SCP-1148
rating: +1+x
window.jpg

収容前のSCP-1148

アイテム番号: SCP-1148

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1148は今後、SCP-1148-1と呼称される窓の上に留められます。この目的のため、SCP-1148-1は2つの標準収容室を区切る壁に埋め込まれることになっています。入り口の方の部屋には100W以上の照明をつけておき、2つ目の部屋は消灯しておいてください。電力損失が発生した場合、24時間分の化学発光源を用意することが義務付けられています。部屋のセクション間の照明の強さは決して75W以上の差を下回ってはいけません。

説明: SCP-1148は現在、SCP-1148-1で維持されている反射風景です。これは以下に概説される軽微な差異を除いて、SCP-1148-1の表面上に自然に現れる反射と同じように見えます。SCP-1148は、存在しているガラスの透明性にも関わらず、SCP-1148-1を通した視界を完全に遮ります。

SCP-1148-1の照らされている面を視認した被験者は、最初、通常の反射であるという以上にSCP-1148の存在を認知しません。SCP-1148-1を反対側から見た場合は反射がなく、無症状であることが判明しています。約15分の曝露の後、まず以下に文書化されているような症状を示します。以下のような効果が記録されています。

  • SCP-1148の後ろにあるものについてのパラノイア
  • 「見られている」という感情
  • 遠ざかりたいという欲求にも関わらずSCP-1148を観察したいという執着

これらの症状が現れてから5分以内に、被験者はSCP-1148の一部として瞬間的に人影が見えると報告します。実際の反射の一部としては確認されていないこれらの人影は、黒いフードを被り、一組のぎらつかせた瞳を持つ、大きな翼を持った二足歩行の男で、意図的に視認しようとすると消失すると表現されます。

更に5分の曝露を行うと、被験者はSCP-1148に接近したいという非合理的な欲求を表します。理由は様々ですが、しばしばSCP-1148-1が解放されていない、何にも覆われていないにも関わらず、SCP-1148-1を閉じたいもしくはブラインドを閉めたいと説明します。

SCP-1148から2cm以内の範囲まで近付くと、被験者に見えない力が働き、引き寄せられる様子が目撃されます。外部から観察している人物からは視認できませんが、ヒステリックを引き起こした様々な犠牲者はSCP-1148から身体のない一対の腕が伸びてくると描写します。前述する腕は肘の辺りの長さまで伸びており、人間型であると仮定され、SCP-1148の内部に被験者を引きずり込むように作用します。このイベントが発生して戻ってきた被験者は未だに存在しません。

補遺: 現時点では、SCP-1148を単独で収容する方法は確認できていません。SCP-1148-1の両面を均等に照らすことでSCP-1148が除去されるであろうことは予想されますが、収容前に収集された情報より、別の適切な反射面に転移する可能性が非常に高いと考えられています。SCP-1148の全ての既知の外観は、背後に少なくとも1mの空間を有し、全体が光を透過することのできる裏打ちされていない垂直プレート上で発生しています(窓、スライドドア、フロントガラスなど)。近接性がこの転移の決定要因だと考えられていますが、収容違反のリスクが大きいために実験は見送られています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。