SCP-1164
評価: 0+x
concreteslab.jpg

不活性状態のSCP-1164

アイテム番号: SCP-1164

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1164は、サイト██において、鉄の足場の上に乗せて床から1メートル離された、密閉された部屋に封じ込められます。封じ込め室のすべての面は、内部支持材としてレンガを使ったステンレスでできていなければならず、50メートル範囲内の全ての建物も同じようにします。加工した石、未加工の石、コンクリートはSCP-1164の封じ込め範囲内に入れてはいけません。

説明: 不活性の間は、SCP-1164は舗装に使われる寸法3.7メートル×4.5メートル×0.3メートルのありふれた打ちっぱなしコンクリートの板に似ています。それは繰り返し野外の風雨に晒されていることに矛盾せず、摩耗とヒビ割れの兆候を示しています。それは遠隔操作で安全に扱うことができ、そうやって扱う場合には異常なことは起きません。テストにより、このSCPはたとえ不活性で普通の状態であっても、25メートル位内の石やコンクリートに対し、寸法が1メートル×1メートル×0.25メートル以上であればそれがどんな大きさであっても、その異常な性質を完全に移す能力があることがわかっています。

生きている人間又はその着ている衣類の一部がSCP-1164の表面に触れると必ず、その表面にくっつき、剥がすことができなくなります。触れてから約5秒経つと、被験者はSCP-1164の中に触れた場所から引きずりこまれていき、4人の男性の顔がSCP-1164の上部表面に現れます。被験体は毎分10センチの速さで吸い込まれていき、その間は切断して対象から物理的に剥がすことだけが吸引を止める唯一の方法です。対象の重さはこのプロセスの間は変化しませんが、もし対象の接触点のちょうど逆側の表面が外気に晒されている場合、吸引の速度は非常に遅くなります。SCP-1164に吸い込まれる被験者は一度に一人だけですが、同時に触れている接触点が多いほど吸引は加速されます。吸い込まれている被験者は対象の「中」にある体の部分全てが、重い局部麻酔をかけられたかのように、感じることも動かすこともできないと述べていますが、他の運動機能や認識機能は損なわれていません。

被験者が吸い込まれている間、被験者が発する物音や声は、現れた4つの顔によってBarbershop quartetスタイルのアカペラによってエコーされます。接触点から一番近い顔が四重奏のリードボーカルであり、板の上を時計回りにテナー、バス、バリトンが続きます。被験者が完全に吸い込まれると、突き出た顔に2つのうちどちらかの変化が進行します。吸い込まれた被験者が男性なら、「リード」の顔がテナーのものに似た顔に変化し、テナーがバス、バスがバリトンに、バリトンが吸収された被験者の顔に変化します。そうでない場合は、4つの顔の外見が単純にローテーションし、時計回りに「ワンステップ」場所を変え、4つの顔は表面に引っ込んで消えます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。