SCP-1109
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1109

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1109は標準取扱法に従い、サイト-██ のSafeクラス保管場所に保管されなければなりません。実験目的でSCP-1109を保管場所から移動させる場合はLevel-2監督研究員(現在は████████博士)から承認を得る必要があります。

SCP-1109内に入れられた器具の先端による負傷を防ぐため、先端部分を覆い保管しなければなりません。実験後、損傷していない器具は全てSCP-1109内部に戻す必要があります。損傷した器具、もしくは目的に合わない器具は処分しても問題ありませんが、使用は禁止されています。器具の撤去・移動を行っている間は、SCP-1109との接触による影響を受けないよう、器具を覆い、耐切断容器に保管する必要があります。

SCP-1109の影響を受けた職員はSCP-1109との接触で受けた傷を見つけるため、標準基本医療検査を受けなければなりません。更に、影響を受け3か月の段階にある職員は標準精神鑑定セッションに参加する必要があります。これらの検査には、自傷行為を防ぐため、いかなる場合でも基本応急処置訓練を受けた別の職員が同伴しなければなりません。SCP-1109の影響を受けた職員は、微細運動技能や戦闘力を必要とする任務、または壊れやすい物体を扱うテスト等に参加することを禁止されます。

説明: SCP-1109は約44cm x 21cm x 22cmの黒皮製医師用バッグで、金属製ファスナーのついた開口部と革製のハンドルからなります。鞄の底面には「あなたの痛みを消し去ります」というAceso Medicalの言葉が印字されています。Aceso Medicalは19██ 年に閉鎖され、オブジェクトに関する情報や性質について知るメンバーは見つかっていません。

SCP-1109の異常効果は鋭利な先端のある器具や道具が対象に入れられた際に明らかになります。実験では、SCP-1109の効果が明らかになるまで器具を約30秒間対象に入れておかなければいけません。対象の内部にある全ての医療器具は次に対象から取り出されると殺菌され、清潔な状態になります。

しかし、鋭利な器具が対象の中に入れられると、対象は即座にその特性を露わにします。人間に対するこれらの器具を用いた切開、注射は全て痛みを感じなくなるようです。被験者は手術を受けていることは自覚していますが何かが触れている感触や麻酔効果が緩和されるとの報告はありません。被験者は不快な経験であると述べましたが、何かしらの痛みを認識したわけではありません。

一度目の接触から約2週間の間、被験者はいかなる状況においても痛みを感じることがなくなります。これは痛覚を抑圧し、被験者が痛みを認識できないことに起因する負傷事故や深刻な判断ミスに繋がる可能性があります。接触から約1か月で、被験者は肉体的満足を知覚することができなくなります。精神的満足への影響はなく、被験者は大抵の日常的活動が楽しいと感じることができますが、あらゆる肉体的刺激からも喜びや楽しみを享受することができなくなります。食べ物における味覚と触感の違いを区別できなくなる事例からもわかる通り、この影響は味覚、少なくとも嗅覚の一部分にまで広がります。

接触から約3か月後、被験者は全ての触感喪失に苦しみを感じ始めます。これは段階的な四肢の麻痺から始まりますが、数日で急速にあらゆる種類の触感を感じることができなくなります。この症状が進行している被験者の中にはマゾヒスティックな傾向を示す者もいることがわかっています。そして肉体的刺激を求めて自傷行為にはしる可能性もあります。しかし状態が悪化すると、暴力的もしくは耐え難い刺激に対しても完全に無感覚になってしまいます。この段階になると、多くの被験者はひどい憂鬱状態になり、周囲からの孤立感や疎外感を感じるようになります。これは異常効果とはみなされておらず、感覚の部分的喪失による精神的反応とされています。味覚と触覚のみが影響を受けた場合、身体的能力の低下は見られません。この結果、被験者は触感あるいは痛覚への刺激に対する反射反応の欠如と同様に運動技能の大半を喪失しています。この段階にある被験者は他者との接触を認識できないため、他者へも被害を及ぼす可能性があります。被験者への過剰な実力行使は怪我の原因になります。

SCP-1109内にあり上記のような異常性がみられる器具は、対象から取り出された場合でも永遠にその性質が残ります。この性質は器具の切れ味が何らかの方法により悪くなったときに失われます。損傷でギザギザになった部分は異常性を示しません。器具の主要な先端だけがその影響を受けます。効果は皮膚を傷つけうる鋭利な先端を持つ器具にのみ広がります。例えば、SCP-1109内に入った先の尖った鉛筆で人間の皮膚を傷つけても、異常な性質は表しません。一方でSCP-1109内に入ったパン切りナイフは異常な性質を示します。

補遺1109-2: ████████博士は激しい肉体的苦痛を伴うオブジェクトの管理を担当するDクラスの要員からSCP-1109使用の要請を受けました。この要請は現在承認待ちです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。