SCP-1219-JP
評価: +26+x

アイテム番号: SCP-1219-JP

file8191288372678.jpg

ノートに書かれた図を見るSCP-1219-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1219-JPは自立系小型オブジェクト収容セルに収容します。天井の1角に監視カメラを設置し、常に1名の職員が監視します。異常が発生した場合は速やかにエージェント数名とレベル3以上の職員を向かわせてください。

室内は最低限必要な家具の配置をします。SCP-1219-JPは数ヶ月に1度新しい本やノートを希望することがあるため、その都度レベル3以上の職員の許可を得て、検閲が済んだ本やその他物品を支給してください。

説明:SCP-1219-JPは熊のぬいぐるみの姿をしています。SCP-1219-JPの最大の特徴は自立し動くこと、そして触れた玩具を任意で動くように変化させたり、それらの無効化ができることです。

SCP-1219-JPは岡山県岡山市██区の民家で発見されました。██区の██小学校で蔓延していた「動くぬいぐるみ」の噂が財団職員の耳に入り、その後の調査によって女子児童が所持していたSCP-1219-JPが発見されました。発見後、SCP-1219-JPの関係者には記憶処理を施したため、噂は沈静化しています。また後のインタビューで判明したSCP-1219-JPの存在を認知していると思われる人物については今現在調査中であり、発見し次第記憶処理を施します。

SCP-1219-JPはインタビューでの発言から、製造からおよそ16年経過しているにも拘らず体毛を模倣した毛皮には殆ど汚れや傷がなく、完全な状態を保っています。しかし目に使用されているパーツに傷が複数見られ、そのためかSCP-1219-JPの視力(視力検査は通常のものを実行しました)が低下しています。新しいパーツに取り付けるようにというオブジェクトからの要望は、目のパーツを交換するまでの解体で特異性が失われてしまうことを考慮し現在まで行われていません。低下した視力によりインタビューでの筆記に影響が及ぼされるため、度のあった眼鏡を与えます。

SCP-1219-JP-αはSCP-1219-JPの手により動くようになった玩具です。数々の実験から、人形を始め車や、電話の形を模したもの、ジオラマ、恐竜の化石までが動くことを確認しています。児童向けの玩具であるかどうかに拘らず人間や道具、風景、生物を模倣したものであれば、その物質の性質を無視し本物のそれと同じように動きます。詳しくは実験記録を参照してください。


SCP-1219-JP-αに危害を加えた場合の結果の検証のため2016/07/28にDクラス職員を被検者とした実験が行われました。以下実験記録1219-αとし、詳細を記述します。

実験記録1219-α

対象: Dクラス職員に持たせた新たに購入した日本製フランス人形と金槌。Dクラス職員には人形をSCP-1219-JP-αに変化させた後破壊するよう指示。

目的: SCP-1219-JP-αに危害を加え特異性を消失させた場合の検証。

結果: SCP-1219-JP-αは金槌で顔面を陥没させられた後特異性を失った。SCP-1219-JPは被験者がSCP-1219-JP-αを攻撃中でも行動することなく、被験者とSCP-1219-JP-αを凝視しているのみだった。破壊後、SCP-1219-JPが20分程かけてノートにメッセージを書き、Dクラス職員に手渡している。

以下は実験記録1219-αの後Dクラス職員がSCP-1219-JPから渡された紙片に書かれた文章です。

ぼくわ みんなの思いで
こわくないよ
ぼくたちお 思いだして

実験記録1219-αの後、予定通りSCP-1219-JPに対するインタビューが行われました。以下に記載します。

インタビュー中にSCP-1219-JPが記した要望については現在倫理委員会が検討しています。なおこの実験記録1219-αより以降の実験の一部ではSCP-1219-JPが実験に非協力的になったため、破壊を目的とした実験についてはレベル4以上の職員の許可を得てから行ってください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。