SCP-1177-JP
評価: +22+x

アイテム番号: SCP-1177-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 担当職員は24時間体制でインターネットを監視し、SCP-1177-JP-Aが発見された場合には直ちにデータを表層webから隔離し、その後2時間以内にデータ解析を行ってSCP-1177-JP-Aにアクセスし内容を視認したと考えられるユーザー(SCP-1177-JP-α)を全てリストアップし、それらの身元を特定してください。その後別動記憶処理班がユーザーのもとへ急行し、クラスBの記憶処理を施してカバーストーリー「脳震盪」を流布してください。発見されたSCP-1177-JP-Aは全てサイト-8119のバーチャルデータ隔離保管庫W-01に収容してください。SCP-1177-JP-Aを視認した職員も視認から50分以内にクラスBの記憶処理を受けてください。
SCP-1177-JP-Bが確認された場合には被害の規模を予測、確認した上で発生したSCP-1177-JP-βの調査を行ってください。また、必要に応じてカバーストーリーを流布し、FHグレード3以上の現実改変現象が発生した場合にはレベル4セキュリティクリアランス以上の職員10名の許可を得てアヌラ・プロトコルを発動してください。

説明: SCP-1177-JPはSCP-1177-JP-Aとそれに伴うSCP-1177-JP-α、SCP-1177-JP-Bとそれに伴うSCP-1177-JP-βの計4つから構成されます。

SCP-1177-JP-Aはインターネット上に不定期に出現する文書媒体です。現在██個が収容されています。主に24時間の間に多数の掲示板掲示板へのコメントやポップアップ、PDFファイルなどの形をとって一斉に出現します。作成者および送信者の特定には至っていません。
文面は「第██表 ????年度X月X日 死因順位(第1~5位+第4131177位)別 性別死亡数・死亡率・[削除済](人口██万対)・構成割合█」の一文のみであり、加えて全てのケースでそれを表したと考えられる表が付随されています。表には第1~5位に加えて第4131177位という本来ありえない1はずの順位を含めた6つの順位に関する「性別死亡数・死亡率・[削除済]・構成割合」についてのデータが記されています。「????年度」の部分はSCP-1177-JP-A発生時期の翌年となっており、データは「X月X日」より前1年間の統計だと考えられます。
SCP-1177-JP-Aを視認し内容を完全に読んだ人間はSCP-1177-JP-αに指定され、SCP-1177-JP-Bの影響下におかれます。記憶処理はSCP-1177-JP-Bの影響下脱出に一定の効果があります。コピーペースト等の複製物を視認した場合にはこの効果は発現しません。

SCP-1177-JP-BはSCP-1177-JP-Aに基づいて発現する現実改変現象です。SCP-1177-JP-αの中からSCP-1177-JP-Aの第4131177位の項目に対応したごく少数の人間が無作為に選ばれ、SCP-1177-JP-αに指定されてからSCP-1177-JP-Aの表に記された????年X月X日までの期間内に、同じくSCP-1177-JP-Aの第4131177位の項目に記された死因(SCP-1177-JP-β)により確実に死亡します。SCP-1177-JP-βの中には、現在厚生労働省に死因として指定されていない未知の疾患や病も確認されています。現在までに、財団の干渉によってSCP-1177-JP-αの数を抑制しSCP-1177-JP-Aにある記述との間に時空間矛盾を発生させ、SCP-1177-JP-Bを制御する試み2は全て何らかの事象により失敗しています。
また、SCP-1177-JP-βの中にはSCP-1177-JP-α以外の人間に対しても「あくまで死亡しない」が甚大な被害をもたらすものや、死因統計全体を例年に比べて大幅に改変し、重大な現実改変のトリガーとなる可能性があるもの等も存在します。

SCP-1177-JP-Aに記された第1~5位までのデータに関する「性別死亡数・死亡率・[削除済]・構成割合」はその翌年に厚生労働省から発表される死因順位統計のそれと完全に一致しています。また、前述の通りSCP-1177-JP-Aにて第4131177位となっているSCP-1177-JP-βは現実には存在しない順位のため、それによる統計全体への改変は起こり得ないはずですが、SCP-1177-JP-β-13のようなケースも確認されている以上はSCP-1177-JP-Bの効果範囲についての詳細はいまだ不明な点が多いと言えます。

補遺01: 2███年█月██日、新たに複数の大型掲示板にてSCP-1177-JP-β-██が確認されました。内容は以下の通りです。

対象: SCP-1177-JP-β-██(仮称)
発見日時: 2███/█/██
死因・死亡者数: 椰痲ヰ・██████人
概要: これまでの規模を大幅に超える人数のSCP-1177-JP-αから、財団の指定するFHグレード4に相当したため直ちにアヌラ・プロトコル発動準備がとられました。しかし、SCP-1177-JP-Aに記された「X月X日」を過ぎても、日本国内で「椰痲ヰ」なる死因、またそれによる死者は一人も確認されませんでした。

これまでのケースとは全く異なるSCP-1177-JP-αの数とその結果の特異性から、現在財団にてSCP-1177-JP-σと呼称し新規定に再分類するかが検討されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。