SCP-1155
評価: +3+x
1155.jpg

廃止された駅に移転したSCP-1155

アイテム番号: SCP-1155

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1155は、現在███ █████市都市部にある放棄されたショッピングセンターの駐車場に閉じ込められています。建物は使用禁止となっており、建物も駐車場も財団のフロント企業█████████ ████の警備員の姿をした職員を立てて関係者以外の立ち入りを禁止することになっています。一般市民はこの場所への立ち入りを禁止され、またその理由を尋ねた場合は標準カバーストーリー47 ― "建物倒壊の危険/陥没あり"が与えられます。SCP-1155は常に動作追跡機能付きの監視カメラによる監視が行われている必要があります。もしSCP-1155が姿を消した場合は、機動部隊Pi-1("シティスリッカーズ")にすぐに連絡される必要があります。職員は通常SCP-1155の観察を肉眼で行わず、間接的な手段で行うよう心がけてください。

SCP-1155がいるどのような平面でも、標準クラス2携帯収容装置や場合によっては車両・コンテナ・瓦礫などを利用して、人目につかないよう覆うべきです。後述する事件1155bの事件から、完全にSCP-1155を覆い尽くすと移転を早めるという見方が強まりました。修正された手順では、必要最小限一般の目に触れない程度にSCP-1155の周囲から撤退することが推奨されています。ただし、一般の目に触れやすい場所に現れた場合や、一般市民の立ち入りを阻止しにくい場所に移転した場合はこの限りではありません。

現在のところ、既知のいかなる手段を用いてもSCP-1155を完全に封じ込めることはできません。約2~4ヶ月周期でSCP-1155は他の都市環境に移動します。移動距離は観測されている限りでは最短で15メートル、最長で800キロメートルです。移転は以下の条件によっても派生します:

  • SCP-1155の付着している平面を傷つける
  • SCP-1155の攻撃を妨害する
  • SCP-1155を覆い隠して見える部分を減らす

ゆえに、現在の閉じ込めはSCP-1155の移転先の早期特定と一般の目からの隔離を中心に行われています。もし移転が発生した場合は、機動部隊Pi-1が即時展開され、地元の職員とともに新しい移転先を可及的速やかに発見し、再度閉じ込めを行い、目撃者の拘束を行います。SCP-1155の襲撃からの生存者は拘束され、無傷の目撃者はクラスA記憶消去を施された後解放されます。

説明: SCP-1155は、引き締まった前肢と鉤爪状の手とフクロウの頭と羽毛を持つヒト形の生物を描いたストリートアート(あるいは落書き)として現れます。描かれたポーズは様々ですが、たいてい襲いかかろうとしているような体勢で、眼は見る者を追いかけます。

この絵を見た者は、もっと近くで良く観たくなる衝動に駆られます。犠牲者はドキドキする魅力と近寄りたくなる欲求を感じたことを証言しています。この現象はSCP-1155の異常な特性をあらかじめ知っていれば、振り払うことが可能です。

もし標的が2メートル以内に接近して、かつその時他の人間に見られていない時、標的は猛烈な攻撃により、大きな裂傷を負い、手足をちぎられ、柔らかい体の部分を一部または全部失い、頭部にくちばしか鉤爪の貫通したような傷跡を負うことになります。この攻撃は終わるまで約6秒間かかり、攻撃が終わるとSCP-1155も犠牲者も姿を消し、SCP-1155は7日以内に通常通りの移転と同じようにどこか他の場所に出現します。攻撃は、襲われる前に他の人間が犠牲者を視界に入れることにより阻止することができますが、この方法は推奨されません(事件1155aの記録を参照)。犠牲者がどこに連れて行かれるのかを探るためGPSを使った試みが成されましたが、失敗に終わりました。

何度か予め決められたタイミングで攻撃の妨害を行って検証をした結果、攻撃は決まった順序で行われることがわかりました。まず標的を押さえつけ、次に眼球と舌を切り取り、素早く足と手を切断、その後標的から内臓を取り出し、胃や腸を取り除くというものです。およその場合の死因はショック死や出血多量ですが、目撃されたことによって攻撃が妨害されなかった場合、つまり犠牲者がSCP-1155と共に姿を消した場合の死因は不明です。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。