SCP-1234-JP
評価: +33+x
R

発見当時のSCP-1234-JP

アイテム番号: SCP-1234-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1234-JPはオブジェクトを中心として建設された収容施設内部に収容されています。担当する職員には極端に片寄った食生活を行っていない人物を充ててください。一人の被験者を用いて複数回に渡る実験を行う場合、必ず武装した職員一名が被験者に同伴するようにしてください。

説明: SCP-1234-JPは、██県██市の山中に存在していたレストラン████の廃墟です。19██年の閉店以降、解体されることなく放置されていました。

極端な偏食1の傾向にある人物(以降、被験者とする)がSCP-1234-JPを肉眼で視認したとき、その異常性を発揮します。被験者は視認した後、次に入眠するときに閉店以前のSCP-1234-JPと思われるレストランを夢にみます。この時、現実世界と同様の五感を感じることが可能です。被験者が入店すると20代男性と思われるウェイターが応対し、テーブルへと案内されます。その際に注文を取られることはありません。料理は概ねフルコースの順番2に則って運ばれてきます。この時振る舞われる料理は被験者の苦手とする食材を中心に作られますが、どの被験者もそれらの料理に対して肯定的な感情を持ち、完食することができます。食材や調理方法をウェイターに質問する試みは、話を反らされるという形で全て失敗に終わっています。尚、厨房への侵入は実験1234-JP-5の一回を除きウェイターに引き留められる、強制的に退場させられるなどの理由から成功していません。(インタビューログ1234-JP-5を参照)

料理を摂食した被験者は目を覚まして以降、現実世界においても苦手としていた食材を摂食できるようになります。しかし現実世界の料理は夢の中で食べた味に劣ると考えるようになり、夢を見るために繰り返しSCP-1234-JPを訪れようとします。再び視認するとその都度レストランの夢を見ることが可能となりますが、「既に偏食を治している」という理由から入店を拒否されるという結果になります。

夢を見た後、被験者は好ましくない性格や態度が改善されます。これにより、相手が以前否定的な印象を持っていた人物であっても親しく接するようになります。この事についてインタビューを行ったところ、一様に「以前は苦手だったのに親しみを感じるようになった」といった内容を述べています。

発見時、SCP-1234-JPのもたらす夢を見ようと数名の一般人が毎日SCP-1234-JPのもとを訪れており、影響を受けていなかった住民から不審者として幾度となく通報が為されていました。地方自治体からの複数回にわたる注意喚起、及びアクセスの悪さにも関わらず不審者が絶えないことから財団の目にとまり、不審者への事情聴取から異常性が発覚しました。影響を受けていた一般人には記憶処理を施し、住民へはカバーストーリー「廃墟愛好家」を流布しました。

██県██市内では過去5年以内に失踪事件が7件発生しています。最初の事件発生時期とSCP-1234-JPを繰り返し訪れる一般人が現れるようになった時期がほぼ一致するという事から、現在事件とSCP-1234-JPとの関連性が調査されています。

インタビューログ1234-JP

インタビューログ1234-JP-5では他の実験で確認されていない結果を報告しています。以降の実験において再現が困難であり、現段階では信憑性に欠ける事に留意してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。