SCP-116
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-116

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-116は16m×16mの独房に収容してください。独房はケブラー1で構成し、表面すべてを1mの微孔性ゴムパッドで覆ってください。職員は適切なブリーフィング及び脅威低減処置(補遺Ⅲを参照)なしには独房に入れません。独房は6人のエージェントによって常に監視されなければなりません。4人は独房の角の、2人はSCP-116の監視に配置してください。独房に入るエージェントは先の尖った物体や侵襲的検査器具を持ち込まないでください。外側の監視としてVBS05クラスの隠されたボタンカメラを独房の天井の角に配置してください。外側の監視は2人のエージェントによって行われなければなりません。不審な活動が始まった場合、アキレウス処理Δを開始してください。全ての監視エージェント(内側担当でも外側担当でも)は標準の1週間毎の精神医学的分析に加え、2ヶ月毎にIQテストを受けなければなりません。エージェントの顕著なIQの低下(≥ 5pts.)は長すぎる接触とみなし、標準的隔離指示に従って処置されなければなりません。

説明: SCP-116の外観は9歳前後のコーカソイド男性です。皮膚は身体、四肢、頭部の98%にわたって焼かれたり傷つけられたりしています。SCP-116の骨格構造は標準的なHomo sapiensの骨格配置と著しく異なっており、全ての骨は危険なほど壊れやすくなっています。人類の身体とSCP-116の身体との最も顕著な違いは、後者の関節の不在です。SCP-116は自立した動きを完全に行うことができますが、その動きにより複数の粉砕骨折を影響された全ての骨に引き起こします。これに対処するため、SCP-116は驚くべき自己治癒を見せ、数分間で完全に硬骨の配置を再生します。SCP-116は獲得以来言語を使用する能力を示していますが、彼が話すことができる言語は片言の英語のみであり各単語はほとんど脈絡のないものに置き換わっています。SCP-116の話を理解しようとする長時間の試みは研究者の長期的な精神退化を引き起こしました。単語の置き換えには規則性がないように見えますが、翻訳しようとする試みは続いています。研究により、SCP-116は低レベルのテレパシーが使用でき、そのために犠牲者の脳機能を長期間にわたって低下させられるのではないかと推測されています。


補遺Ⅰ:

Sgt. █████ ████ [19-0529]

連絡メモ: 5月29日、████

件名: SCP-116の自殺傾向の発生

NB: SCP-116は強い自殺傾向を示し始めました。対象の不適当な損傷を避けるために監視と収容プロトコルの修正の適用を申請します。


補遺Ⅱ:

███████ ███████博士 [19-1429]

SCP-116 言語ノート: 6月19日、████

116の一連のユニークな言語への興味が募ります。わたしとわたしのチームによる研究の継続はこのような基礎的と言える成果を成し遂げました。

添付ファイル – 116linguistics_aA0.001.doc

なぜ116がこのような方法でコミュニケーションをとるのか明確な理由は明らかにされていません。話される単語は英語のものですが、単語が扱われるパラメーターは著しく異なっています。SCP-116に言語を筆記させる試みは、骨格の異常性のためまだ行われていません。痛みを経験しすぎて受容体が鈍っているとしても、116にとっては話すことですら大変な挑戦です。わたしがこの対象に特別な興味を持っているのは、対象の通常の英語に対する反応の仕方が驚くべきものであるからです。対象にとってわたしたちが被験体に話しかけている内容は、わたしたちにとっての対象がわたしたちに答える言葉のように無意味に(意味があればの話ですが)聞こえているのは明らかです。今までのサイト-19における勤務の中でも、このような言語的なものは見たことがありません。わたしは研究を続け、発見を記録する予定です。


補遺Ⅲ:

Lt. ██████ ██████ [19-0349]

連絡メモ: 6月30日、████

件名: SCP-116が示す新たな自殺傾向に対する懸念とそれに関係しての手続き。

i) 8ポンド以上の重さの固体は独房に持ち込まないでください。

ii) 内部の警備員は全員犬歯を尖らなくなるまで削ってください。

iii) セキュリティレベルはrT5まで引き上げられました;入室前に全身の空洞検査とX線が承認されています。

iv) もしSCP-116に窒息や低酸素の徴候が現れたら、内部警備員によって救急CPRが行われなければなりません。

SCP-116は死の危険性がない場合においても、意図せぬ終了を防ぐために生命維持装置に接続すべきであると提案されています。


補遺Ⅳ:

Sgt. █████ ████ [19-0529]

連絡メモ: 7月11日、████

件名: 'SCP-116に関する研究の停止'

SCP-116を扱うすべての研究はいかなるものであっても新たな通知があるまでただちに停止されます。SCP-116の言語ならびに遅発性テレパシーを以前研究していた██████博士は、認知症および統合失調症の症候がすべて消えるまでこのサイトから移送され単独監禁されることになりました。SCP-116に関与したすべての職員は新たな通知があるまで隔離されなければなりません。SCP-116に身体的接触をしたすべてのエージェントは全骨髄の移植を執行されなければなりません。内部警備員には終了措置が提案されています。


補遺Ⅴ:

Col. █████ ████ [20-0212]

件名: 'SCP-116プロジェクトの停止'

連絡メモ: 3月20日、████

SCP-116の自殺傾向により、関与した職員への有害な影響そして研究の有用な進行が有意に見られないことから、管理された環境におけるSCP-116の自己終了をわれわれは許可すべきであると提案します。こいつは、今までずっと、成果の上がらない資源の浪費だったことが証明されています。おそらく死後解剖がわれわれに今まで得ることのできなかった回答を与えてくれるでしょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。