SCP-112
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-112

coasters.jpg

SCP-112の車両

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-112はサイト-███に指定されている"██████ ████████"遊園地跡地に収容されます。一般市民の干渉を防ぐため、サイト-███にはAmusatastic Landの衣装を着た定数12人の武装した警備員が配置されます。SCP-112用の発電機は標準型財団プレハブ建築の中に設置し、高セキュリティロック2つ、保安要員6人、技師1人を配置してください。サイト-███の他のアトラクションは電源を落としているため、一般市民の関心は高いものではありません。

SCP-112の異常な特性はその状態にかかわらず発生するため、SCP-112では必須のメンテナンス作業のみが実施されます。これにより、地元の一般市民がSCP-112とその周辺を、放棄され無視されたものとして見なすことが保証されます。

SCP-112に関わるすべての実験は、近くの仮設トイレと、基本的な食べ物と飲み物の備えられている小さなテーブルを使用して行わなければなりません。

説明: SCP-112は鉄製の座席式ジェットコースターで、かつては「ブルー・スティールサーファー」として知られていました。19██年に建造された際、SCP-112は"██████ ████████"遊園地の目玉になると見込まれました。最初のテスト走行は、担当者から非常に消極的な反応を引き出しました。これらの報告が公開されると、スティールサーファーの「失敗」による財政上の悪影響が、遊園地の親会社の破産を招く結果となりました。地所は19██年まで放棄されそのままでしたが、その年地元の不良グループが遊園地に押し入り、正しく電源が切られていなかったSCP-112を含む乗り物を起動しました。SCP-112の「落成」乗車後、降りようとしていた不良メンバーたちを警察が逮捕しようと試みたとき、乗客の彼らは[編集済]しはじめ、地元報道機関の注意を引きました(さらなる情報はアーカイヴ112.████を参照)。乗車時間中にこのアトラクションが持つ特性を疑い、潜在的な異常性を試験するために財団は遊園地を購入しました(遊園地をAmusatastic Landとして建て直すという名目のもと)。

SCP-112が始動してから最初の下りであるアルファ地点まで、このアトラクションの機能は通常通りです。アルファ地点に車体が到達すると、車両すべてが消失します。3分後(通常かかるであろう推定時間)、車両がオメガ地点(コースターの始動地点から3m)で再物質化します。

SCP-112に乗っていた被験者は外部からの観察とは劇的に異なる体験をします。アルファ地点からオメガ地点までの時間は大幅に引き伸ばされ、被験者の乗車時間は4分から█ヶ月までとさまざまです。アトラクションの特性も乗客それぞれによって異なります。被験者の大部分は、バットウィング1、コブラロール2、傾斜付きループといった存在しないはずの要素を報告します。被験者には世界が別のもののように感じられるといったことは一切なく、ただ乗車体験のみが異なっています。

アトラクションを降りると、SCP-112に乗車していた主観時間の長さをもとに、大抵の場合被験者は混乱し体調が悪化しているような気分を味わいます。これらはいかなる身体的な病気によるものでもなく、拡張された時間内で被験者が身体的な病気を抱えたという主観的な体験に起因します。一例を挙げるなら、主観乗車時間が3日間の被験者は、乗車していたほとんどの時間強い空腹感を抱えていたはずなのに、乗り終わってみると全く空腹ではないという混乱を味わうかもしれません。

補遺-A: 実験記録集:

実験 11234534

日付: ██/02/22
被験者: D-34534

D-34534はSCP-112に午後2:42乗車。車両は午後2:43アルファ地点に到達、午後2:46再物質化した。SCP-112を降りたD-34534は気絶する前に小声でアスピリンを要求した。治療と回復ののち、D-34534の報告では乗車時間36分、SCP-112の建造物には確認できない連続ループとツイストが存在した。

実験 11267564

日付: ██/05/14
被験者: D-67564

D-67564はSCP-112に午後1:30乗車。車両は午後1:31アルファ地点に到達、午後1:34再物質化した。D-67564は乗車時間4分、「車体が路線からジャンプして、ループの直前で着地したところ」を除けば楽しかったと報告した。

実験 1125893

日付: ██/06/01
被験者: D-5893

D-5893はSCP-112に午後12:30乗車。車両は午後12:31アルファ地点に到達、午後12:34再物質化した。乗車が終わると、D-5893はただちに食料品のあるテーブルに走り寄り、ものも言わずに手当たり次第のすべてのものを食べ尽くしたが、その中には食べ物の包装紙も含まれていた。財団スタッフがD-5893を落ち着かせようと試みたとき彼は暴力的になり、[削除済]しさえした。確保とインタビューの際、D-5893は混乱しまごついたままで、「降りるまで食うものがなかった」「寝かせてくれ、スピンを止めてくれ」「明かり152個」というフレーズを繰り返した。D-5893の言葉から、彼の主観乗車時間がおよそ5ヶ月間だったこと、身体上の証拠は存在しないが乗車中に5ヶ月分の栄養失調と疲弊を経験したことが示されると財団は推察した。

実験 1127556

日付: ██/08/08
被験者: D-7556、D-7556の顔に向けた標準型カメラ

D-7556はSCP-112に午前11:36乗車。車両は午前11:37アルファ地点に到達、午前11:40再物質化した。D-7556が味わった症状はD-5893のものと似ていた(しかしそれよりは程度の軽いものだった)。インタビューでD-7556は主観乗車時間を1ヶ月と6日だったと報告した。乗車中、彼は食事も睡眠も取れず、SCP-112による頭痛に苦しんだ。D-7556はジェットコースターに現在用いられている要素をすべて体験したと報告し、その中には実用段階ではないものも含まれていた。カメラの映像は3分間続き、アトラクションの時間中D-7556が泣きじゃくる姿と、SCP-112の実際の路線と変わらない動きが収められていた。

補遺-B: 乗客インタビュー

実験 112-35784-23512、乗車後インタビュー #1

実験 112-35784-23512、乗車後インタビュー #2

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。