SCP-1195-RU
評価: +1+x
scp-1195

研究員のスケッチした幻覚の内容。クリックで拡大します。

アイテム番号: SCP-1195-RU

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: オブジェクトは、3リットルの水の入った容器に入れられて、ゾーン3の30番金庫に保管されています。水は毎日交換してください。オブジェクトに対する作業は、手袋をした状態でのみ行うことができ、いかなる種類の直接的接触も禁止されています。いくつかの伝導実験が現在承認されています。

説明: SCP-1195-RUは、銀鎖でつながれた原石でできたアミュレットです。アミュレット自体には、来歴不明の有機物の散在した凝灰石および未確認の元素がわずかに混じっています。アミュレットは周囲に明確な周期性がない場合、それらの有機物質は原則として腐りかけた、または極まれに生物の死体として顕現します。以下は一例です(完全なリストについては、文書1195-8を参照してください):

• 腐りかけた海藻
• 腐った卵白と卵黄とおぼしき物質
• 様々な種類の24体のクモの死体
• [削除済み]

オブジェクトの主な異常性は、人間が直接それに触れた場合に起こります。このアミュレットに触れたすべての人間は幻覚に陥り、非常に詳細で現実的な幻覚を見ます(補遺2参照)。幻覚のしばしば恐ろしい描写にもかかわらず、ほとんどの接触者は経験を繰り返すことに関心を示し、それを繰り返すことを要求しました。

反復的にオブジェクトの影響を受けた場合、被験者には依然として依存性が現れます。これと平行して、ハンセン病と似た異常な速度で進行する症状の出現が記録されます。病状の外部的兆候が発症してから約1週間後に被験者は死亡し、急速に衰弱し、3~4頭のSCP-1195-1が死体の近くに現れます。

SCP-1195-1は主に人型の実体で、多種多様な外部機能を保有しますが、一般的に観測者によって「不均衡な」「不快な」ものとして記述されます。特筆すべきこととして、これらの生物はビデオ監視システムによっては視認できません。実体化後、SCP-1195-1はアミュレットの保管場所に意図を持って移動し、他のものはすべて無視します(障害物は、可及的速やかに除去しようとします)。現時点では、SCP-1195-RUとの接触および、1つまたは複数の実体を捕縛する試みは成功していません。ターゲットに到達するとSCP-1195-1はアミュレットに触れ、消失します。

SCP-1195-1実体は多数の病原体の媒介者であるため、出現する可能性のあるさらなる実験はその危険性に見合わないと考えられています。

補遺1: このオブジェクトは、財団のエージェントが[編集済み]の運用中に、未知の超自然的能力を持った地元住人による攻撃を受けた時に発見されました。被験者(後に[個人情報のため削除済み]と記録される)は国防軍のエージェントによって殺害されました1。攻撃者の家屋を探索することが決定され、SCP-1195-RUはその家で以下のノートとともに発見されました:

荒れ狂う神の兄弟よ!

私は、酒呑の教皇が君に重要な任務を果たすにふさわしいと考えたことを通達する。この指示は、君が待ち望んでいた儀式を成就させるのに十分な数の人々の指導者として振舞えることを示している。

このアミュレットは、第一停滞地域から発見されたものだ。君にそれ以上の意味と働きを伝える必要性はない。

ご加護がありますよう。

Brahlak

補遺2: アミュレットによって誘発された幻覚を供述した、D-9970の証言からの抜粋

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。