SCP-1181-JP
評価: +30+x

アイテム番号: SCP-1181-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1181-JPは、サイト-8122の低危険物品収容倉庫内に設置された冷凍庫に収容されています。家族、友人、恋人いずれかの関係にある職員1組以上がSCP-1181-JPに接近することは許可されません。

説明: SCP-1181-JPは、異常な特性を有している瓶詰めのピクルスです。瓶の側面にはマーカーペンで█████という名前が記されていますが、これが実在する人物のものであるか否かは判明していません。SCP-1181-JPは、周囲に家族、友人、恋人いずれかの関係にある人間が1組以上存在している際に異常性を発現して暴露させます。

SCP-1181-JPに暴露した人物が2名(片方をA、もう片方をBと表記)の場合、AはBとの記憶、BはAとの記憶が█████という名前の人物(SCP-1181-JP-aと表記)との記憶へと改変されます。暴露した関係者が3名以上である場合には、自分以外の全員との記憶がSCP-1181-JP-aとのものへ改変されますが、それによって生じた矛盾点を指摘したとしても、対象が異常を認識することはありません。また対象はSCP-1181-JP-aに対して強い親愛の情を示し、SCP-1181-JP-aが軽視されたと判断した際には非常に攻撃的になります。

SCP-1181-JPによる改変後、対象は本来上記の関係にあった相手を「SCP-1181-JP-aの知人であり、初対面の人物」であると認識するようになります。この影響は半永久的に持続することが確認されており、対象は何度面識を持ったとしても相手を「初対面の人物」だと認識します。また第三者が暴露以前の関係を説明した場合、たとえどのような証拠を提示したとしても、対象はそれをSCP-1181-JP-aを引き離すための"嘘"であると判断します。適切な処置を施すことで影響の持続を解除することは可能ですが、改変された記憶を元の状態に戻す方法は現在も判明していません。

200█/██/██、神奈川県██市在住の男性(当時27歳)が同棲していた女性を殺害する事件が発生しました。逮捕時に男性が所持していたSCP-1181-JPに警官2名が暴露、それが財団の目に留まり、神奈川県警に潜入中のエージェントによって回収されました。関係者には記憶処理が施され、暴露した警官2名はその後の経過を観察中です。
SCP-1181-JPは事件当日に女性が購入してきたものであることが判明しましたが、どこで入手したかについては一切記録が残っていませんでした。女性が如何なる経緯でSCP-1181-JPを入手したか、あるいは何処で荷物に混入したかについては調査が続けられています。

インタビュー記録1181-█

対象: 男性(当時27歳)

インタビュアー: 渋田研究員

<録音開始, 200█/██/██>

渋田研究員: それでは、貴方と被害者は本当に面識が無いのですね?

男性: はい。間違いなく彼女と私は初対面でした。

渋田研究員: 何故貴方が初対面である彼女を殺害するに至ったのか、その経緯をお聞かせください。

男性: はい。……あのおん、彼女に対して、私は最初からあまり良い印象を持っていませんでした。彼女が█████の知り合いじゃなかったら、さっさと部屋から追い出していたと思います。彼女も「コイツはいつまでここに居るんだろう」とでも言いたげな顔でしたが……暫くして、彼女は█████が買ってきた荷物を漁り始めました。

渋田研究員: それで貴方は?

男性: 流石に頭にきて、彼女に「今なら警察を呼ばないでやるから、とっとと私達の部屋から出ていけ」と……そうしたら彼女は「ここは私と█████の部屋なんだから出ていく必要は無い。頭がおかしいんじゃないか」と叫びました。そこからはもう売り言葉に買い言葉で……

男性: 私が彼女を殴ると……いえ、普段は女性に暴力を振るうなんて絶対にしませんが、あの時はとにかく頭に血がのぼっていて……彼女は私を突き飛ばして瓶を持って逃げようとしたんです。よりにもよってピクルスを、█████が大好きなピクルスを![5秒沈黙]そこからは記憶が飛び飛びで……気がついたら彼女が血塗れで、私は瓶と包丁を握り締めていて……あぁ![嗚咽]

渋田研究員: そこまでで結構。ありがとうございました。

<録音終了, 200█/██/██>

追記: 男性は"SCP-1181-JP-a(つまり改変前の記憶であれば被害者女性)はピクルスが好物"であると供述していましたが、被害者である女性にそのような嗜好は無かったことが確認されています。その後の実験で、暴露した人間は一様に"ピクルスはSCP-1181-JP-aの好物"であるという認識を持つようになることが判明しました。そのためSCP-1181-JPに接触する行為は"盗難"であると判断され、暴露した人間の激しい抵抗を引き起こします。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。