SCP-1197
評価: 0+x
SCP-1197.jpg

SCP-1197とSCP-1197-1

アイテム番号: SCP-1197

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1197は隣接する部屋と見た目が一致するような財団製キーカード式ロックが設置されます。経営者は、従業員と客の両方にSCP-1197は無期限に立入禁止であると知らせるよう指示されます。

2人の武装した財団職員が、警備施設の民間職員の中に混ざっています。SCP-1197内から現れたいかなる被験者も、拘束されたのち医療的・精神的治療を受け、インタビューを受けます。

SCP-1197の活動期間が終わった後、SCP-1197は入口を開いたまま固定されて内部を捜索・清掃されます。発見された特異な物品や死体はすべて運びだされ、研究されます。SCP-1197-1は実験時以外は操作されません。

説明: SCP-1197は[編集済]にあるホテルの███号室スイートで、ベッドルームとバスルームに分かれ、テレビやミニ冷蔵庫や電話などといった典型的な家具が設置されています。ベッドルームの奥の壁の窓は開くことができず、壁や床や天井は既知のいかなる方法を用いても破壊・突破はできません。窓を通して外側から内側を覗くと、いつでもSCP-1197は清掃済みの空室に見えます。

SCP-1197は、SCP-1197-1を開かない限りはどの程度の時間でも使用することができ、自由に退去することができます。SCP-1197-1はSCP-1197の西側の壁にある戸口です。外見上は隣のスイートルームにつながっているように見えますが、███号室にある対応するドアは開くことができません。SCP-1197-1はSCP-1197入口のドアが開いているうちは鍵が掛かったままですが、SCP-1197の入口が閉まれば開くことができるようになります。

SCP-1197-1を開いた先は、各々のドアを開いた瞬間の部屋の使用者たちも含めて、SCP-1197と何もかも全く相等しい部屋となっています。被験者の新しい個体は、個人的な質問に対しても正確な回答を行うことができ、全く同じ振る舞いを見せます。死後の実験によって、双方にはなんの生物的差異も見られないことが明らかになりました。

SCP-1197は活動期間中、部屋の使用者の見ていないところで物品を出現させる能力を見せます。電話を除くすべての備品は動作し続けますが、時折停電します。

活動期間中、SCP-1197の入口のドアは開かなくなり、内外双方から突破することはできなくなります。万が一、使用者それぞれの個体が1体死亡した場合、SCP-1197-1は閉じ、どちらの部屋が使われていようと入口のドアが開きます。現在まで記録されているSCP-1197内での死はすべて他殺です。

補遺:
注釈: 財団がSCP-1197の存在に気づいたのは事件1197/3の4日目です。ホテルのスタッフと地元当局の事情聴取によって事件の情報が得られました。読解を容易にするため、生存した被験者を -1、 -2 などとと記し、死亡した方を -A、-B などとそれぞれ記します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。