SCP-1121-JP
評価: +14+x

アイテム番号: SCP-1121-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1121-JPは、高さ3m以上のフェンスを設けたうえで24時間監視体制に置き、一般人の侵入を防いでください。万が一、一般人が侵入した場合は、即時拘束を行い、Aクラス記憶処理を行い、社会復帰が不可能な場合は行方不明者としての処理を行ってください。SCP-1121-JP内部への侵入はセキュリティクリアランス3以上の職員3人以上の許可を得たうえで行ってください。SCP-1121-JP内部に侵入する際の人員、機材は1965年以前に誕生、あるいは作成されたものに限定されます。

説明: SCP-1121-JPは、長野県諏訪郡に出現する、公式には確認されていない住宅街です。調査の結果、SCP-1121-JP内部は高度経済成長期の東京下町区域に類似している事が判明しています。際立った相違点としてはSCP-1121-JPに存在する建築物は全て廃虚であり、SCP-1121-JP内には雑多な廃棄物が散乱していることがあげられます。SCP-1121-JP内部には、現在存在しない、あるいは破壊された建造物も確認されています。また、豪雪地帯に存在するにも拘らず、一切の降雪が確認されず、同時に夜間において星の光が確認されないことも判明しています。

内部において「有限会社 如月工務店」と書かれたロゴが散見されるため、該当企業の調査が進められています。また、内部調査の結果、関連性のあると推測される手紙が内部で発見されました。詳しくはSCP-1121-JP関連文章-01を確認してください。

SCP-1121-JPの異常性は、1965年以降に作成された物品、あるいは誕生した生物を内部に持ち込んだ際に発生します。該当する物品を持ち込んだ場合、急速な風化、酸化が発生し物品は自然崩壊します。また、該当する生物を持ち込んだ場合、年齢が遡行し、最終的には卵細胞の段階まで遡行します。

これらの影響はSCP-1121-JP内部から退去することで停止させることが可能ですが、変化は不可逆的なものです。また、1965年以降に作成された物品を用いて新たに製造された物品の場合も同様の影響を受けることが確認されています。よって、1965年以降に製造された物品はSCP-1121-JP内部の調査や記録に使用できないため、記録映像等の必要性から、1965年以前に作成された物品の収集要請が提出されています。同時に1965年以前に誕生した職員の確保の為、志願制による専任エージェントの設置、及び該当エージェントの医療的保存技術の研究が現在進行しています。

SCP-1121-JP内部には、約2000程の住人(以下、SCP-1121-JP-Aと指定)が存在し、コミュニティを築いています。SCP-1121-JP-Aの多くは人間ですが、一部SCP-1121-JP-Aは、世界の神話、物語に見られる仮想の生物を模しています。また、SCP-1121-JP-Aの約半数は神話、物語、歴史上の人物の名前を名乗ります。SCP-1121-JP-Aらには現在時点で老化の兆候が見られません。

SCP-1121-JP-Aの多くは友好的かつ享楽的で、財団職員を含める侵入者に対して歓迎の意を示します。しかし、SCP-1121-JP-Aのほとんどは酩酊状態、あるいは薬物中毒と思われる症状が確認されており、一部は伝染病に罹患しています。これらの特徴は、1960年代のヒッピー文化との共通点が確認されていますが、その本質とは大きく変化していると推測されています。現在時点でSCP-1121-JP-AがSCP-1121-JP外部へ移動する様子は見られません。

補遺1: 以下は、SCP-1121-JP-Aに行われたインタビュー記録の一部です。

インタビュー記録1121-JP-A-12 日付 20██/██/██

インタビュアー: エージェント・島

対象: SCP-1121-JP-A-12 20代の女性であり、街の清掃を行っている。

«記録開始»

エージェント・島: こんにちは

SCP-1121-JP-A-12: ああ、こんにちは。アンタ、見ない顔だね、この街は初めてかい?

エージェント・島: まあ、そんなとこです。此処がどういった場所か教えてほしいのですが、ついでに貴女の事も

SCP-1121-JP-A-12: アンタの事、だって。スカした言い方するね、アタシは灰被り、職業はまあ、表では言えないことさ

エージェント・島: …本名は? いや、何でそんな名前を?

SCP-1121-JP-A-12: ああ、名前? アンタ同世代だろ? 知らないのかい? 追憶のハイウェイ、転がる石。サイッコーだね、フォークとロック。そんなことどうだっていいじゃないか。あっちの痩せぎすはサロメ、この上に住んでいるのはアインシュタインのオッサンさ。お望みとあらば蒼褪めた馬でも見ていくかい? 弁天小僧もいるよ?

エージェント・島: 結構です。…酔っているのですか?

SCP-1121-JP-A-12: そりゃあ、酔わなくちゃ。ここはラリってるやつらの癲狂院、救貧院じゃあないんだよ。何もかもいらない。アタシ達には今さえあればそれでいい。アタシ達の名前で分かるだろ? もうそこにはいないのさ、もうそこにはいない!

エージェント・島: …話すのが困難であれば、また別の機会に

SCP-1121-JP-A-12: そんなことはないさ、ないんだよ。えっと、この街だったね? この街はきっと星明りの届かない街だって

エージェント・島: 誰がそれを?

SCP-1121-JP-A-12: 知らない、…ってウソウソ、名前も誰だかも知らないけど、何かね、よくわかんない奴らだった。人みたいだけど、どっか人とずれてるっていうかね。まさしくアセンション、上位の存在ってとこかい?

エージェント・島: …では貴女は何処から?

SCP-1121-JP-A-12: 何処から? そんなの決まっているじゃあないか! …あれ? 何処から、アタシ達は来たんだっけ? …アタシ達は、あれ? 確か、…みんな、貧しかったけど幸せと活気の中で笑っていて。…アタシ達は

エージェント・島: …大丈夫ですか?

SCP-1121-JP-A-12: …そう、アタシ達は、ずっと、ずっと、ガラスの靴を履き忘れていたかった。転がる石になることが怖かった、そこから飛び出すのは嫌だった。ああ、ここは良い街だろ?

エージェント・島: こんなガラクタまみれの街がか? …いや、街がですか? 

SCP-1121-JP-A-12: ガラクタに見えるかい? ほら、見てみなよ。本当に必要なものは何だ? プラスチックの残骸? 半導体の中を走る意識? 加工された自由? それはきっとここにしかない。現代のフェアリーテイル、ディランが新幹線に乗り、去っていったこの街に

エージェント・島: …アンタ、この街の外には出ないのか?

SCP-1121-JP-A-12: 出ないさ、ここにいればずっとアタシは変わらない。ここはアタシたちの生きた街で、この街を愛し続ける。此処は縛られている。でも、自由という鎖は常にアタシ達を縛り付けるんだ。さあ、歌おうよ、何がいい? グレイトフル・デッド? それともビートルズかい?

エージェント・島: …なあ、ここはもう誰も来れなくなる。ここは閉じ込められた街になる、それでも、…誰からも忘れられるとしてもか?

SCP-1121-JP-A-12: ああ、いいさ。アタシは一緒に消える、アタシ達は星の輝きを信じていたが、光る星だって同じ場所で[編集済み]し続けりゃいつか消えるだろ? 夕焼けと煙の街。満天の星空の向こうに、降りしきる雪の先に。アタシ達は一体になり、煌めきになり、魂すら古き良き美しき時代のまま薄れていく。そしてこの街と一緒に行き着くのさ、あの街へ、雪と月あかりの街へ

エージェント・島: …夕焼けと煙の街。…俺は、…インタビューを終了する

«記録終了»

この後、日時を改めてSCP-1121-JP-A-12へのインタビューを行いましたが、前回時の記憶が消失していることが判明しました。また、このインタビュー結果を受けた調査により、SCP-1121-JP-Aのうち数名が1965年以降に日本各地で発生していた行方不明事案の該当者と酷似した容姿を持つことが判明しました。該当者の共通点等は現在調査中ですが、そのうち数名は特定のカルト教団と関わりがあると判明しています。

補遺2: 20██/██/██、SCP-1121-JP内部調査を担当していたエージェント・島が無断でSCP-1121-JP内に侵入、即時の確保が行われました。以下は確保直後のエージェント・島に対するインタビュー記録です。なお、インタビューはSCP-1121-JP内に年齢の面で侵入不可能なエージェント・新田により行われました。

インタビュー記録1121-JP-A-18 日付 20██/██/██

インタビュアー: エージェント・新田

対象: エージェント・島

«記録開始»

エージェント・新田: これは公式記録となります。では、まず聞きたいのですが、なぜあんなことをしたんですか?

エージェント・島: (数分間にわたる沈黙)

エージェント・新田: 黙秘ですか?

エージェント・島: お前には言っても分からんだろうからな

エージェント・新田: それは私が決めることでしょう

エージェント・島: いや、分からない、絶対に分からないんだ。あの時代を生きていなければ。古き良き美しき、俺たちの時代を生きていなければ

エージェント・新田: …つまり、貴方はあの時代に戻りたかったんですか?

エージェント・島: そうじゃない、戻りたいわけじゃない。…お前には分からないだろう、俺たちはあの時代に生きていたんだ、必死に、我武者羅に、生きていたんだ。お前たちの時代を作るために

エージェント・新田: …そうですか

エージェント・島: だがどうだ、今は。俺たちの時代は何処へ行った、俺たちの時代はあそこにしかないんだ。俺たちは薄れ、お前たちはお前たちがこの時代を造ったとばかりに我が物顔で。未来は俺たちを否定する、未来は俺たちを傷つける

エージェント・新田: 理解しかねます

エージェント・島: ああ、そうだろう。分からないだろう。進もうとするお前たちには。俺たちは疲れたんだ、俺達は戻りたいわけじゃない。あの思い出と一緒に、満天の星空、降りしきる雪の向こうへ、俺たちが帰り着く場所へ消えていきたい。忘れられるのならあの時代と共に忘れられたい。俺たちを忘れてくれ、あの時代と共に。頼む、俺たちを忘れてくれよ、思い出に酔える古き良き美しきあの時代と共に。俺たちは未来には必要ないんだ。お前たちがあの廃墟の街へ入れるなら話は別だが

エージェント・新田: …インタビューを終了します

«記録終了»

エージェント・島はこの後、クラスA記憶処理を受け、SCP-1121-JP関連の職務からは外されたものの、現場に復帰しました。この事案から、SCP-1121-JP内部に侵入可能な人物は、侵入回数に比例しSCP-1121-JPへの回帰願望と類似した精神影響が及ぼされる可能性が指摘され、特別収容プロトコルの見直しが進められています。また、特別収容プロトコルが見直された場合、その異常性から医療的保存技術の発展が無いと仮定すると、約100年後にはSCP-1121-JP内部への侵入は不可能になると推測されます。

補遺3: 20██/██/██、第7次SCP-1121-JP内部調査において、同一内容のメモが███枚発見されました。以下はその内容です。

SCP-1121-JP関連文章-02 - 発見日付 20██/██/██

いろんなことにあきたらかえっておいで


ずっとまってるよ


酩酊街より、愛を込めて

この文章の発見により、SCP-1121-JPと酩酊街、如月工務店の間には何らかの関係があると推測され調査が進められています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。