SCP-1186-RU
評価: +1+x
scp-1186-ru

SCP-1186-RU
(дата: ██.██.████)

アイテム番号: SCP-1186-RU

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1186-RUはサイト█研究部門の金庫に保管されています。オブジェクトへの試験は、レベル2クリアランス以上の職員に許可されていますが、提案された試験の計画はレベル3クリアランス以上の職員によって承認されている必要があります。全ての試験はサイト█の標準的試験室で実施し、半径50m以内に「女性用バッグ」の定義(補遺1186-C1-Alpha参照)に適合する項目がない状態で実施すべきです。実験の信頼性を確保するために、試験にかかわる全ての物品は放射性同位体で標識する必要があります。

注意!:妊娠状態にある女性職員がオブジェクトを扱うことは禁止されています。

説明: SCP-1186-RUはライトブラウンの女性者皮製バッグで、金属のバックル(サイズ32x47x21cm、重さ1.6kg)を備えています。同様のモデルは、19世紀初頭にヨーロッパで広く使われていました。オブジェクトの表面は、多数のかすり傷および他の機械的損傷を有しています。 バッグはおそらく鹿のものである本革で作られており、サテン生地の裏地がつけられています。ファスナーの素材はスチール(炭素含有量19%)です。

オブジェクトの主要な以上性質は、対象(生きた女性)が物品を取り出すために、中に手を入れた場合に発現します。裏地に摂食すると、手はそれを通過し、おそらく非ユークリッド的な空間へと突入します。対象は、SCP-1186-RUを使用して、 「供給元物品」と呼称される物品から物を取り出すことができます。「供給元物品」は「女性用バッグ」の定義によって明確に特徴付けられる製品の総称です(補遺1186-C1-Alpha参照)。オブジェクトの影響範囲は約半径20mであり、そのなかに他の「供給元物品」が存在する場合それに影響を与えます(明らかに供給元物品は異常性質のリピーターの役割を果たしているように見受けられます)(補遺1186-D1参照)。

他の女性用バッグから入手できる物品の種類は、対象によって大きく異なり、SCP-1186-RUから特定の物品を取り出すことができるという潜在的な前提に基づいています。取り出せる物品の典型的なものは、化粧品、お金、衛生用品および避妊薬、さまざまな小物などが含まれます。例外的なケースでは、武器や薬物を取り出すことができました。

適切な心理的準備ができていれば、財団の職員はSCP-1186-RUから小型の別のSCPオブジェクトを取り出すことができました。彼女たちがそれを自分のバックに入れて持ち歩いているという可能性を認めていればですが…
— Sementieva博士

来歴: このオブジェクトはモスクワでの、███から████への寄付金を集める慈善団体の夕食の会場で、説明の付かない私物の消失に関連する一連の事件の調査中に発見されました。詳細については、補遺1186-1を参照してください。

補遺1186-A-D/5: 実験記録

機動部隊の需要に沿う形でオブジェクトを使用する案が検討されています。
— O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。