SCP-1210-JP
評価: +37+x

以下の報告書は、SCP-1210-JPが未収容の際に作成されたものです。
最新の特別収容プロトコルと概要は文書:1210-JP/レポート第7版を参照してください。

アイテム番号: SCP-1210-JP

オブジェクトクラス: Euclid(暫定的)

初期回収プロトコル: カバーストーリー「毒物流出」の流布により、エリア-1210-JP付近の住民の避難は維持されています。1210-JP/初期回収プロトコルには、基底現実改変能力者回収プロトコル-004を適用し、実施は三上博士が指揮する現実改変能力者対応機動部隊が担任します。

説明: SCP-1210-JPは斉藤██として知られる日本人男性で、精神に異常を来たした現実改変能力者です。収容に至っていないために詳細な内外ヒューム値は判明していません。SCP-1210-JPは発見時点(20██/08/10)から現在まで、「自宅守護神」という肩書きを自称しており、自身は労働のない社会の実現を目指す宗教団体「ニート教団1」に属する最高位の聖職者であると主張しています。
SCP-1210-JPは日本の██県███市に位置するアパート「██████」の2-B号室(エリア-1210-JPと識別)を活動の拠点としています。基本的にSCP-1210-JPは、常時エリア-1210-JP内部にこもっており、その外部に移動した事例は発見以降に確認されていません。SCP-1210-JPはエリア-1210-JPに近づく人間に非常に敵対的であり、大抵の場合は現実改変を用いた攻撃を窓やドアから行ってそれらを追い払おうとします。

補遺1: 異常性発現前のSCP-1210-JP(以下、斉藤██氏と表記)は、エリア-1210-JPを生活の本拠としていましたが、同棲人などは居らず、長期間に渡って社会的交流を絶っていました。そのために人的情報源が少なく、今回の攻撃的行動の切欠に繋がると思しき情報は今のところ得られていません。

補遺2: 文書:1210-JP/インタビューログい-1
有知性異常存在取締法に従い、初期回収プロトコル実施前の自主的収容を要請する交渉がSCP-1210-JPに対して行われました。本交渉は、異常性確認前からエリア-1210-JPにて使用されていた家庭用固定電話機を通じて行われました。以下はその内容です。

日付: 20██/08/10
対象: SCP-1210-JP
インタビュアー: 三上博士


《記録開始》

SCP-1210-JP: もしもし。

インタビュアー: 君は斉藤██だな。

SCP-1210-JP: あなた様は私の警鐘と教義に耳を傾ける迷える子羊でありましょうか。

インタビュアー: 私は君が扱う超常的な能力の専門家であり、それに対応する部隊の指揮官だ。我々には保安上の理由により、君を捕獲する義務がある。現時点で君は我々によって完全に包囲されている。君が行うあらゆる抵抗、または逃亡は必ず徒労に終わる。今すぐ投降して部屋から出てきなさい。

SCP-1210-JP: 私を捕えることが、あなた様のお仕事なのでしょうか。

インタビュアー: そうだが。

SCP-1210-JP: 疲れませんか。ゆとりを持ちましょう。

インタビュアー: 投降するのか、しないのか、答えてもらおう。

SCP-1210-JP: なぜ私を捕獲する必要があるのです。保安上の理由とあなた様は申されましたが、私は自宅を守護しているだけで、外部からの干渉がなければ全くの無害な存在です。放っておいてくだされば良いのです。そうすればあなた様のお仕事も減り、私の惰眠も捗る。

インタビュアー: 強大な能力を保有しているという時点で君は大変な脅威だ。我々には超常的な脅威を収容する義務がある。

SCP-1210-JP: 私には自宅を守護する義務があります。あなた様も仕事など下らないことをしていないで、唯一神「母」を崇拝しましょう。さすれば「母」の加護により永遠に養われ、働く必要がなくなります。

インタビュアー: 君みたいなのがいるから私の仕事があるんだ。君が投降してくれるのなら、それも早く済むのだが。

SCP-1210-JP: この聖域から私が離れることはありません。私には自宅を守護する義務があるのです。

インタビュアー: 投降する気はないようだな。次は幾つか君に質問をしたい。我々の間には何か誤解があって、平和的な解決方法を見逃しているのかもしれない。君の目的はなんだね。

SCP-1210-JP: 惰眠と横着に満ちたこの聖域を守護することでございます。

インタビュアー: 拠点の防衛ということだな。君は強大な能力を保有しているようだが、どのようにしてそれを習得したんだね。

SCP-1210-JP: 「母」より寵愛を賜っているのです。見放されぬよう、愛に報いなければ。

[通話が切断される]

《記録終了》


覚書: 自分を特別視する現実改変能力者は珍しくないが、SCP-1210-JPからはそれらのケースとは何か異なるものを感じる。何にせよ、こちらの言うことを聞く気はないようだ。部屋から引っ張り出してやる。-三上博士

 

 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。