-1083-RUに500m以上近づく場合、5人以上のグループである必要があります。[データ削除済]の兆候を示すものは、すぐに終了し火葬しなくてはなりません。SCP-1083-RUの境界から500m以内に存在する全ての動植物は排除し、侵入を試みる鳥類や動物は射殺すべきです。

SCP-1083-RUの「行動」による異常、または脅威の全ての事例は、直ちにBurov博士に報告されなくてはなりません。

SCP-1083-1は独自の番号を割り当てられています。

説明: SCP-1083-RUは直径約70mの五芒星の形をした領域です。オブジェクトの内部の土壌は、一時的に青みを帯びた特徴的な色合いに変化し、その境界線をかなりの精度で示すことが可能です。星から放射される光は1日平均5mの速度で移動し、領域自体は1日1mの速度で移動します。それにもかかわらず、SCP-1083-RUの総面積は変わらず[データ削除済]です。一般的にこの動きはヒトデに似ています。SCP-1083-RUは超低周波放射源を避け、遠ざかる性質がありますが、SCP-1083-RUの影響範囲や寸法には影響はありません。

SCP-1083-RU内に閉じ込められた全ての生物は、5分後にその一部として働き始め、徐々に統合されて非常に密接な相互作用状態となります。相互作用の主な種類は、共生、および寄生のさまざまな形態をとり、それ以外の食物連鎖の関係性は非常に弱まります。SCP-1083-RUに進入してから5日後には生物は新たな生態系内の位置付けに適応し、変化します。そして2週間後、彼らは単一の生態系に合流します。SCP-1083-RU領域を離れた生物はこの状態のまま変化せず、他の生態系には適応しなくなります。

変化の速度は、影響領域の生態系の複雑さには依存しませんが、いくつかの種類の節足動物や単細胞生物は、変化の速度が明らかに他より速くなります。これは世代交代がより頻繁であるためです。

補遺: オブジェクトは、█.█.████[データ削除済]近くで最初に発見されました。約1ヶ月間、地元の新聞には様々な土壌生物に似た「エイリアン」の発見に関する報告が掲載され続けました。当時現地に出張していたエージェント██████████はこれらの記事の量が偶然にしては多すぎることに気がつき、出現地点を推測しました。予測地点においてエージェント██████████は、新聞記事に言及されていた生物が生息する茂みを発見しました。研究チームが直ちに編成され、██.█.████、SCP-1083-RUの境界線およびいくつかの特性を確認しました。同日、テロ攻撃によって配管系に仕込まれた精神に作用する薬品の除去を口実に[データ削除済]が行われ、しばらく後にSCP-1083-RUは砂漠地帯に追いやられ、そこで収容されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。