SCP-1245-JP
評価: +34+x

アイテム番号: SCP-1245-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1245-JPは、サイト-8181内に存在するようにし、サイト外へ持ち出す必要のある場合、もしくはサイト-8181外でのSCP-1245-JPの特異性の実験は、セキュリティクリアランスレベル4以上の職員の許可を得た上で行ってください。SCP-1245-JPの特異性の継続を確認するために、2週間ごとにSCP-1245-JP担当の職員はSCP-1245-JPを利用して「注文」を行い、SCP-1245-JPの特異性が継続していることを確認してください。もし後述するSCP-1245-JPの特異性が発現しなかった場合、現在任務に当てられていないエージェントに報告し、SCP-1245-JP-2の捜索を要請してください。また、可能であればSCP-1245-JP-2の現在地特定に協力してください。

事案1245-JP-A以降、特別収容プロトコルは現在のものに改定されました。

説明: SCP-1245-JPは、19██年に閉店1となった宅配ピッツァ店(この店舗をSCP-1245-JP-1と指定)、「30-Minute」の宅配メニュー表です。後述する電話番号以外の記載されている宅配メニュー、及びその値段は、「30-Minute」の他の特異性のない宅配メニュー表と同じでした。SCP-1245-JP-1はサイト-8181から2km圏内に存在します。

SCP-1245-JPの特異性は、SCP-1245-JPに「注文はこちら」と記載されている電話番号2に電話をかけた際に発生します。この時、電話を掛けた被験者が、自身がかけている電話番号がSCP-1245-JPに書かれているものであるという認識がなければ、電話はつながらず、異常性は発現しないことが確認されています。また、被験者が屋外に居る場合でも異常性は発現しません。

SCP-1245-JPに記載された電話番号を一般的な通話が可能な端末に入力し通話した場合、一般的な男性のものだと推測される声が応答します。この時応答する声はSCP-1245-JP-4のものと酷似しています。応答した声は自身を「30-Minute」の店員であると称し、通話を行った者(以下、被験者と記述)に対し、「注文」を承ろうとします。この時に「注文」をすることができるのは、SCP-1245-JPに記載されているメニューのみです。また、この時の通話にこの「注文」がどのようなメニューであったとしても、応答した声は通話を終える際に必ず、「30分以内にお届けいたします!」と発言します。この際の「注文」は一般的なピッツァ宅配店と違い、「注文」を行った被験者が宅配先の場所を伝えることがなかった場合でも成立します。

SCP-1245-JPを利用した「注文」が行われると、SCP-1245-JP-1に隣接した駐車場内に、ピッツァ宅配用のバイクが出現します。このバイクをSCP-1245-2と指定します。SCP-1245-JP-2は出現後、収納部分のふたを開き、ピッツァを排出します。この排出されたピッツァをSCP-1245-JP-3と指定します。SCP-1245-JP-2が排出するSCP-1245-JP-3は、被験者が「注文」をした種類のものとなります。

SCP-1245-JP-3は、SCP-1245-JP-2から排出後、未知の手段により地面からおよそ1mほどの空間に浮遊します。駐車場と隣接した車道を交通規則に則って基本的に交通規則に則って飛行します。この時に飛行する方向は被験者がSCP-1245-JPを用いて「注文」を行った建物の方角となります。周囲の車両や信号機などを認識しているため、SCP-1245-JP-3は知性を有しているとみられていますが、飛行中のSCP-1245-JP-3は外部からの呼びかけや接触に一切の反応を示しません。この時、周囲のSCP-1245-JPの異常性を知り得ない人物は、ピッツァが浮遊しているという現象に違和感を感ることがありません。

SCP-1245-JP-3が被験者のいる建造物の周辺まで到達した時、被験者のいる建造物の出入り口近くまで移動します。その後数秒以内に、SCP-1245-JP-3が浮遊している地点の2m以内に、およそ20代前半の日本人男性とみられる人型実体が出現します。この人型実体をSCP-1245-JP-4と指定します。SCP-1245-JP-4は、扉をノックする等の行動で、ピッツァの宅配が到着したということを建造物内部の人間に知らせようとします。インターホン等がある場合はそれを使用します。人間3がSCP-1245-JP-4に対して応答を行うと、SCP-1245-JP-4は、自身を宅配ピッツァ店「30-Minute」の店員であるという主張をします。SCP-1245-JP-4は一般的な宅配サービスと変わりない流れで「注文」したピッツァの代金の受け取りを被験者に対して行おうとします。代金の受け取りを行ったSCP-1245-JP-4は、意図的に制止しない限り、即座に消失します。この時のSCP-1245-JP-4、及び代金の行方は現在まで不明です。SCP-1245-JP-4消失後も、回収を行わない限りSCP-1245-JP-3はその場に浮遊を続けます。回収をされたSCP-1245-JP-3は一切の異常性を失います。SCP-1245-JP-3出現からどれほどの時間が経過していても、回収されたSCP-1245-JP-3からは「破損」「鮮度の低下」「温度の低下」等は見られませんでした。回収されたSCP-1245-JP-3は、通常のピッツァと同様に摂食可能です。

被験者が「注文」を行ってからSCP-1245-JP-3が被験者のいる建造物にたどり着くまでに30分以上を費やした例は一度もありません。

事案1245-JP-A: 20██/4/13のSCP-1245-JPの実験において通常通りの「注文」だったにもかかわらず、SCP-1245-JPの特異性が発現しませんでした。これまでの実験において、SCP-1245-JPの特異性が発現しなかった事例は実験記録1245-かのみであったため、「財団職員以外にSCP-1245-JPに書かれている電話番号を知っている人物が存在する」もしくは「SCP-1245-JPに別個体が存在する」ことが予測されました。SCP-1245-JPの特異性はおよそ17分後には再度発現できるようになりましたが、この事案において「注文」を行った人物については現在も捜索中です。

補遺1: 事案1245-JP-Aを受け、特別収容プロトコルが改訂されました。

補遺2: SCP-1245-JP-4についての聞き込みを行ったところ、「30-Minute」のアルバイト店員だった男性と顔が酷似しているとの情報が財団に入りました。当該男性はアルバイトへ向かう途中、交通事故で死亡しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。