SCP-1215-JP
評価: +25+x

アイテム番号: SCP-1215-JP  

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1215-JPはサイト-8104内のG-a低脅威物収容セル内に収容しています。SCP-1215-JPを用いた生物実験は、実験記録1215-JP-5を最後に禁止されています。

実験により発生したSCP-1215-JP-2は一定期間収容した後、保管を続行または無力化してください。判断はレベル3以上のセキュリティクリアランスを持つ職員が行ってください。ただし、SCP-1215-JP-2が一定以上の危険性を有する場合、また特定の職員に異常性が見られた場合に限り、判断権は各時実験主任に委ねられます。収容違反を防ぐため、収容セル内での作業は遠隔操作されたロボットアームで行われます。

説明: SCP-1215-JPは、SCP-1215-JP-A、SCP-1215-JP-Bからなるオーク(Quercus)製の一対の丸椅子の総称です。外見に異常性は見られず、耐久度も一般的な木製の丸椅子と同等です。

SCP-1215-JPの特異性は、SCP-1215-JP-Aの座面に50.██g~1██kgの生物、または物質(SCP-1215-JP-1)を設置した場合にのみ発揮されます。SCP-1215-JP-1をSCP-1215-JP-Aに設置すると、SCP-1215-JP-Bの座面から対象の複製(SCP-1215-JP-2)が出現します。基本的にSCP-1215-JP-2は対象より身体能力が優れている、機能が増えるなど、SCP-1215-JP-1と比べ良質になる傾向が見られます。この『良質』の基準は判明していません。

SCP-1215-JP-2が出現すると、SCP-1215-JP-1は周囲から「劣化版」または「贋作」などと認識され、SCP-1215-JP-2がSCP-1215-JP-1と周囲に認識されます。これはSCP-1215-JP-2が破壊または無力化されるまで継続します。SCP-1215-JP-2の複製元となったSCP-1215-JP-1が生物の場合、SCP-1215-JP-2はSCP-1215-JP-1に対する激しい攻撃性を有します。過去の実験でSCP-1215-JP-2がSCP-1215-JP-1を終了させたため発覚しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。