SCP-1156
評価: +1+x
wellington.jpg

帽子を被るSCP-1156

アイテム番号: SCP-1156

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1156はサイト73にある厳重屋外実験施設に隣接する厩舎に収容し、その種の非異常性の動物に相応しい水、食事、寝具、手入れ、健康診断を施します。SCP-1156の厩舎は毎日清掃します。実験が予定されていない場合、SCP-1156は日中の間、運動と放牧を目的とした厳重屋外実験施設への監視付きの出入りが認められています。SCP-1156による衣類の変化は記録し、監視します。

現在SCP-1156の協力は、財団に雇われているという条件に基づいています。適切な行動が見られる間、SCP-1156に低優先度で、その能力に適切な"仕事"を割り当てます。SCP-1156は隔週英国の最低賃金と同価値の仮証券を"給与"として支払われ、控除が法的に認められた賄い付きの部屋を与えられ、サイト73需品係から承認された雑貨をこの仮証券で購入する事が認められています。財団職員との協力を怠った場合、上記の特権を剥奪します。

財団はSCP-1156の特徴を持った更なる馬の出現に備え、英国の家畜の馬の売買と搬送を監視します。そのような標本を確認した場合、財団は素早くその動物を獲得してサイト73で個別に収容します。

説明: SCP-1156は種類不確定で年齢不詳のオスの家畜のウマ(Equus ferus caballus)で、体高は約1.7mあります。SCP-1156の舌、口蓋、唇、声帯は非異常性の馬では見られない形状をしており、人間の会話で使われる音素を出します。SCP-1156の脳は非異常性の馬と比べて約██%大きく、複数の未知の目的・機能の解剖学的領域を有します。

SCP-1156は知性を持ち、歴史的に英国イーストエンド・オブ・ロンドンの訛り(一般的に使われている"ロンドン訛り")に類似した英語を話し、財団の保護に入る前はロンドンのホワイトチャペルで出生し、育ったと主張します。SCP-1156は自身を"ウエリントン・G・ワンダーホース"であり、イーストエンドで公然と生きている知性ある馬のコミュニティの1頭だと説明します(財団の調査はまだこの主張の確証を得ていません)。SCP-1156は口でペンを持って筆記をする能力等、その唇、歯、舌を用いて道具や単純な機械を操作する限定的な能力を示します。

SCP-1156は限られた念動力を有し、大型の馬に合うように仕立てられた自然に出現した衣類を着る能力を示します。SCP-1156は様々なスタイルのネクタイ、コート、メガネ、マスク、紋章旗、ハーネス、馬勒、はみ、研究職員が要請した物体、関節式プレートアーマー一式等の他の衣類を生成する能力を示しますが、シルクハットと金色の刺繍に"W.G.W"のモノグラムがあるライトブルーのスカーフを最も頻繁に衣服として着用します。SCP-1156が出した衣類は、SCP-1156が別の衣服を切る時に自然と消失します;この衣類の出処と、最終的な消失の原理は不明です。衣類の法医学検査で、これらが一般的な布と金属で構成されており、衣類自身に異常特性は無い事が示されました。

20██年、SCP-1156はマーシャル・カーター&ダーク株式会社が所有する英国[編集済]のカントリークラブを襲撃した後に財団によって獲得されました。SCP-1156は6ヶ月前に馬車馬の募集に応募した所、MC&Dに捕虜にされてクラブの客の為に様々な仕事を強制させられたと主張しました。SCP-1156は自身を馬車馬のプロであると説明し、この時財団はその目的の為に財団で雇用すると説得しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。