SCP-1171
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-1171

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1171は、あるテクニカルライターを装うことで自らの身分を隠している██████博士によって現在居住されています。裏庭を囲むように高い壁が建てられ、家の前から見ることができる異常な特性を示す全ての窓にシャッターが下ろされています。セキュリティーのため、下宿人を装ったエージェント数名が移り住んでいます。

説明: SCP-1171は、オーストラリア、クイーンズランド、██████にある二階建ての家屋です。1958年に建造され、これまでに数家族が住みましたが、その大多数について異常な活動の報告はありません。

SCP-1171の異常な特性は家の様々な窓に現れます。相対湿度に関わらず、結露の層が窓ガラス上に常に形成されます。この湿気の原因は未だに分かっていません。

実体(これによってSCP-1171-1と呼ばれています)が結露の上に書いて意思疎通をしてきます。まるで窓に沿って手と思われるものを動かしているかのごとく。SCP-1171-1のものだと思われる生物学的な痕跡は窓の上には発見できません。この文章の後に続けて書くことで互いに意思を伝えあうことができます。

SCP-1171-1はどうやら異世界の住民らしく、自らをBeauremontと呼んでいます。自分は人間ではないと主張し、人類に積極的に敵対しています。また██████博士が実体自身と似かよっていると信じています。対話ログSCP-1171-1-3からSCP-1171-1-14を参照してください。

最新のオーナーであるジョン・ワーサムが幽霊についての愚痴をこぼし、行政当局と財団のエージェントが迅速な調査を行いました。しかる後に財団がフロント団体を通して家屋を買い取り、ワーサム氏の記憶は改ざんされました。

対話ログSCP-1171-1-3

SCP-1171-1: "炭素製ノ猿ハ去レ"

██████博士: "やあ"

SCP-1171-1: しばしの間 "誰カ居ルノカ"

██████博士: "僕は██████博士"

SCP-1171-1: "ハジメマシテ.私ハBEAUREMONT"

██████博士: "どこにいるんだい?"

SCP-1171-1: "我ガ家ノりびんぐるーむダ.貴方ハドコニ?"

██████博士: "そことは違うリビングルーム"

SCP-1171-1: "素晴ラシイ.ソコデ何ヲシテルンダ?"

██████博士: "さあね。君もそうだろ?"

SCP-1171-1: "知的ナ誰カサント話セテ嬉シイヨ" 5つの小さな点付きの楕円と曲線が出現。2つの点は下の方、一つは上、残る二つは左に。察するにSCP-1171-1版の"スマイリーフェイス"か。

██████博士: "他に誰かいるの?"

SCP-1171-1: "アア、大半ハ単ナル生殖体ト炭素愛好家ノ群レニ過ギナイ.例エ政治的二正シイ糞ダロウト知ッタ事カ"

██████博士: "生殖体?"

SCP-1171-1: "ソウダ.貴方モ知ッテイルダロウ,人間ダ.ソレトモ,ソッチニハ居ナイノカ?"

██████博士: 若干の思案、後回答 "いや。人間に付いて教えてくれ"

SCP-1171-1: "何ダッテ.アイツ等ハ最低ダ.ツマリ,イヤ勘違イシナイデ欲シイガ,私ハ人種差別者デハ無イ.私ノ最モ信頼スル友ハ人間ダ.デナケレバ我々ト同ジクライ素晴ラシイノニ,彼ラハ皮膚ヲ必要トスルノダ?ソウダロウ?"

██████博士: "そうだな。教えてくれ、君の見た目はどんな感じだ?"

SCP-1171-1: "ウム、平均的ナ可愛サ.七ツノ高イ蔓.茶色ノ甲羅.緑ノ生物発光.青イ目.貴方ハ?"

██████博士: "同じだ"

対話ログSCP-1171-1-6

SCP-1171-1: "博士、居ルカ?"

██████博士: "ああ。Beauremontは元気かい?"

SCP-1171-1: "マアマアダ.忌々シイ猿ノ進化シタ奴ニ負ケタ"

██████博士: "悪いこと聞いたな"

SCP-1171-1: "構ワナイ.少シ癪ニ障ルガ.原形質創リノ空気吸引袋ヨリ私ノ方ガ優レテイル事ヲ知ッテイル.私ハ懸命ニ働イテルンデネ"

██████博士: "ああ"

SCP-1171-1: "アイツラハヤッテ来テ,私達ノ仕事ヲ奪ッテイク…マッタク,博士,近イウチニアイツラハ私達ヲ何処カ遠クヘ追イヤル気ダロウ.トハイエ私達ガ暴力的ニナルベキダト私ハ言イタイノデハナイ,コノママダトソウナルダロウトイウダケノ事ダ"

██████博士: "そんな日が来ないといいね"

SCP-1171-1: "ソウダナ,誰モシナイダロウ.ツマリ,アイツラハソノママナラドウナルトイウモノデハナイ. シカシアイツラハヤッテ来続ケル.ツマリ,アイツラガ分相応ニ暮ラシテイルナラ,私ハ少々隣人ガ居テモ構ワナインダガ,貴方ノ子供達ガソノ中ノ誰カト結婚シテホシイカ?"

██████博士: "嫌だね"

対話ログSCP-1171-1-13

SCP-1171-1: "博士、居ルカ?"

エージェント█████: "彼は出かけている。私は彼のために彼の家を見張っている"

SCP-1171-1: "オ前ハ誰ダ"

エージェント█████: "私はジョン・ドゥ。人間だ"

SCP-1171-1: "何テコッタ.博士ガ人間ヲ知ッテイタトハ知ラナカッタ"

エージェント█████: "何か問題が?"

SCP-1171-1: "イヤイヤイヤ.ソロソロ博士ニ人ノ友人ガ出来テモイイ頃合イダ.彼ガ新タナ人類ト会エルノヲ知ッテ嬉シイヨ"

エージェント█████: "それを聞いて安心した"

SCP-1171-1: "変化ハ人生ノすぱいすダトイウノガ私ノもっとーダ.体調ハ如何?肌ハ柔ラカクイイ感ジカ?中身ハ流体デ満チテルカ?"

エージェント█████: "全く持って申し分ないよ、ありがとう.もう行かないと"

SCP-1171-1: "気ヲツケテ,ジョン・ドゥ"

対話ログSCP-1171-1-14

SCP-1171-1: "博士!博士!居ルカ?"

██████博士: "ここにいるよ、Beauremont"

SCP-1171-1: "博士ハ家ニ人間ガ居ルコトヲ知ッテイルノカ?"

██████博士: "ああ、彼は近いうちに越してくるよ"

SCP-1171-1: "ソウカ,私ハ彼ト少シ話シタ.少々オ喋リダガ,彼ノ場所ニ配偶子ヲ設置シヨウ"

██████博士: "分かった。彼はあまり迷惑をかけなかっただろうね?"

SCP-1171-1: "私ノ手ニオエナイモノハナイ.博士ハ彼ラトドウヤッテ会話スルカヲ知ッテイルダケデイイ.彼ラニ誰ガ支配者カ教エテヤッテクレ.ソレガ正当ナ事ダ"

██████博士: "心にとめておくよ"

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。