SCP-1157
評価: +2+x
SCP1157Mugshot.jpg
SCP-1157-1

アイテム番号: SCP-1157

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1157の全個体はセクター07の標準隔離エリアに繋がる3m×2m×3mの居室で別々に収容されます。11:00PM EST(東部標準時)から翌朝AM6:00までは部屋からの退出が禁止されます。集団鎮圧の訓練を受けた武装警備員12人による警備が必要です。SCP-1157-1は他個体の収容エリアから隔離した居室に収容されます。

SCP-1157個体に接触する全ての職員は高レベルの情報秘匿を行わねばなりません。財団スタッフの名前、プロジェクトの情報、SCP-1157収容エリアの封じ込め手順を口に出してはなりません。SCP-1157との言語コミュニケーションは、Torres博士の許可が無い限り限界まで少なくしてください。SCP-1157と接触する際は、個人を識別可能な衣服や所持品を伴ってはいけません。機動部隊ガンマ-7メンバーを含む財団職員は、SCP-1157の収容および研究の際にデジタル暗号化済みのIDのみを所持するよう徹底しなければなりません。

封じ込め外にあるSCP-1157個体の捜索および捕獲のため、機動部隊ガンマ-7"ハーメルンの笛吹き男"が編成されています。SCP-1157の基本的な情報に加え、写真、指紋、DNAサンプルが主要な法執行機関に配布されています。各国政府や他の機動部隊との連携はケースバイケースで承認されます。殺傷力の高い武器の使用は緊急時のみに限ります。

分岐イベントの間に、SCP-1157担当職員はプロトコルG-7の準備を起床コールまでに進めて下さい。

説明: SCP-1157は茶色の髪と青い目を持つコーカソイドの男性です。SCP-1157個体の1人(SCP-1157-1と呼称)があるテロリスト集団の一員であるとしてアリゾナ州███████の地元警察に自首した際に、対象の異常な特性が発見されました。SCP-1157が警察の留置所にいる間に分岐イベントが発生したことで財団の注意を引き、封じ込めおよび研究のためセクター07に移送されました。

およそ4週間ほどの間隔で、全てのSCP-1157個体が3:08AM ESTに同時に分岐イベントを発生させます。SCP-1157が眠っている間に、各個体が2体の同一個体に分裂します。分岐イベントは強い光とエネルギーの放出を伴うため、機械による記録ができません。SCP-1157が身に着けていた衣服その他は、対象が寝ていたベッドの上に配置されます。

プロトコル-G7は分岐イベント後すぐに実行されます。収容エリアが沈静ガスで満たされます。ガスマスクを装着したセキュリティチームが収容室内に入り、生成された対象を安楽死、研究、廃棄のため持ち出さなければなりません。

SCP-1157は限定的な意思共有の能力を持ちます。各個体各自の人格を持ち別個の行動をとることができますが、同時に他の全個体の表層思考や感情を感じ取っています。

対象へのインタビューによると、SCP-1157初期拘留の時点で既に分岐イベントが5回発生しています。収容後には3回発生しています。推測により、現在のSCP-1157の状況は下記の通りであると考えられています。

  • 32の個体が収容中。
  • 34の個体は死亡を確認。
  • 45の個体は封じ込め後に安楽死。
  • 86の個体が所在不明。

補遺1:


補遺2:事件報告

O5メモ:収容するSCP-1157の数を減らす提案は却下する。沈静状態に置いた我々のSCP-1157-1個体は数を増やしつつある。ガンマ-7が好戦的個体の数を無事削減することができれば、協力的な多数派により残党を寝返らせることができるだろう。その時まで、SCP-1157には優位に立っていると考えさせておく必要があるのだ。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。