SCP-1129-JP
評価: +157+x
IMG_1348.JPG

SCP-1129-JP

アイテム番号: SCP-1129-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1129-JPはサイト-8102の小型生物収容室に収容されます。日に2度の食事については人間の一般的な食事内容と同様のものを用意してください。SCP-1129-JPには週に1度二日に1度、カウンセリングを実施します受診させます。SCP-1129-JPと初対面の人員はやり取りをスムーズにする為、SCP-1129-JPの本名を認知していることを明らかにすることが推奨されています。SCP-1129-JPはその起源と推測されるスペイン圏の財団施設への移送が検討されています。移送計画は凍結されました。

SCP-1129-JP-1は同サイトの第7格納庫にて技術部門による研究と修理が実施されています。回収された各部品は特殊作業収容室での保管を除き、月に一度技術部門からSCP-1129-JPに修復状況の経過報告を聴取させ、意見交換を行ってください。SCP-1129-JP-1の修復が完了した後の処遇については、現在検討中です。

説明: SCP-1129-JPは航空機の操縦に関する知識を保有したカワウソ(Lutra lutra)です。全長40cm、体重4kg、生後3年ほどの個体であると推定されますが、その知能は人間の10代後半程度まで発達しており、キーボードのタイピングなどを用いて人間と意思の疎通が可能です。この際SCP-1129-JPはカタルーニャ語1によるアイデンティティを持つ人格を示します。SCP-1129-JPは自身を「アヒージョ」2という名であると主張します。

フライング・アヒージョ.jpg

SCP-1129-JP-1

SCP-1129-JP-1はSCP-1129-JPが機体を操縦するための異常な改造が施された航空機です。特筆すべき点として、20もの未知の機関が増設されているほか、動力にガソリンを必要とするにもかかわらず、排気機構が存在せず、また給油機構に隣接して真水(H2O)の注入口が存在しています。また、コックピット内にはスプリンクラーが設置されており、操縦者であるSCP-1129-JPが操作することにより内部に水を散布し、水浴びが可能な構造になっています。このためコックピット内は徹底した防水加工が施されています。

SCP-1129-JPは20██/██/██、日本のサイト-8181の上空に突如出現しました。同サイトから航空機動部隊が出動しましたが、接触する直前にSCP-1129-JP-1はバランスを失い、サイト敷地内に墜落しました。この時SCP-1129-JP-1は大破しましたが、操縦していたSCP-1129-JPは防護装置が作動し、軽い打撲を除けば無傷で確保されました。収容施設への損害は出ていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。