SCP-119-KO
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-119-KO

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-119-KOの正確な判別が不可能であるため、SCP-119-KOとして疑われるオブジェクトの削除は機動部隊タウ-14("そこの青い鳥もうちょい鳴かんようにしろよ")に一任します。業務に勤めているタウ-14の隊員の労働に関する給料は、現金ではなく現物支給とします。

説明: SCP-119-KOは燃焼されたナツメ(Ziziphus zizyphus)を撮影した写真です。ナツメの燃焼状態から推察すると、落雷にあったナツメを撮影したものとされています。SCP-119-KOの撮影者・撮影地・撮影日付などは不明です。

SCP-119-KOを目視した人物は金運が上昇します。SCP-119-KOの影響は曝露された時間に比例して大きくなり、名目上は平均的に一時間当たり10,000ウォンです。SCP-119-KOの効果から期待される所得の種類は大韓民国の通貨に限らず、外国の通貨や貴金属など経済学的流動性が高い財貨もまた、その対象となり得ます。効果は平均的に曝露の1ヵ月前後に発現します。

SCP-119-KOの写本もまたSCP-119-KOの性質を持ちます。これには電子的写本も含まれます。SCP-119-KOの写本に修正を加えてもその効果には影響がなく、これによってSCP-119-KOを原本とする全ての写真はSCP-119-KOの効果を持ちます。修正本に原本の痕跡が残されていない場合もまた効果が発現します。これは、原本がSCP-119-KOであるという因果関係が異常性の原因であることを示唆しています。

SCP-119-KOは現在収容されていません。最少5万個体以上がインターネット上に、その中にも70%以上のオブジェクトがSNS上に存在すると推定されています。その伝播の速度も非常に速く、平均的な増加速度は一日ごとに103%に当たります。これは、一般人がSCP-119-KOを「金運アップ画像」と呼称することからもわかるように、SCP-119-KOの異常性に関する理解がある程度有することに従う結果として見られます。

この趨勢が持続される場合、約1年以内に世界的EKクラス経済恐慌シナリオが触発されると予想されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。