SCP-116-JP
評価: +40+x

アイテム番号: SCP-116-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-116-JPは、不透明の鍵付きプラスチック製書類ファイルに入れた上で特別貴重品保管庫に収容してください。SCP-116-JPに対するいかなる管理もカメラ付きの遠隔操作マニピュレータを使用すべきです。
 
SCP-116-JPを研究目的で使用する場合、レベル3研究員の承認が必要になります。SCPとの視覚による直接接触はDクラス職員が行わなければなりません。この際SCP-116-JPの損傷を防ぐために強化ガラス製の額にSCP-116-JPを入れ、更にサイズの合う箱に入れておくべきです。
 
研究員がSCP-116-JPの内容を知る必要がある場合、保存された画像ファイルをレベル2以上の研究員の承認の元閲覧することができます。

説明: SCP-116-JPは、未知の建築物の設計図が書かれた四ツ判大サイズの軍道紙です。SCP-116-JPに描かれた建造物は、実際に建築すると自重で崩壊することがシミュレーションの結果判明しています。記載された情報には、187█年(明治█年)に建造予定の公的機関であるとされているのですがその様な情報は発見されませんでした。また作者名も示しておらず発祥は依然不明のままです。

SCP-116-JPは████/██/██に起こった██県の大学にある建築学科に務める██教授の不審死に絡む事件から発見されました。██教授は自宅の床下収納内で両手の指が欠損した状態で発見され、コンクリート製の床はおそらく素手で無理に穴を掘ろうとしたのか多数の引っかき傷と血痕に覆われていました。司法解剖の結果、死因は餓死とされていましたが当初は殺人事件の可能性も含めて調査されていました。財団の定期的な不審死調査のなかこの事件が注目され、現場検証への介入によりSCP-116-JPを含む多くの遺品が一時回収されました。幸いに██教授は一人暮らしであり、またSCP-116-JPは事件とは無関係と判断されていたため検査もされず、他に被害者はありませんでした。

財団による内部操作により、この事件は「床下収納内で軽度の酸欠に陥った██教授が混乱した結果」のものとされ、いくらかマスメディアにも取り上げられましたが大きな影響もなく事件は今現在話題に上ることはありません。

SCP-116-JPの異常な効果は、SCP-116-JPに描かれた設計図を直接観察することで発動します。SCP-116-JPの影響に晒された被験者は軽いめまいや息切れ、ひどい場合は失神や嘔吐の症状を顕にします。これは一時的に血中の酸素濃度が低下する事の影響であると身体検査の結果分かりました。これがSCP-116-JPの直接的な影響なのか、心理的動揺に由来するものかは現在研究中です。

その後、被験者は高さに対する相対的な認識を持つことができなくなり、自分が不安定な高所にいるという妄想を抱きます。症状は段階的に進行し、初期においては脚立や階段などを登ることに強い拒否感を示し始めます。その後彼は自分の立っている場所の高さについて知るたびにその拒否感は強まります。被験者は建物において決して上階に登らないようになります。仮に地下階があった場合、可能な限り階下に向かおうとするでしょう。最終段階において、被験者は誰の目から見ても異常な行動に出ます。自らの身長に由来する高さにすら恐れを抱き、地面にうつ伏せになることを選び、移動の際は目の前の床ないし地面を叩きながら四つん這いで這い回るようになります。

被験者の高さに対する認識と恐怖の度合いによっては、被験者が「信頼できる」と判断した柱などにロープなどを使って固定し始めたり、一心不乱に下方向に向かって穴を掘り続けるなどの行動を伴います。これらの症状にはAクラス記憶処理が適切であると、実験により確認されました。
  
SCP-116-JPのデジタルコピー、及びその印刷物からはこの異常な性質は発現しませんでした。SCP-116-JPの性質がオリジナルの持つ独自のものであるのか、デジタル上で特性が失われたのかは現在不明です。

補遺: ████/██/██
SCP-116-JPの特性の詳細な調査、特に効果の特性の鍵となるものを探るために多数の人間、及びその他の視覚能力のある動物を使用し実験を行い、いくつかは現在進行中です。

実験においてSCP-116-JPへの視覚的接触はサイト██の密閉型実験室及び監視用個室を使用する。
被験者の凶暴性を引き上げる効果を持たないことは知られているが、被験者の精神状況によりいくらかの混乱が生じる可能性があるため、監視カメラと室内放送でコミュニケーションをとり、催眠ガスを室内に噴出させる準備を怠らないこと。
人間以外の動物を実験に使用する際は、特に注意するべきである。
Dクラス使用の際は実験中に限り月ごとの解雇を延長する。

尚、日付は被験者がSCP-116-JPを視認した日を示す。

以下、実験記録を記す。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。