SCP-1127-JP
評価: +10+x
SCP-1127-JP.jpg

発見時のSCP-1127-JP-3。

アイテム番号: SCP-1127-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1127-JPの完全な収容は、その性質のため事実上不可能です。SCP-1127-JPによるインシデントが発生した場合、機動部隊さ-6("アミティ保安部隊")によってカバーストーリー「シリアルキラー」を適用し、関係者にクラスB記憶処理を行ってください。SCP-1127-JP-3は低危険度物品収容ロッカーに収容されています。現在SCP-1127-JPに関する実験、並びにSCP-1127-JP-3の閲覧及び持ち出しは禁止されています。

説明: SCP-1127-JPは、特定のテンポ・周波数を持つ一連の旋律です。これは1975年に発表されたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「JAWS」の劇中で用いられた、ジョン・ウィリアムズ作曲「メイン・タイトル~最初の犠牲者」に類似しています。

SCP-1127-JPは何らかの方法1で12小節以上演奏された時、その異常性を発現します。SCP-1127-JPの12小節3音目の八分音符2(以下SCP-1127-JP-1)は、いかなる手段によって演奏しても、必ず波形がノコギリ波状になります。また、演奏が23小節目に到達した時、SCP-1127-JP-1を聞いていた全ての生物(以下SCP-1127-JP-2)の身体に、大きな顎で噛み千切られたような傷が出現します3。歯形などからこの傷は大型のホホジロザメ(Carcharodon carcharias)による咬傷と一致していることがわかりました。この傷はSCP-1127-JPの213小節4音目の付点八分音符4を聞いたSCP-1127-JP-2を除く全てのSCP-1127-JP-2が死亡するまで、大きさや現れる部位を変えながら15~30秒ごとに出現し続けます。このときSCP-1127-JP-2が死亡していても、条件が満たされるまで傷は出現し続けることに留意して下さい。

SCP-1127-JP-3は、 SCP-1127-JPの楽譜が印刷された37枚のコピー用紙です。SCP-1127-JP-3は19██/08/██、行方不明とされていた編曲家の████氏の自宅の書斎にて発見、回収されました。SCP-1127-JP-3の最終ページの下端には████氏のものとみられる筆跡で以下のような殴り書きが残されています。████氏と要注意団体との関連性は現在も調査中です。

補遺-1127-JP1: SCP-1127-JP-3に記されていた殴り書き

真に優れた音楽は、全てを奪う。
心も、体も。
Are we cool yet?


補遺-1127-JP2: 事件-1127-JP-20██09██以降、財団は国内外における全ての「メイン・タイトル~最初の犠牲者」のアレンジ楽曲の発表を監視しています。

補遺-1127-JP3: 20██/10/██、[編集済]氏の隣に居住していた██一家の行方不明者届が受理されました。SCP-1127-JPとの関連は不明です。

補遺-1127-JP4: 20██/██/██、[編集済]氏が回復したとの連絡を受け、エージェント・家永によるインタビューが行われました。以下はその記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。