SCP-1241-JP
評価: +83+x
udon_shokunin.jpg

実験用のうどんを作成しているSCP-1241-JP-1。

アイテム番号: SCP-1241-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1241-JP-1はサイト-81██の標準人型収容室に収容され、1日に3度"うどん群"を除いた食事が提供されます。
現在、SCP-1241-JP-1はその異常性の危険性、及び本人の強い希望からレベル0職員と同等の権限を与えられた上で、サイト-81██の食堂で雇用されています1。SCP-1241-JP-1は担当職員及びサイト管理者の許可を得た上で、SCP-1241-JP-1に支払われている毎月の給料を嗜好品及び自身の収容室の快適化のために使用することが可能です。
現在SCP-1241-JP-1がうどんを作成することに問題がないこと、及びSCP-1241-JP-1の精神状態へのポジティブな影響を考慮して、SCP-1241-JP-1による実験用のうどんの作成が認められています。

説明: SCP-1241-JPは特定の男性(以下、SCP-1241-JP-1と表記)、及び"うどんを含む33種類の麺料理(本報告書ではこれを"うどん群"と表記します)"に発生する異常現象です。SCP-1241-JP-1が"うどん群"を摂食しようとした場合、"うどん群"は自律的な運動を行います。これらの運動は「逃げようとしているよう」、「食べられることを拒否しているよう」と形容され、事実としてこれらの運動によってSCP-1241-JP-1による"うどん群"の摂食の試みは1例を除いて全て失敗に終わっています。これらの運動の様相は"うどん群"の種類によって異なり、とりわけうどんの場合は非常に強いもので、これはしばしばSCP-1241-JP-1に軽度の負傷をもたらします。
カント計測器を用いた実験により、これらの現象は現実改変能力によるものではないことが判明しています2。しかし、"うどん群"がどのようなプロセスで運動を行っているのか、及びその運動に必要なエネルギーがどのように供給されているのかは判明していません。
SCP-1241-JP-1は1975年生まれの日本人男性です。SCP-1241-JP-1は標準的な40代男性の外見をしており、前述のSCP-1241-JPに関連していること以外の一切の異常性を持ちません。特筆すべき点として、SCP-1241-JP-1はSCP-1241-JPによってうどんの摂食が不可能なのにもかかわらず、うどん職人としての実績を有しています。

SCP-1241-JP-1は、20██年に「うどん屋の店主がうどんと戦っていた」という内容の情報が小規模な匿名型ネットコミュニティで話題になっており、このことが財団エージェントの目に留まり、接触、異常性の確認を経て収容に至りました。

SCP-1241-JP発生時の条件と範囲の測定、及び発生時の様子を記録するため、SCP-1241-JP-1に対して定期的な実験が行われています。実験記録は下記を参照してください。

実験記録1241-44の結果をうけて、藪研究員によってSCP-1241-JP-1にインタビューが行われました。インタビュー内容は下記を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。