SCP-1192-RU
評価: +1+x
scp-1192-ru

ミーム的に安全な仮想構築による
SCP-1192-1の顔面断層撮影の結果

アイテム番号: SCP-1192-RU

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1192-1は、人工的なこん睡状態および静脈内栄養点滴によって維持され、証明のある、装飾のない、通常の遮光された収容室に収容されます。オブジェクトに割り当てられた人員は、他の職員と別の区画で生活しなくてはならず、心理検査を定期的に受け、精神の変容を確認された場合、1週間の隔離状態に無くてはなりません。隔離室には標準的なアメニティ、一方向のみの音声通話装置および双方向のテキスト通信装置、および、音声署名装置が装備される必要があります。隔離された職員にSCP-1192-2の偶発的症状が検出された場合、対象はSCP-1192-3に分類され、換気システムを装備した検疫室で[データ削除済み]を注入することで破壊されます。

説明: SCP-1192-1はホモ・サピエンス種と思われる肉体的、精神的に欠陥のある人型実体です。身体検査の結果、骨格および筋肉の複数個所の変形が発見されました。筋骨格の損傷にもかかわらず、オブジェクトは非常に迅速に動くことができ、かなりの力を示し、肉体の再生能力を示します(この結果、オブジェクトは膨大な寿命を有し、現在およそ███歳と思われています)。精神的には被験者は完全に未熟であり、誰かと接触することはできません(もしくは意に反します)。日常生活に必要な基本的な技能は持っておらず、本能のみに従います。同時に、オブジェクトによってこれまで生成された発音はこれまでに知られていない言語であり、SCP-1192-1の評価の妥当性について疑問視する意見もあります。

オブジェクトによって発話される音声そのものは、精神に危険な影響を及ぼし、SCP-1192-2と呼称されます。これらの音声のサンプルを聞くことで、被験者の潜在意識が変化し始めます(これは、このことがこれまでに人類の意識に組み込まれていたことを示唆しています)。これには、知性の対価、心理学的防御のもっとも単純な機構、感染症、心理的欠損の発言、および記憶喪失、理由の喪失、一般的な高次神経活動能力の喪失(補遺参照)が含まれます。

SCP-1192-1は、19██年ロシア地質調査研究所の探検中に、ウラル山系に属する[データ削除済み]洞窟で発見されました。地質学者は[データ削除済み]での「雪男」との遭遇について当局に報告し、その報告が財団によって傍受され、その対策がロゴスプロジェクトに割り当てられました。オブジェクトは正常に収容されました。その後、地質学者のチームのすべてのメンバーと、何人かの財団職員が、さまざまな形態の精神的劣化を発現し、精神病院へと搬送されました。被験者は終了され、公式には診療所でガス爆発が起きたことになっています。

補遺: A.Miller博士の指導の下、SCP-1192-2の精神的な記憶特性を研究することを目的として、Dクラス職員を使用したいくつかの実験が行われています:

実験対象: D-102-1, 女性。身体的、精神的障害なし。
実験条件: 被験者は、脳磁図、および心電図モニタのついた移動診断ステーションに接続されます。SCP-1192-2の短時間(15秒間)の音声録音を視聴させます。
結果: 試験中、被験者は意識はありましたが、反応はありませんでした。脳磁図はシータ波の形で活動を示しました。これは、潜在意識が最初に反応することを示します。視聴のあと、被験者は心理的不快感を感じ、感情刺激に対する反応は悪化しました。彼女が視聴を続けると、彼女は深刻なうつ病に陥り、彼女は「自分の立場は絶望的である」と認識し、胸膜内に[データ削除済み]クリップを挿入することで自殺しようとしました。

実験対象: D-32-4, 肉体的、精神的障害のない21歳男性。
実験条件: 被験者は、前回の実験で使用したものと同様の移動式診断ステーションに接続されています。SCP-1192-2のアクティブな実験用ビデオを視聴させました(20分)。
結果: 実験の間、および直後に、被験者はSCP-1192-2を暴露されたD-102-1と同じ感染症状を示しましたが、15分後、症状は突然消失しました。医療、および心理テストが行われ、被験者は複雑な計算や創作活動、心理学的複合体、およびその他の課題を遂行する能力を失い、知的変性の傾向があることが明らかになりました。D-32-4は幻覚を見始めました。明らかに、幻覚は本質的に以前の記憶に準拠するものでした(被験者は自分の子供時代に恐怖体験をしています)。時間がたつにつれ、症状は悪化し、彼はもっとも簡単なアメニティを使用する能力、および口頭でのコミュニケーション能力、文章を扱う能力を失いました。被験者は原始本能だけで48時間行動していましたが、その後身体的な衰弱が始まりました。腕、背中、括約筋が最初に萎縮しました。1週間以内に、被験者は心不全で死亡しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。