SCP-126
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-126

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-126は、標準的なEuclid級人型SCP用収容セルに収容して下さい。この環境は通常のヒト用でなく、あらゆる種類の栄養を一貫して必要としないにもかかわらず、SCP-126の封じ込めを保つのに最も効果を証明しています。

封じ込め違反の際には、SCP-126の収容セルとその両翼のSCP-126を収容するために使われていたセルのそれぞれに埋め込まれた音響センサを、SCP-126を捜すために使用することができます。 SCP-126にセルに戻るよう促す、堅いけれども礼儀正しい口調での要求が、収容に成功するまで行われます。

SCP-126と対話する被験者は定期的な精神医学的検査を受けなければならず、SCP-126に愛着を示す被験者にはクラスB記憶消去を処置し、異動させる必要があります。

説明: SCP-126は、音だけを介して識別することができる、目に見えない無形の実在です。 SCP-126は、女性の声で複数の言語で話す事が可能で、範囲内の任意の対象者との会話に従事する能力を持つように感じられます。 現在、SCP-126は、いかなる種類の光、放射線、熱または電磁力を発さないため、SCP-126を視覚的に検出することは不可能です。その声を元に推測される位置を三角測量によって明示することで、SCP-126が空間に「出現」します。 SCP-126はまた、あらゆる種類の床材と圧力センサーが彼女の存在を示さないにもかかわらず、一貫して、約55から60キロの体重の人間がハイヒールを履いた時の足音を、移動するときに発します。 SCP-126は、固形物が占有する空間を、その固形物になんの影響も与える事なく通過することができますが、 通常の人間が通過できない障害(例えば、閉じたドアなど)を通過することができません。未知の理由で、SCP-126は、 特定の被験者に対し、"物理的に"要求に応じることができない場合でも、被験者がその後立ち去るかも知れなくても、質問をせずに、被験者に付いて行くか、特定の場所に移動させるためのすべての要求に従うでしょう。

SCP-126は収容セル内に居るどんな人物とも会話に従事しようとします。 芸術や自然、哲学などといったトピックを好みます。SCP-126は、現在のトピックについて、大卒程度の知識と、中程度の注意欠陥性障害を示します。SCP-126は定期的に理由もなく言語を変更し、予告なく話がトピック外に飛ぶでしょう。 SCP-126について生い立ちや外見を質問する試みは、SCP-126がそのような質問を与えられると混乱を示しはじめ、直ぐに別の話題へ飛んで行く為、成功していません。どんな家具や器具も使用したり、必要とする気配が無いにも関わらず、SCP-126は、ベッドやドレッサー、鏡、その他のそこに無い雑貨などを要求し、そのようなものが用意されている場合、セル内にとどまる可能性が高くなります。

被験者の内の少数が、SCP-126との会話に従事した後、異常な振る舞いを示します。彼らはSCP-126が長年の知り合いであるだけでなく、SCP-126が親友であるか、最愛の人であると信じます。 処置されなかった場合、これらの人々は、SCP-126と会話を継続するために基本的な欲求を無視し始め、最終的に脱水や飢餓で死亡します。

SCP-126は家が幽霊に取り憑かれたという幾つかの報告の後、[編集済]の郊外の家で発見されました。 財団の収容チームは迅速にSCP-126を発見することができ、数分間会話して、SCP-126が地方の財団の収容サイトに移送されるために使用される携行収容装置に入る事を納得させました。

補遺126-01: 研究ノート

現在までに、SCP-126との会話によって、いくつかの注目すべき性格特性が得られている:

  • SCP-126は、軽度の蜘蛛恐怖症であり、その収容セルに導入されたいかなる標本からも遠ざかる。
  • SCP-126は、物体を操作することができないにもかかわらず、それが助けになることができると考えているどんな仕事に対しても、手助けをする欲求を示す。
  • SCP-126は、ユーモアと知性を擁する男性被験者との会話を好む。
  • SCP-126は、子供を持つ欲求を示し、育児の方法論に関してスタッフと何回か会話している。
  • SCP-126は、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語、それに少なくとも3つの未知の言語を流暢に話す能力を持っている。

█████████博士
主任研究員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。