SCP-123
評価: +2+x
SCP123.jpg

適切に机に置かれる直前のSCP-123

アイテム番号: SCP-123

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-123は、確保施設に入れ、丈夫な机の上に革紐、鎖、網、もしくはそれに類するもので確実に固定してください。絶対にフックを取り付けないでください。SCP-123と机は、少なくとも5m×5m×5mの部屋の中央に置いてください。繊細な測定装置は、悪影響を受けるので、SCP-123から100m以内に入れないでください。さらに重要なことに、実験下での環境を除き、SCP-123に絶対に物を入れないでください。SCP-123の移動は、細心の注意と努力で、急な持ち上げや振動を防止してください。SCP-123を、いかなる場合であっても大きな水辺に移動させないでください。
 レベル2以下の職員は、SCP-123の収容室に入ることを許可されません。いかなる職員も、SCP-123に接触するときは、紐、レース、その他ぶら下がるものがついていない、肌に密着する服を着用しなければなりません。長髪の職員は、髪を後ろで束ねるか、ヘルメットを着用する必要があります。

説明:  SCP-123は、60個の三角形からなる、直径65cmの灰色測地線球体です。三角形の中は空洞で、球体の中を見ることができます。球体の材料は未知の構成で、█████博士はさらなる通知があるまで、材料構成の調査を制限すると通告しました。SCP-123の重さは約3.62kgだと思えますが、実際はもっと重いと信じられています。測地線球体は、中心点以外は空です。SCP-123の中央には、直径約1mmの黒い球体があります。黒い球体からは、光は一切反射も放射もされません。核は重要な重力を示すように見え、それは外の測地線球体の境界まで拡大します。重力は、敏感な計器を数ダースメートル離して置くことにより測定できます。約3メートル以内では、全ての観測者が重力に引かれ、釣り下がっているものが球体へ引っ張られます。球体の外殻表面まで到達すると、内部にある物体の2倍の重力で引っ張ります。
 内部の球体の特性は、外部の球体にどんな小さな物体が入ったときでも明らかになります。そのようないかなる物体も、内部の球体へ急激に加速し消失します。注がれた液体は全て、中央の球体へ吸い込まれます。分析により、黒い球体のそばを通った光が中央へ曲げられるのが見られました。表面での内部の球体による重力は、SCP-123の重さが1029kgであることを暗示しており、球体外での明らかな重力減衰は、現実の大きさが実際よりもはるかに大きいことを意味しています。通常ならば、シュヴァルツシルト半径は200メートルの大きさですが、実際に観察すると約0.5mmを越えないため、外側の球体は重力を抑圧する特性があると考察することができます。
 SCP-123の重力によって気体は影響を受け、球体表面の大気圧は205kPaと測定されました。しかし、気体は測地線球体の三角形の隙間を通過することができませんでした。原因は現在不明であり、調査中です。
 外部の球体と内部の球体が一体となって動く(外部の球体が動くと、内部の球体がついてくる)ことに注目すべきです。この関係の本質を得るための追加研究を提案します。

追記[SCP-123a]:
 SCP-123を廃棄装置にすることが提案されました。現在SCP-123担当である█████博士が、SCP-123の構造的完全性について関心を持ちました。全ての処分要請は、█████博士を通すか、レベル4職員の正式なヒアリング要請を行ってください。さらなる通知を行うまで、SCP-123に対する働きかけは、実験のみに制限されています。命令権のある職員は、外部の球体の耐久性を理解するためのさらなる研究に同意しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。