SCP-1258
評価: 0+x
Fu3.jpg

SCP-1258の型のマニュアルの一部。一部の姿勢は拡散を防ぐため部分的に編集済。

アイテム番号: SCP-1258

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1258に関連する全資料はサイト-19の施錠された文書キャビネットに保管し、アクセスはクリアランスレベル4以上に制限されます。SCP-1258実践を目撃したいかなる生物もSCP-1258-1個体と看做し、承認された実験の一環でない限りは即時終了する必要があります。標準的な財団の異常動物活動捜索班は、SCP-1258マーカーと相互参照を行う必要があります。

説明: SCP-1258は起源不明の武道です。現在、財団は初心者教育に用いられる基本的な型を再現するのに十分な量の資料を様々なメディア形式で所持していますが、より高度な型については僅かな情報しか有していません。SCP-1258-1は、独自にSCP-1258を実践する知識と能力を有する生物です。

SCP-1258は、人間に実践された場合、何ら異常性質が観測されません。SCP-1258の異常効果は、非ヒト哺乳動物1の視界内で型の動きが実行された際に発現します。これらの生物には、必要不可欠でない活動を止めて型の演者を観察し始める軽度の強迫的効果が発生します。短期間の受動的観察の後、動物は、自らに可能な範囲で動きを真似しようとし始めます。解剖学的な違いのため、一部の動物は他の種族よりもSCP-1258の動きを模倣することが容易ですが、そのスキルに関係なく、動物は急を要する必要性(食事や差し迫った危険など)に気を取られるか、人間の演者がSCP-1258を止めて視界を去るまで練習を続けます。

動物が暫くの間2SCP-1258の型を観察・模倣することが出来た場合、人間のような特徴を獲得し始めます。概してプロセスは肉眼解剖学のレベルから開始します:四足歩行生物は脚の筋肉を発達させて二足歩行となり、手または同種の肉体構造に対向する親指を獲得し、サイズと身長は最低でも(二足で)立ち上がった際に約1mになるまで成長します(既にこれより大きな生物は従来のサイズを保ちますが、その他の準人間的特徴は同様に発達します)。加えて、ほぼ全ての生物は脳をより大きく発達させ、殆どの場合は言語に関する部位に拡張が見られます3。対象はSCP-1258を、例え講師やSCP-1258関連資料がない状態でも練習し続け、事前に曝露していない型や動きの知識を見せることすらあります4。継続的曝露はこの線に沿った更なる拡張と発達を引き起こし、最終的には声帯(または同種の構造)・顎・食道の発達に至ります。十分な曝露の後、対象動物は人語を用いて口頭で意思疎通が可能となります5。SCP-1258の型の練習を続けると、対象の知性は明白に上昇し、標準的な財団の実験における測定では通常IQ110~140を示します。最終的に、実験対象の動物はいかなる才能の人間とも協力することを拒否し、あらゆる手段で収容を突破しようと試みます。

動物実験の部分的なリストについては、実験記録1258を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。