SCP-1090
評価: 0+x
SCPheadphones.jpg

未使用時のSCP-1090

アイテム番号: SCP-1090

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 当該アイテムは現在、一般的なヘッドホン用ケースに収められており、同様の手法で収容されているアイテムと一緒に安全な保管が可能です。異常性の無い聴取用機器の近くに保管することは推奨されません。当該アイテムは承認された実験の際のみ取り出すことができます。

説明: SCP-1090はコードレス・ヘッドホンの形状をしています。一般的な耳当てに代えて、不整形の磨き抜かれた石(表面的には黒玄武岩に類似)が2つ取り付けられています。ヘッドバンドは白く、伸縮性のジョイントでサイズ調整が可能です。白字で“L”と書かれた青い点と、白字で“R”と書かれた赤い点が左右それぞれのスイベルジョイントにマーキングされており、おそらくは“左”と“右”を示しています。

どのようにして石が機器の他の部分と融合しているのかは不明確であり、ヘッドバンドと耳当ては両方とも通常の切断工具に耐性を持つことが証明されています。当該オブジェクトの放射線撮影の結果は決定的ではありません。

SCP-1090を従来のヘッドホンと同じ形式で耳に装着した人物は、音楽や独特の音が聞こえると報告します。この“音楽”は、単純なメロディーから超常的な聴覚体験まで様々です。当該機器はただ触れた/取り扱っただけの人物には異常効果を及ぼしません — 報告によれば、石は奇妙に冷たい触感を維持しています。

実験により、対象者がSCP-1090に曝露している時間が長いほど、心理的・感覚的な後遺症はより特異かつ持続的であることが示唆されています。永続的な心理的・感覚的ダメージに至るまでの曝露の上限はまだ断定されていません。新任の研究者たちは、曝露時間の増加を数秒以内に収めるように注意を受けています(リーズ博士が提言したアルゴリズムを参照)。

現在までのところ、報告されている音は機器を着用している被験者ごとに特融であるため、研究者たちは詳細について実験ログ シリーズ1を見直すことが推奨されています。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。